IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.03.17

自動運転とAIの到来が描く「製造業に不都合な未来」
IoT時代、「移動する体験からライフスタイル」が変わる

BY

 必然的にマーケティング視点で考えた時、マーケティングに与えるインパクトも甚大だ。

 お客さま個人の行動データは、自動車での移動にまつわるデータだけにとどまらず、生活にまつわるさまざまなデータが(ウエブの閲覧履歴やSNSのデータなどセカンドパーティ、サードパーティデータといわれるものも含めて、ある特定のIT企業によって)お客さまのIDに紐づけて集約されるようになる。

 そして、DMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)に蓄積されたデータをAIが統合・解析して、お客さまの嗜好性に合ったレコメンドや改善提案の形でフィードバックされるというスタイルが確立されて行く。

 例えば、自動運転車での移動をイメージすると、AIと対話することで明日の晩に飲むワインをAIのレコメンドに沿って注文したり、見逃した人気ドラマをAIに移動時間に合わせた長さに編集してもらって車内のスクリーンで視聴したり、ということも日常的になるはずだ。

 このことは直接、破壊的イノベーションの影響を受ける自動車メーカーのような製造業の企業にとっては、これまでのように「売り切り型」のビジネスモデルではなく「AI導入を前提にモノとサービスを一体化した、持続的なサービスを提供する」ビジネスモデルへの転換を迫られることを意味する。

 そして、それ以上に深刻なのは、DMPやAIを掌握した特定のIT企業がバリューチェーンの頂点に君臨し、モノをつくるメーカー企業がサプライヤーの地位に甘んじるというワーストシナリオを暗示させることである。

 裏を返せば、2年前にジョン・チェンバースが看破したように、製造業の企業はハイテク企業(IT企業)に生まれ変わらなければ生き残ることが難しい、ということだ。

 ワーストシナリオはある意味、業界(インタストリー)の垣根を超えて体現されるという点で、何年か前にPCやスマートフォンの世界で起きたゲームチェンジよりも影響ははるかに甚大であろう。

 自動運転車とAIの関係を純粋にテクノロジーの観点から眺めるだけではなく、事業経営やマーケティングの視点から、より広く、より深く洞察していくことが、過去にトラウマのある日本企業にとっては必要ではないだろうか。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

日立ソリューションズ、IoTと位置情報を活用した「GeoMation 建築・土木業向けスマートインフラソリューション」を提供開始
東芝テック、町田市で電子レシートプラットフォームの実証実験を開始
成蹊大学とNTT Com、IoTの活用で学習時の快適な温湿度や照度・CO2濃度などを導き出す「空間の価値」最大化の実証検証を開始
「KDDI IoTクラウド ~トイレ空室管理~」が多様な個室トイレに対応
NTTドコモがIoT教育教材を開発、2020年のプログラミング教育導入を支援
スパム電話撃退アプリ「WhosCall」運営の台湾Gogolook(走著瞧)、1,170万米ドルを調達——AIビッグデータ製品、IoTデバイスを開発へ
2018年グローバルヘルスケアの8大トレンド(ニュース)
NTTドコモ、横浜市内で生活モニタリング実証実験(ニュース)
IoTアパートの入居者向けにオンライン健康相談(ニュース)
小谷村、IoTを活用して健康情報共有(ニュース)
CYBERDYNE、医療ベンチャー支援ファンド立ち上げ(ニュース)
富士通、IoT活用の介護事業者向け遠隔見守りサービス(ニュース)
AI利活用による超高齢社会のコミュニケーション--エクサウィザーズが「CNET Japan Live 2018」で講演
住友電工とNECがモビリティ事業で協業を開始 - AI・IoT技術を活用
NEC、IoTサービスを自動分類--データ通信の特徴をAIで解析
AIや自動運転などを支えるGPUの役割--NVIDIAが「CNET Japan Live 2018」で解説

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。