IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.01.04

Innovators 情熱のカラクリ 第3回:DMM.make AKIBA 岡島康憲氏
DMM.make AKIBAの企画人が危惧する「消耗されるIoT」

BY

ハードウェアスタートアップ(ハードウェアベンチャー企業)を支援するDMM.make AKIBAのコンセプトは「モノを作りたい人が必要とする、全てを」。

延べ床面積2,000平方メートルもの敷地内に設置されている機材や設備にはなんと10億円を投じられたものだ。ここでは利用者が、3Dプリンターや小さな工場などでは高価すぎて導入できない5軸CNC(切削機)など、モノづくりに必要なさまざまな機材を使える。

多くのスタートアップが集まるこの場所で、企画運営に携わっているのが岡島康憲氏(以下、岡島氏)だ。

岡島氏は2006年にNECビッグローブに入社。WEBサービスの企画運営を担当する。その後、2011年に独立しハードウェア製品の開発販売を行う岩淵技術商事を創業し、現在も執行役員として関わっている。

DMM.make AKIBAには2011年から関わっているということだが、全て根底には「ワクワクするものを見たい」という岡島氏の思いがある。

全てのモチベーションは好奇心

「面白いプロダクトを見て、触れてみたいという思いが源泉になっているんだと思います。独立し起業したのもその思いを満たすためで、今は自分で作るよりも、ここから面白いものが生まれる瞬間を見ていたい、という気持ちが強いですね」

岡島氏のあらゆることへのモチベーションは、好奇心なのだ。

「企画や運営でDMM. make AKIBAを手伝ってはいますが、それ以上に、ここに集まっているスタートアップへの期待は大きいです。彼らが何かを生み出そうとしているものを応援するというのに面白さを感じています。自分で面白いものを生み出すという気持ちは今のところ満足していて、そうではなく、自分の見たことのないものに出会えるのではというワクワク感があります」

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

ソフトバンク、NB-IoTを利用した水道メーター向け無線自動検針の実証実験を開始
ヘルスケアが次の注目すべきxTech分野【iNTERNET magazine Reboot】
IoTにSnapdragonが求められる理由、クアルコムがIoT戦略を解説
ソフトバンク、自治体向けIoTをパシフィックコンサルタンツと提携し強化
クラウディアン、深層学習用にGPUを搭載した小型のIoTエッジ処理サーバー「AI Box」を開発 | IT Leaders
もっと賢い公共インフラを5G通信とIoTで──ソフトバンクがインフラ設計大手と業務提携
建設現場の生産性を向上するIoTプラットフォーム「LANDLOG」、アプリ開発プロバイダ向けAPI第一弾を提供開始
新しい半導体の流れを作る、IoTと5G
ソフトバンクとパシコンが「IoT×AI」で提携、防災や社会インフラ改善に
ソフトバンクとパシフィックコンサルタンツ、スマートシティ実現に向け提携
GMOクラウド、IoTデバイスをセキュアに一括管理する「IoTプラットフォーム(仮称)」β版を提供開始
IoTや顔認証で路線バスのヒヤリ・ハット予備軍を把握 - KDDIと小湊鐵道
顔認識で危険運転防止、地中の水道メーター検針、牛の突然死防止--IoT活用が広がる
環境から「収穫」した電力で自立するデバイス 〜IoTを変える「エナジーハーべスティング」技術とは?
ソフトバンクら、NB-IoTを活用した水道メーターの実証実験
オープンIoTからIoSへ、モノからコトへ

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。