IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2016.12.27

ホテル業界のIoT化は急務! 
その鍵となるローコストオペレーションへの取り組みとは?

BY


 「どこのホテルも満室で、日本人ですら予約が取りづらい」……最近、東京や観光地での宿泊に関して、このような言葉が聞こえるようになった。

 2020年東京オリンピック開催に向けた国の施策もあって、訪日外国人の数は年々増え続け、2016年10月時点ですでに2,000万人を突破した(観光庁調べ)。

 インバウンド需要の拡大に伴い、宿泊施設や客室、従業員の慢性的な不足もあり、今ホテル業界のIoT化への関心が高まっている。

 今回は、ホテルなどの自動精算機・システム開発メーカーのアルメックス社にホテル業界のIoT化についての現状と今後の話を伺った。

チェックイン・アウトのIoT化が“おもてなし“強化につながる

 さらに増える見込みのインバウンドの宿泊需要を受け入れていく上で、何が課題なのか?アルメックス情報システム事業部 企画課の遠藤裕弘氏は、法整備こそが第一の課題であると言う。

 「民泊などは特に法整備が追いついていないのが現状です。外国人観光客の数が年々増えていますが、泊まる場所がない。ただ、簡易宿所、いわゆるカプセルホテルやホステルについては、都市部・観光地を中心に増えてきていますね」(遠藤氏)

株式会社アルメックス 情報システム事業部 事業企画部 企画課 課長 遠藤裕弘氏

 簡易宿所の場合は法改正にて要件が緩和された事により参入障壁が低くなってきている。アプリや自動精算機などの仕組みと組み合わせて導入すればフロント業務の効率化が図れ、今後、観光客の宿泊数増加も吸収できると遠藤氏は考えているという。

 宿泊施設側は精算やチェックイン・アウトの部分をIoT化することにより、少人数でのオペレーションを可能にできる。いわゆるローコストオペレーションによって、来客へのおもてなしが必要なポジションへ、人員を配置できるようになることもメリットだという。

JBPRESS

あわせてお読みください

注目連載

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

あわせてお読みください

IoTニュース

なぜインテルはドローンビジネスに注目するのか? 本社副社長のアニール・ナンデュリ氏が解説
IoTを使用したスマート掃除でコスト削減
働く人々の課題を現場で解決する、コニカミノルタがエッジ型IoT「Workplace Hub」を国内で公開 | IT Leaders
スマートテレビの利用規約に同意すると「どんなこと」に同意したことになるのか?
マイクロソフトのAzureとNTTドコモの閉域網を用いたセキュアなIoTプラットフォーム
日本マイクロソフト、ユニアデックス、NTTドコモが協業、各社サービスを連携させたIoTパッケージを9月から提供
守りから攻めのセキュリティに - 富士通が推進する事故前提型のIoT対策とは
JPCERT/CCに聞くIoTセキュリティ - 機器を正しく分類して対策を考えるのがキモ
ツクモ12号店が“IoTガジェットコーナー”を新設
スケーラブルなIoTプラットフォーム「SORACOM」はこう作られた
OKI、IoTを活用し観光客の周遊性を高める「スマート@ツーリズムシティ」
経産省、「データ利活用促進に向けた企業における管理・契約等の実態調査」を実施
富士通と横浜市住宅供給公社、IoTを活用した高齢居住者の見守りサービスで協業
MOVIMASとスマートブルー、ソーラーシェアリング対応IoTソリューション「MOVIMAS AGR」による 高単価作物栽培の実証事業を開始
コニカミノルタ、Workplace HubでIoT事業への本気度を国内でもアピール
日本企業はIoT導入に消極的!? HPE Arubaが国内外の企業を対象に調査

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。