IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

スマートハウス
2017.03.24

壁面にコンシェルジュが登場。一歩進んだスマートホーム
インテリア×IT×AIを融合させたハナムラのスマートホーム

BY

大手住宅メーカーはもちろん家電メーカーや通信業者、スタートアップなど、さまざまな企業が参入するスマートホーム業界は、IoT時代において、より大きな発展が期待されている産業だ。

しかし、世界と比べて日本の住宅はスマート化が遅れているといわれている。国内スマートホーム業界の発展を阻む大きな要因ともいえるのが、メーカーによる自社製品ユーザーの囲い込みだろう。日本企業は縦割り文化が浸透しているため、国内で販売されているスマートホーム製品は、メーカーごとに自社製品のみでつながるものが多い傾向にある。

今回は、国内メーカーの枠にとらわれず海外のシステムを採用することにより、汎用性の高い一括制御を可能にしたスマートホーム事業を展開する「ハナムラ」のCEO花村勇臣氏(以下、花村氏)に話を聞いてみた。

新宿ショールーム

インテリアとITを融合させた壁面システム「GLAS LUCE」

現在、ハナムラを代表する製品といえば、インテリアと映像、そしてITを融合させた「GLAS LUCE(グラスルーチェ)」だろう。GLAS LUCEは、室内インテリアのトーンを壊しがちなテレビなどのモニターを特殊なマジックミラーによって隠し、スイッチを入れると空間を美しく演出する映像が現れるハイエンドな壁面システム。現在は一般家庭のほか、高級ホテルやショールームなどのラグジュアリーな空間にも採用されている。

もともとはインテリアデザインの事業を営んでいたという花村氏だが、スマートホーム事業に参入したきっかけを聞いたところ、GLAS LUCEからの延長がきっかけだったと語る。

「GLAS LUCEを開発したことによってTVやセキュリティカメラ、デジタルフォトフレームなど、リビングにあった複数のモニターは存在を消すことができました。しかし、テーブルの上にはたくさんのリモコンが残っていたんです。なんとか一つにまとめられないかと考えていたところ、iPod Touchが世の中に登場し、アプリによって住宅内設備のコントロールが可能な時代となりました。これを機に、わが社でもスマートホーム事業への参入を決めました」

ハナムラ CEO花村勇臣氏

 

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

富士通、流通業界に特化したIoTプラットフォーム「SMAIVIA」をリリース | IT Leaders
[3/6 無料] 経済産業省&IoT推進ラボ、先進的なIoTの取り組みを発掘する「IoT Lab Selection」他、各種イベントを都内で開催[PR]
インベスターズクラウド、IoT民泊アパートを今春福岡でサービス開始へ
製造業向けのIoT基盤で協業、セゾン情報システムズ「HULFT IoT」とクオリカ「CareQube+」 | IT Leaders
喫緊となる建設現場の"Digital transformation"を支えるクラウド「LANDLOG」
AI、IoTで自立支援介護のプラットフォーム構築へ--パナソニックら実証実験
富士通、流通業向けIoTサービス基盤「SMAVIA」を販売開始
ドコモ、建設現場の働き方改革を実現するソリューションのβ版を提供開始
東京電力エナジーパートナー、IoT技術を活用した「次世代スマートタウンプロジェクト」を開始
アドバンテック、光学センサと低消費電力無線通信で設備の稼働状況を見える化するIoTソリューションをリリース
Arm、IoTデバイスへのSIMカード搭載を可能にする「Kigen」を発表
建設生産プロセスの変革を加速する「LANDLOG Partner」、先行パートナー協業事例とLANDLOG提供アプリを発表
日本はDXの波に乗り遅れてる!?日本マイクロソフトとIDC調査から見えてきた懸念 - アジアにおけるデジタルトランスフォーメーション
セゾン情報システムズとクオリカ、製造業向けのIoTソリューション提供で協業
富士通、流通業向けデータ分析サービス、作業員の位置やバイタルも連携分析 | IT Leaders
“ドローンで建設現場を撮影、AzureでAI解析”も可能に――建設IoTプラットフォーム「LANDLOG」が「Microsoft Azure」を採用

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。