IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

スマートハウス
2017.04.02

不動産活用のためのIoT。高性能な後付け型スマートロック
リアルタイムクロック内蔵など、新機能盛り沢山のスマートロック「NinjaLock2」

不動産活用のためのIoT製品を開発しているライナフが、高性能スマートロック「NinjaLock2」を発表し、2017年5月より予約販売を開始する。

より高性能な後付け型スマートロック

2015年2月に発売され、不動産無人内覧サービスや、無人貸し会議室システムなど、様々なWebサービスと連動し、多方面で利用されてきた後付け型スマートロック『NinjaLock』。発売から2年が経ち、多くの不動産関係者から様々な要望を受けたことから、2017年5月より、さらに機能を盛り込んだ『NinjaLock2』の予約販売を開始する。

新たに加わった4つの機能

1:リアルタイムクロック内蔵
スマートロック本体の中に、時計(リアルタイムクロック)を内蔵することで、「毎日夜10時になると自動施錠」や「毎週月曜日の9時に開錠し、18時に施錠する」等、鍵の動作を予約しておくことができる。

2:鍵の権限はより自由に
これまで、鍵の権限が「無期限」または「期間限定」の2パターンのみだったが、新たに「曜日指定」が加わり、「毎週月~金曜日は9時~18時、土日は10時~17時だけ使える鍵」といった、より細やかな鍵の設定ができるようになった。

3:海外の鍵にも対応
NinjaLock2は5度~720度まで、5度単位で回転角度の設定が可能。このため、サムターンの回転角度に合わせた設定をすることができる。90度が一般的な日本国内に限らず、180度のEU地域や360度のアジア地域でも利用できる。言語も、日本語、英語、中国語の3か国語に対応しているため、順次拡大する予定だ。

4:豊富なオプション製品と連携
1)キーパッド・・・スマホを持っていなくても、SuicaなどのNFC、数字キーでの解錠が可能。
2)ゲートウェイ・・・遠隔から鍵の状態確認や施解錠が可能。
3)マグネットパーツ・・・両面テープでの取付けをしたくない場合、強力な磁石で取付けることができる。

 

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

ウフルがIoT基盤のサービス「enebular」のエンタープライズ・プランを発表
AIやロボティクス、IoT、ARなどが世界ICT投資を加速--IDC予測
米IICとIVIが産業用IoT推進で合意、共同テストベッド実施など5項目
IoTセンサーを利用した会議室の効率化対策システム─サテライトオフィス | IT Leaders
NEC、IoTシステムのエッジ層やデバイス層を保護--データ発生源から暗号化
大日本印刷、蘭ジェムアルトとIoTセキュリティ分野で協業
自動車・医療分野で急務のセキュリティ課題とは?企業の実践者たちがIoT時代のセキュリティ対策を語る
京大とローム、Wi-SUN FAN搭載IoTゲートウェイを用いBluetooth搭載機器から移動しても広範囲に情報収集できるシステムを開発
BOMなしで生産スケジュールを自動生成 - 日立、「Lumada」に産業向けソリューションを追加
日立、多品種少量生産工場が対象のソリューション2種を発表
日立情報通信エンジニアリング、IoT機器向けデータ保護ソリューション
サムスン、eSIM内蔵の追跡タグ Connect Tag発表。NB-IoTとGPSに対応し正確な位置情報を把握可能
会議室の利用効率化をIoTで手軽に実現、「ビジネスパック」をサテライトオフィスが提供
imecとADI、次世代IoTデバイスに向けた共同開発契約を締結
SAPジャパンがデジタルビジネスを推進する新サービス発表 | IT Leaders
国内IoT市場、2020年に1兆3800億円規模--適用分野は多様化

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。