IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

スマートハウス
2016.12.30

ありそうでなかったスマート家電! IoT電球「TeNKYU」
色で情報を知らせて、お天気から見守りまでサポートするお手軽IoT

BY

IoTで話題になるのは、スマート冷蔵庫や電子レンジ、ディスプレイにもなるウィンドウといった近未来的な家電製品だ。何よりも見た目や機能からして、いかにもIoTといった感じがするため人の目を引きやすいからだ。

しかし、IoTはそんなに大げさなものではなく、もっと身近で生活に自然に溶け込むものであって良いはずだ。そんなIoT家電がスマート電球「TeNKYU」である。

TeNKYUが開発したこの電球は、フルカラーLEDや人感センサーを搭載する「スマート電球」である。人が近づくと点灯し、スマホで発光パターンをプログラムしたり、色を変更したりできる電球はすでに何社からか発売されているので、その類の製品かというと、そうではない。

本製品は、インターネットに接続されており、さまざまな情報を光と色で表現して知らせてくれる賢い電球なのである。それではTeNKYUを導入することで、生活にどういった変化をもたらしてくれるのかを説明しよう。

ぱっと見では、少し大きめのLED電球

「TeNKYU」の見た目は一般家庭でよく見られるLED電球そのものだ。多くの家庭で使われる電球用のソケットに装着できる。線の切れた電球を新品に交換する感覚で導入できるので、IoT機器を導入したといった実感はないだろう。

それもそのはずこの製品は、「生活に溶け込む」「手間いらず」をコンセプトに設計しているためだ。タッチパネル式の大画面液晶ディスプレイを搭載する“いかにも”なスマート冷蔵庫がキッチンに鎮座している、というような派手さはまったくない。

ソケットから電源を取るので電池交換の必要もない。実にシンプルだ。

スマート家電らしく機能を追加できる

このTeNKYU、まだ完全に開発が完了したというわけでなく、いままさに開発が完了に近づいている段階だ。そのため、すでに行える機能、これから追加される予定の機能といった過程にある。

アプリを追加することで機能を増やせるところが、スマート家電らしいと言えるだろう。現在スマート機能として利用できるのは、天気予報アプリ(iPhone用)と組み合わせた「雨降り通知」機能だ。

「傘を持って行こうか? やめようか? 今日の降水確率はどうだろう……。」と微妙な天候の日は誰しも悩むことがあるはずだ。

天気予報アプリをiPhoneにインストールしておきTeNKYUを玄関の照明に使用していれば、ネットの天気予報から情報を得ておき、外出を人感センサーが感知したタイミングで、その時間以降の降水確率が50%以上であった場合、青く点灯することで、傘を持って出るように促してくれる。

住んでいる地域は「天気予報アプリ」の地域設定から場所を選択するだけだ。日本以外はどうかというと海外の主要都市に対応しているので、もちろん外国でも使える。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

BOMなしで生産スケジュールを自動生成 - 日立、「Lumada」に産業向けソリューションを追加
日立、多品種少量生産工場が対象のソリューション2種を発表
日立情報通信エンジニアリング、IoT機器向けデータ保護ソリューション
サムスン、eSIM内蔵の追跡タグ Connect Tag発表。NB-IoTとGPSに対応し正確な位置情報を把握可能
会議室の利用効率化をIoTで手軽に実現、「ビジネスパック」をサテライトオフィスが提供
imecとADI、次世代IoTデバイスに向けた共同開発契約を締結
SAPジャパンがデジタルビジネスを推進する新サービス発表 | IT Leaders
国内IoT市場、2020年に1兆3800億円規模--適用分野は多様化
OKI、製造ラインの温度や橋梁の歪み等、多地点で異常を検出するIoTの「光ファイバーセンサー」評価キットを提供開始
IoT活用企業の64.7%が「期待通り」「期待以上」の効果を実感、全体の期待値は横ばい~富士通クラウドテクノロジーズ調査
シスコが2018年度の事業戦略、デジタル変革の支援サービスなど新設(ニュース)
[ケータイ Watch.biz] ドローンを使ったビジネスを導入から運用までフルサポート、KDDIが提供
いまさら聞けない、スマートファクトリーを超整理。わかりづらいところを全部解説 その2[Premium]
ウインドリバー、IIoTデバイス管理プラットフォームの最新版を発表
安川電機、IoTやAIを活用したものづくりの実現をサポートする産業用モーションネットワーク「MECHATROLINK-4」を開発
日立、生産計画の自動立案と3D作業手順書を自動生成するシステムをIoTプラットフォーム「Lumada」のソリューションコアとして提供開始

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。