IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.04.29

知らないでは済まされない! これから“くる”IT技術
AWSから5Gまで。VSNがIT技術者を対象に調査

BY

IoT、人工知能、ロボティクスなど、テクノロジーの技術革新が急速に進む昨今。総務省発表の「平成28年版 情報通信白書のポイント」によると、様々なモノがインターネットとつながるIoTデバイスが、2020年までに約304億個まで増大するといわれている。

そんな背景を反映するデータが公開された。VSNがIT技術者を対象に行った「今後、現場におけるニーズが高まると思うIT技術に関する動向調査」より明らかになったのだ。セキュリティ意識の高まりや人工知能、IoT関連の技術に関心がある結果となっている。

「ネットワーク・セキュリティ・運用」「開発ツール・方式・言語」「OS・サーバ・ストレージ・データベース」それぞれの分野ごとに見てみよう。

情報漏えい意識の高まりが顕著。セキュリティが最優先

ネットワーク・セキュリティ・運用では「次世代ファイヤーウォール」が1位に。クラウド、IoTといった情報化が進むことでサイバー攻撃や情報漏えいの対応意識がより高まっていることが伺える。IoT機器を狙った大規模なDDoS攻撃による被害の増加なども影響しているのではないだろうか。「3~5年以内」にニーズが高まるもので見ると「100Gイーサ」「5G」へのニーズが高く、通信環境向上へのニーズも予測されていることが分かる。

3~5年以内にIoTがJavaを上回る見通し

開発ツール・方式・言語の分野では「Java」が1位に。2位の「IoT」は「3~5年以内」で見ると「Java」を上回る結果となっている。次いで「Python」「アジャイル/スクラム開発」という結果に。「3~5年以内」のニーズでは、「IoT」に加えて「Deep Learning」「データマイニング」が上位に予想される結果となった。

AWSの一強。Windows Server2016は今後に期待

「OS・サーバ・ストレージ・データベース」技術で最も注目されているのは「3~5年以内」「1年以内」ともに、AWS。「3~5年以内」で「1年以内」よりもニーズが高くなりそうな技術には「Windows Server2016」が挙げられている。

1年以内と3~5年以内にニーズが高まる分野を比較してみると、IoTや人工知能に関する分野が伸びてきているのがわかる。今後もこれらに関連する新たなIT技術が増えてくるだろう。増え続けるニーズとともに、そうした新たな技術の動向にも注目したい。

JBPRESS

あわせてお読みください

注目連載

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

あわせてお読みください

IoTニュース

目指すはロボット技術立国 ―― 移動体IoTと産業用ドローンへの取り組み
高精度・屋内測位が拓く次世代IoT 第6回 IoT/M2M展【春】レポートー4
IoT広告が目指す未来 第1回 IoT・ウェアラブルの普及は、広告のあり方をどのように変えていくのか?
シスコ、「IoT Operations Platform」発表--MS「Azure」との提携も
ウフルがmbed Cloudのライセンス契約提携 enebularのエッジコンピューティング対応を強化
PTC、IoTプラットフォームの新版「ThingWorx 8」を発表
総務省、「地域IoT実装推進ロードマップ(改定)」「ロードマップの実現に向けた第二次提言」等の公表
【Bluetooth SIG パビリオン】スマートグラスとの連携も!  今すぐ使えるIoTデバイスを体感しよう
製造業からロッカー、サ高住まで!富士アイティのIoTは「現場に強い」
国際無線通信規格Wi-SUN FANを搭載した小型IoT用ゲートウェイを開発
IoTでビジネスを創るためのテクノロジが整った--IoT座談会(1)
IoTに必要な一式をトータル提供するMOVIMAS、農業から工場、見守りまで幅広い領域をカバー
NTT東日本、映像データ解析やビーコンを用いた農業IoTの共同実証実験を実施
「サービス共創」でパートナー企業を支援するNTTコムーーIoTビジネスモデルのヒントを展示
KDDIとセコム、5GのアップリンクでマルチユーザMIMOでの映像伝送に成功
【ワイヤレスジャパン2017】簡単に始められる「レディメイド型IoT」をNTT東が展示、農業・畜産業でのトライアルも

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。