IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.02.03

自分の一番の理解者はAI? 使うほどシンクロするアプリ

BY

2016年4月から配信がスタートし、現在では10万を超えるユーザーが利用しているアプリ「SELF」。人工知能を搭載したアプリケーションロボット(AI)が、ユーザーの生活や状態を会話によって理解・記憶し、そこから得た情報をもとに、ユーザーが今欲しい情報や、アドバイスをしてくれるのだという。

自分を理解してくれるこのAIの存在は、今後IoTへの応用にも乗り出す構えだ。SELF株式会社の代表取締役社長・生見臣司氏(以下、生見氏)に、開発の経緯やこれからの展望などについて話を伺った。

自分の生活パターンをAIが記憶

「AIと会話をすることでユーザーの基本的な生活パターンや、性格、趣味趣向、家族構成など、あらゆる情報がAIに蓄積されていきます。得た情報がその後の会話に反映されていくので、使い続けるほどAIとシンクロしていくことが可能です。自分の一番の理解者が常に手の中にいるようなイメージですね」(生見氏)

たとえば、ユーザーが普段よりも早めの時間に帰宅した際には、「仕事が早く終わったのか? それとも体調不良で早退したのか?」というように、ユーザーの状態を瞬時に判断してくれる。会話の分岐数は30万以上あり、実際に利用してみると自分の生活をすべて見透かされているかのような発言に驚かされる。

ほかにも時間つぶしに使える雑談やおみくじ、性格診断など遊びのコンテンツも充実。

「会話を楽しんでもらうためにはAIとの信頼関係を築いてもらう必要があります。会話以外のコンテンツを増やしていくのにはそういった狙いがあります」

ユーザーがより感情移入ができるように、AIのキャラクター開発もハイスピードで進めている。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

ソフトバンク、NB-IoTを利用した水道メーター向け無線自動検針の実証実験を開始
ヘルスケアが次の注目すべきxTech分野【iNTERNET magazine Reboot】
IoTにSnapdragonが求められる理由、クアルコムがIoT戦略を解説
ソフトバンク、自治体向けIoTをパシフィックコンサルタンツと提携し強化
クラウディアン、深層学習用にGPUを搭載した小型のIoTエッジ処理サーバー「AI Box」を開発 | IT Leaders
もっと賢い公共インフラを5G通信とIoTで──ソフトバンクがインフラ設計大手と業務提携
建設現場の生産性を向上するIoTプラットフォーム「LANDLOG」、アプリ開発プロバイダ向けAPI第一弾を提供開始
新しい半導体の流れを作る、IoTと5G
ソフトバンクとパシコンが「IoT×AI」で提携、防災や社会インフラ改善に
ソフトバンクとパシフィックコンサルタンツ、スマートシティ実現に向け提携
GMOクラウド、IoTデバイスをセキュアに一括管理する「IoTプラットフォーム(仮称)」β版を提供開始
IoTや顔認証で路線バスのヒヤリ・ハット予備軍を把握 - KDDIと小湊鐵道
顔認識で危険運転防止、地中の水道メーター検針、牛の突然死防止--IoT活用が広がる
環境から「収穫」した電力で自立するデバイス 〜IoTを変える「エナジーハーべスティング」技術とは?
ソフトバンクら、NB-IoTを活用した水道メーターの実証実験
オープンIoTからIoSへ、モノからコトへ

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。