IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

スマートハウス
2016.11.22

家電にオープン化の波、IoTで手を握る欧米メーカー
CESとIFAで見えた世界の家電メーカーのIoT化(2)

BY

IFAのボッシュブースの「Home Connect」の紹介パネル。さまざまな規格のロゴが並んでいる。

 前回(「韓国メーカー、『コネクテッドホーム』に全力投球http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/48173)は、今年1月にラスベガスで開催された家電見本市「CES 2016」や、9月にベルリンで開催された「IFA 2016」での韓国メーカーの取り組みを紹介しました。

 IFAでは、韓国メーカー以外にも、欧州を拠点または市場とする中国など他国の家電メーカーも、こぞってIoT家電を展示していました。WiFiがついたテレビ、冷蔵庫は当たり前のように置かれていましたし、洗濯機、乾燥機、オーブンやコーヒーメーカー、換気扇に至るまでWiFi対応の製品が並んでいました。

 今回は、欧米のメーカーを中心に、IoTを巡る取り組みや連携の戦略などをご紹介しましょう。

(参考・関連記事)「北米の家電量販店ではスマートホーム製品が一等地に

手を組んでIoTの規格化

 この中で印象的なのは、シーメンス(Siemens)とボッシュ(Bosch)の動向でした。当然、家電の領域では両社は競合していますが、IoT化については普及のために手を組んで、IoT家電の規格「Home Connect(ホームコネクト)」を定め、その規格をオープン化しています。

「Home Connect」規格のボッシュの自動洗浄機。

 この規格の中で、上述した家電の種別ごとに実装すべき機能を定めており、規格に沿った商品であれば、統一統合されたモバイルアプリで一元的に利用できます。もちろん、セキュリティなども担保されるよう設計されています。

 また、サムスンのスマートシングス、LGのSmartThinQのように、「IFTTT(イフト)」や「Amazon Alexa(アマゾンアレクサ)」などをはじめとした他のエコシステムとも繋がるように設計されており、囲い込み戦略ではなく、普及させるための規格というように見えます。

 IFTTTというのは、「IF This, Then That」の略から名付けられたサービスで、スマホで利用できるアプリです。これを使うと関連のないアプリやサービスも連動させて動かすことができます。文字通り、「これがこうなると(IF This)」「あれがこう動く(Then That)」という設定ができるアプリ(サービス)です。

JBPRESS

あわせてお読みください

AD

注目連載

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日
AD

あわせてお読みください

IoTニュース

富士通やNECら、「IoTおもてなしクラウド OPaaS.io」を構築
ソラコム、IoT通信プラットフォーム「SORACOM」を欧州でサービス提供開始
Colt、NECネッツエスアイの 「IoTプラットフォームサービス on Azure」で協業
日立、製造現場でのIoT活用 最前線 -B-EN-G IoT Forum 2017 / mcframe Day 2017 レポート
独HERE、自動運転車向け地図プラットフォームをクラウド提供、IoT分野での活用も視野に Intelが出資、Microsoft、NVIDIA、パイオニアとも提携
IoTがもたらすセキュリティの変化に、企業はどう対応していくべきか
IoTの「Things」入門 [4] BLEは2へんげ
富士通やNECなど、利用者の属性情報を仲介するIoTおもてなしクラウド「OPaaS.io」の運用開始
スカイディスクと台湾Kiwitec、LoRaWANを使用したIoT関連製品・サービスの研究開発に関する基本合意書締結
セコムとKDDI、次世代移動通信システム「5G」の技術実証で提携
IoTシステムなど組み込み機器向け、セキュリティ重視の「KasperskyOS」が提供開始へ
ソフトバンク傘下のARM、NB-IoT向けモデム提供へ
進むスマートグリッド。IoTとクラウドを組み合わせたIBMの電力計測システム
センシグナル、IoT向け通信プラットフォーム「NETDWARF」を開発
国内IoT市場は2021年までに11兆円規模に成長──IDC調査
そのIoTデバイス、本当に10年動きますか? キーサイト・テクノロジー インタビュー②[PR]

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。