IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

スマートハウス
2016.11.22

家電にオープン化の波、IoTで手を握る欧米メーカー
CESとIFAで見えた世界の家電メーカーのIoT化(2)

BY

IFAのボッシュブースの「Home Connect」の紹介パネル。さまざまな規格のロゴが並んでいる。

 前回(「韓国メーカー、『コネクテッドホーム』に全力投球http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/48173)は、今年1月にラスベガスで開催された家電見本市「CES 2016」や、9月にベルリンで開催された「IFA 2016」での韓国メーカーの取り組みを紹介しました。

 IFAでは、韓国メーカー以外にも、欧州を拠点または市場とする中国など他国の家電メーカーも、こぞってIoT家電を展示していました。WiFiがついたテレビ、冷蔵庫は当たり前のように置かれていましたし、洗濯機、乾燥機、オーブンやコーヒーメーカー、換気扇に至るまでWiFi対応の製品が並んでいました。

 今回は、欧米のメーカーを中心に、IoTを巡る取り組みや連携の戦略などをご紹介しましょう。

(参考・関連記事)「北米の家電量販店ではスマートホーム製品が一等地に

手を組んでIoTの規格化

 この中で印象的なのは、シーメンス(Siemens)とボッシュ(Bosch)の動向でした。当然、家電の領域では両社は競合していますが、IoT化については普及のために手を組んで、IoT家電の規格「Home Connect(ホームコネクト)」を定め、その規格をオープン化しています。

「Home Connect」規格のボッシュの自動洗浄機。

 この規格の中で、上述した家電の種別ごとに実装すべき機能を定めており、規格に沿った商品であれば、統一統合されたモバイルアプリで一元的に利用できます。もちろん、セキュリティなども担保されるよう設計されています。

 また、サムスンのスマートシングス、LGのSmartThinQのように、「IFTTT(イフト)」や「Amazon Alexa(アマゾンアレクサ)」などをはじめとした他のエコシステムとも繋がるように設計されており、囲い込み戦略ではなく、普及させるための規格というように見えます。

 IFTTTというのは、「IF This, Then That」の略から名付けられたサービスで、スマホで利用できるアプリです。これを使うと関連のないアプリやサービスも連動させて動かすことができます。文字通り、「これがこうなると(IF This)」「あれがこう動く(Then That)」という設定ができるアプリ(サービス)です。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

ソフトバンク、NB-IoTを利用した水道メーター向け無線自動検針の実証実験を開始
ヘルスケアが次の注目すべきxTech分野【iNTERNET magazine Reboot】
IoTにSnapdragonが求められる理由、クアルコムがIoT戦略を解説
ソフトバンク、自治体向けIoTをパシフィックコンサルタンツと提携し強化
クラウディアン、深層学習用にGPUを搭載した小型のIoTエッジ処理サーバー「AI Box」を開発 | IT Leaders
もっと賢い公共インフラを5G通信とIoTで──ソフトバンクがインフラ設計大手と業務提携
建設現場の生産性を向上するIoTプラットフォーム「LANDLOG」、アプリ開発プロバイダ向けAPI第一弾を提供開始
新しい半導体の流れを作る、IoTと5G
ソフトバンクとパシコンが「IoT×AI」で提携、防災や社会インフラ改善に
ソフトバンクとパシフィックコンサルタンツ、スマートシティ実現に向け提携
GMOクラウド、IoTデバイスをセキュアに一括管理する「IoTプラットフォーム(仮称)」β版を提供開始
IoTや顔認証で路線バスのヒヤリ・ハット予備軍を把握 - KDDIと小湊鐵道
顔認識で危険運転防止、地中の水道メーター検針、牛の突然死防止--IoT活用が広がる
環境から「収穫」した電力で自立するデバイス 〜IoTを変える「エナジーハーべスティング」技術とは?
ソフトバンクら、NB-IoTを活用した水道メーターの実証実験
オープンIoTからIoSへ、モノからコトへ

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。