IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

スマートハウス
2017.03.24

壁面にコンシェルジュが登場。一歩進んだスマートホーム
インテリア×IT×AIを融合させたハナムラのスマートホーム

BY

大手住宅メーカーはもちろん家電メーカーや通信業者、スタートアップなど、さまざまな企業が参入するスマートホーム業界は、IoT時代において、より大きな発展が期待されている産業だ。

しかし、世界と比べて日本の住宅はスマート化が遅れているといわれている。国内スマートホーム業界の発展を阻む大きな要因ともいえるのが、メーカーによる自社製品ユーザーの囲い込みだろう。日本企業は縦割り文化が浸透しているため、国内で販売されているスマートホーム製品は、メーカーごとに自社製品のみでつながるものが多い傾向にある。

今回は、国内メーカーの枠にとらわれず海外のシステムを採用することにより、汎用性の高い一括制御を可能にしたスマートホーム事業を展開する「ハナムラ」のCEO花村勇臣氏(以下、花村氏)に話を聞いてみた。

新宿ショールーム

インテリアとITを融合させた壁面システム「GLAS LUCE」

現在、ハナムラを代表する製品といえば、インテリアと映像、そしてITを融合させた「GLAS LUCE(グラスルーチェ)」だろう。GLAS LUCEは、室内インテリアのトーンを壊しがちなテレビなどのモニターを特殊なマジックミラーによって隠し、スイッチを入れると空間を美しく演出する映像が現れるハイエンドな壁面システム。現在は一般家庭のほか、高級ホテルやショールームなどのラグジュアリーな空間にも採用されている。

もともとはインテリアデザインの事業を営んでいたという花村氏だが、スマートホーム事業に参入したきっかけを聞いたところ、GLAS LUCEからの延長がきっかけだったと語る。

「GLAS LUCEを開発したことによってTVやセキュリティカメラ、デジタルフォトフレームなど、リビングにあった複数のモニターは存在を消すことができました。しかし、テーブルの上にはたくさんのリモコンが残っていたんです。なんとか一つにまとめられないかと考えていたところ、iPod Touchが世の中に登場し、アプリによって住宅内設備のコントロールが可能な時代となりました。これを機に、わが社でもスマートホーム事業への参入を決めました」

ハナムラ CEO花村勇臣氏

 

JBPRESS

あわせてお読みください

注目連載

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

あわせてお読みください

IoTニュース

NEC、AIで製造現場の検品業務を省力化するソリューションを販売開始
セゾン情報、IoTの接続検証施設「HULFT IoT PoC Lab.」を開設
IoTで重要なのは「データをためておくこと」--オープンイノベーションコミュニティの成果
アパートにIoT機器を手軽に導入できるキット、大家さん向けに展開 
【特別企画】富士通クラウドテクノロジーズ - ニフティクラウド&IoTのブースが盛況
Mobility × IoT × FinTechベンチャーのGMS  フィリピン国パラニャーケ市と提携
IoTで生活を快適に 横浜市×ドコモ「未来の家プロジェクト」実証実験開始
エッジ型IoTをノンプログラミングで――、インフォテリアのIoTプラットフォーム「Gravio」
インターネットに対応したドリルの安全性は?
中電×中電興業×DNP、IoTを活用した電柱看板への地域情報配信の実証実験
IoTデータを任意のタイミングで収集できるオンデマンド型920MHz無線、NEC通信システムが発売
NEC、AIを活用した製造現場の検品業務を省力化するソリューションを販売開始
IoT向け通信サービス「KDDI IoTコネクト Air」にセキュアな接続オプションが追加
IT部門に「有用なデータを提案してほしい」--IoT座談会(5)
[ケータイ用語の基礎知識]第811回:LTEカテゴリーM1 とは
ファミリーネット・ジャパン、IoT技術によるスマートロックを活用した内見予約サービス

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。