IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.02.03

自分の一番の理解者はAI? 使うほどシンクロするアプリ

BY

2016年4月から配信がスタートし、現在では10万を超えるユーザーが利用しているアプリ「SELF」。人工知能を搭載したアプリケーションロボット(AI)が、ユーザーの生活や状態を会話によって理解・記憶し、そこから得た情報をもとに、ユーザーが今欲しい情報や、アドバイスをしてくれるのだという。

自分を理解してくれるこのAIの存在は、今後IoTへの応用にも乗り出す構えだ。SELF株式会社の代表取締役社長・生見臣司氏(以下、生見氏)に、開発の経緯やこれからの展望などについて話を伺った。

自分の生活パターンをAIが記憶

「AIと会話をすることでユーザーの基本的な生活パターンや、性格、趣味趣向、家族構成など、あらゆる情報がAIに蓄積されていきます。得た情報がその後の会話に反映されていくので、使い続けるほどAIとシンクロしていくことが可能です。自分の一番の理解者が常に手の中にいるようなイメージですね」(生見氏)

たとえば、ユーザーが普段よりも早めの時間に帰宅した際には、「仕事が早く終わったのか? それとも体調不良で早退したのか?」というように、ユーザーの状態を瞬時に判断してくれる。会話の分岐数は30万以上あり、実際に利用してみると自分の生活をすべて見透かされているかのような発言に驚かされる。

ほかにも時間つぶしに使える雑談やおみくじ、性格診断など遊びのコンテンツも充実。

「会話を楽しんでもらうためにはAIとの信頼関係を築いてもらう必要があります。会話以外のコンテンツを増やしていくのにはそういった狙いがあります」

ユーザーがより感情移入ができるように、AIのキャラクター開発もハイスピードで進めている。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

IoT人気記事ランキング|”製造業特化型”×”高速クラウド”のIoT基盤「FA Cloud」が始動など[9/17-9/23]
IoT人気記事ランキング|IoT競争の焦点は「データエコシステム/Data as a Service」 ―IDC Japan 鳥巣氏 講演など[9/10-9/16]
「データが価値を持つ」AI時代に向けた課題とは
IoTがもたらす価値を最大化するERPの要件 ーオラクルが解説
オリエント、Sigfoxを活用した「保冷BOX監視システム」を開発
ルネサス、Alibabaと提携――中国IoT市場を攻める
AIやIoT向けインフラのコアを担うアクセラレーテッドコンピューティングが重要な成長分野に――IDC予測
AIやIoT向けインフラのコア技術、普及にはエコシステムの確立が急務:IDCが予測
MAMORIOが法人向け紛失防止IoTサービスを提供開始、貸与PCの紛失などを管理可能に
【CEATEC 2018】Society5.0---盛りだくさんの企画で来場者16万人を目指す
Mirrorが2,500万米ドルを調達、1,495米ドルのIoTミラーをローンチ——自宅で受講できるバーチャルフィットネスクラスを提供
現場革新に主眼を置くオムロンが綾部工場で実践する「高度1~10m」の取り組み
デルタ電子からエネルギーを見える化するマートホーム・マネジメントシステム--自動制御や遠隔制御も
IoTで乳幼児の突然死対策、ソフトバンクグループのhugmoが保育士の負担軽減サービス
AI/IoT時代に「オントロジー」が注目される理由──JDMC理事 北澤氏に聞く
KDDIやNRIなど、会津若松市で5Gやドローンを活用した「日本酒造り」の実証事業を開始 | IT Leaders

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。