IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.04.29

知らないでは済まされない! これから“くる”IT技術
AWSから5Gまで。VSNがIT技術者を対象に調査

BY

IoT、人工知能、ロボティクスなど、テクノロジーの技術革新が急速に進む昨今。総務省発表の「平成28年版 情報通信白書のポイント」によると、様々なモノがインターネットとつながるIoTデバイスが、2020年までに約304億個まで増大するといわれている。

そんな背景を反映するデータが公開された。VSNがIT技術者を対象に行った「今後、現場におけるニーズが高まると思うIT技術に関する動向調査」より明らかになったのだ。セキュリティ意識の高まりや人工知能、IoT関連の技術に関心がある結果となっている。

「ネットワーク・セキュリティ・運用」「開発ツール・方式・言語」「OS・サーバ・ストレージ・データベース」それぞれの分野ごとに見てみよう。

情報漏えい意識の高まりが顕著。セキュリティが最優先

ネットワーク・セキュリティ・運用では「次世代ファイヤーウォール」が1位に。クラウド、IoTといった情報化が進むことでサイバー攻撃や情報漏えいの対応意識がより高まっていることが伺える。IoT機器を狙った大規模なDDoS攻撃による被害の増加なども影響しているのではないだろうか。「3~5年以内」にニーズが高まるもので見ると「100Gイーサ」「5G」へのニーズが高く、通信環境向上へのニーズも予測されていることが分かる。

3~5年以内にIoTがJavaを上回る見通し

開発ツール・方式・言語の分野では「Java」が1位に。2位の「IoT」は「3~5年以内」で見ると「Java」を上回る結果となっている。次いで「Python」「アジャイル/スクラム開発」という結果に。「3~5年以内」のニーズでは、「IoT」に加えて「Deep Learning」「データマイニング」が上位に予想される結果となった。

AWSの一強。Windows Server2016は今後に期待

「OS・サーバ・ストレージ・データベース」技術で最も注目されているのは「3~5年以内」「1年以内」ともに、AWS。「3~5年以内」で「1年以内」よりもニーズが高くなりそうな技術には「Windows Server2016」が挙げられている。

1年以内と3~5年以内にニーズが高まる分野を比較してみると、IoTや人工知能に関する分野が伸びてきているのがわかる。今後もこれらに関連する新たなIT技術が増えてくるだろう。増え続けるニーズとともに、そうした新たな技術の動向にも注目したい。

JBPRESS

あわせてお読みください

注目連載

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

あわせてお読みください

IoTニュース

紛失防止タグ「MAMORIO」は失くさないためのIoT追跡ツール
Wi-RANシステムによる遠隔地及び中継地の情報同時収集試験成功
ダイキン工業に聞くIoT戦略、現場で実現した「25年前からの発想転換」とは
自動車産業に変革をもたらすデータ爆発 - インテルが自動運転に注力する理由
サムスン、IoT向けプロセッサ「Exynos i T200」の量産を開始
ドコモ、横浜市らとIoTスマートホームを活用した未来の家プロジェクト開始
旅行者向けIoTデバイス「TATERU Phone」の多言語音声翻訳機能を実証実験
NEC、AIで製造現場の検品業務を省力化するソリューションを販売開始
セゾン情報、IoTの接続検証施設「HULFT IoT PoC Lab.」を開設
IoTで重要なのは「データをためておくこと」--オープンイノベーションコミュニティの成果
アパートにIoT機器を手軽に導入できるキット、大家さん向けに展開 
【特別企画】富士通クラウドテクノロジーズ - ニフティクラウド&IoTのブースが盛況
Mobility × IoT × FinTechベンチャーのGMS  フィリピン国パラニャーケ市と提携
IoTで生活を快適に 横浜市×ドコモ「未来の家プロジェクト」実証実験開始
エッジ型IoTをノンプログラミングで――、インフォテリアのIoTプラットフォーム「Gravio」
インターネットに対応したドリルの安全性は?

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。