IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.05.10

IoTに最適な次世代移動体通信方式「5G」ってなんだ?
来たる新通信規格「5G」がIoTにもたらす福音とは

BY

最近になって、モバイル通信の話題などで「5G」という単語を目にしたり耳にしたりすることが、少しずつ増えてきていないでしょうか。5Gというのだから、4Gの次なのだろうということはイメージできますし、きっと今よりも高速な通信ができるといった性能アップが見込まれることも想像に難くありません。

でも、通信の世界の話は難しくてわかりにくいですし、IoTとの関係性がどうなっているのかも通信業界以外の一般の人には周知されているとは言えません。そこで、今回は「基本のキ」シリーズの拡大版として、「5Gってなんだ」という疑問にできるだけシンプルにお答えしてみたいと思います。

約10年で世代交代してきた移動体通信方式の歴史

まず、5Gの「G」の意味を見ていきましょう。気づいている方も多いと思いますが、これはジェネレーション(世代)の頭文字を表す「G」です。日本語で5Gは「第5世代移動体通信方式」と言います。これまでに、NTTドコモのFOMAに代表される「3G」、同じくドコモのXiやauのau 4G LTE、ソフトバンクのSoftBank 4G LTEなどの「4G」のように、移動体通信方式は世代が移り変わってきました。

ここで、簡単に歴史を振り返ってみます。1980年代までの「1G」では、アナログ方式の携帯電話が使われていました。1Gでは、「音声通話」をモバイルで利用できるようになるという大きなトピックがありました。次いで1990年代にはデジタル方式の「2G」が登場します。この頃から、音声に加えて「テキストの通信」が徐々に広まってきました。2000年代には「3G」が普及しました。3Gでは「高速データ通信」が可能になり、携帯電話によるWebサイトの閲覧や電子メールのやり取りが一般化しました。2010年代には、スマートフォンの普及と歩調を合わせて「4G」が広まり、データ通信はさらに高速化して「動画通信」が日常生活を豊かにしてくれています。

移動体通信方式の「世代」と「実現してきた機能」
JBPRESS

あわせてお読みください

注目連載

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

あわせてお読みください

IoTニュース

「IoT × Subscription Day – IoTビジネスを創る、つなげる – 」 ユニアデックス株式会社協賛セミナー6/22開催[PR]
スマートリモコンで「外付けIoT」、すぐにはIoT化が難しい生活家電をIoT化【俺たちのIoT】
IoT人気記事ランキング|主要メーカーの自動運転車プロジェクト、三越伊勢丹とソフトバンクによる期間限定ストアなど [5/15-5/21]
フリービットなど4社、仙台市でIoTサービスの事業化に向けたLoRaWANの実証
ドローンワークスが「IoTビジネス共創ラボ」に参画、「ドローンワーキンググループ」を立ち上げ
コニカミノルタがIoTプラットフォームを手がける理由
三菱電機、ROE10%以上の成長経営指標は4年連続達成--IoT関連で新事業創出へ
ロームとACCESSのWi-SUNモジュール活用した「スマートハウス向け電力マネージメントソリューション」、Askey製IoTゲートウェイに採用
増加する窓口業務に人工知能で対応、担当者の負担を軽減するチャットボット ーJapan IT WEEK春 −3
SAP on Azureにみる基幹システムのためのAzure【第12回】 | IT Leaders
ミサワホーム、IoTを活用した付加価値の高い住宅づくりを提案
スマホ連携で野菜の発育状況を確認できる全自動水耕栽培キット「やさい物語」レビュー
NSWなど、東京・表参道でIoT利用のスマートごみ箱の実証実験
IoTホテル「&AND HOSTEL UENO」に「Amazon Launchpadストア」商品を展示
「気持ちのいいIoTを」 - KDDIがデータマーケット+分析PFを提供へ
生産効率を向上させるIoT基盤クラウドサービスを提供―フューチャーアーキテクト | IT Leaders

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。