IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2016.12.27

ホテル業界のIoT化は急務! 
その鍵となるローコストオペレーションへの取り組みとは?

BY


 「どこのホテルも満室で、日本人ですら予約が取りづらい」……最近、東京や観光地での宿泊に関して、このような言葉が聞こえるようになった。

 2020年東京オリンピック開催に向けた国の施策もあって、訪日外国人の数は年々増え続け、2016年10月時点ですでに2,000万人を突破した(観光庁調べ)。

 インバウンド需要の拡大に伴い、宿泊施設や客室、従業員の慢性的な不足もあり、今ホテル業界のIoT化への関心が高まっている。

 今回は、ホテルなどの自動精算機・システム開発メーカーのアルメックス社にホテル業界のIoT化についての現状と今後の話を伺った。

チェックイン・アウトのIoT化が“おもてなし“強化につながる

 さらに増える見込みのインバウンドの宿泊需要を受け入れていく上で、何が課題なのか?アルメックス情報システム事業部 企画課の遠藤裕弘氏は、法整備こそが第一の課題であると言う。

 「民泊などは特に法整備が追いついていないのが現状です。外国人観光客の数が年々増えていますが、泊まる場所がない。ただ、簡易宿所、いわゆるカプセルホテルやホステルについては、都市部・観光地を中心に増えてきていますね」(遠藤氏)

株式会社アルメックス 情報システム事業部 事業企画部 企画課 課長 遠藤裕弘氏

 簡易宿所の場合は法改正にて要件が緩和された事により参入障壁が低くなってきている。アプリや自動精算機などの仕組みと組み合わせて導入すればフロント業務の効率化が図れ、今後、観光客の宿泊数増加も吸収できると遠藤氏は考えているという。

 宿泊施設側は精算やチェックイン・アウトの部分をIoT化することにより、少人数でのオペレーションを可能にできる。いわゆるローコストオペレーションによって、来客へのおもてなしが必要なポジションへ、人員を配置できるようになることもメリットだという。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

IoTセキュリティに向けた“シフトレフト”が一筋縄ではいかない理由
IoTデバイスの少量生産を可能に、25万円から金型が作れる企業があった
ソフトバンク銀座・表参道に「おうち型」IoT体験コーナー設置
ドコモ、IoTデバイス保護ソリューション「ドコモ・クラウド基盤ネットワークセキュリティサービス」を提供開始
NVIDIAとAWSが提携、エッジデバイスでのAI活用を後押し
【マンガ】Notesで「AI」「チャットボット」なんて無理だと思っていたのに……
ベッドに入れるだけで睡眠計測、「au HOME」のホームIoT新製品で睡眠の質が変わるかも【今日も元気に仕事しよう!】
国内IoT市場のユーザー支出額、2023年まで年平均13.3%で成長--IDC調査
オートバックス、大分県と包括連携協定を締結 IoTで安心・安全を提供
NVIDIA、JetsonとAWSとの連携を発表 エッジAIが容易に
日立、利用実績のあるLumadaソリューションをコンテナ化した「Lumada Solution Hub」を発表 | IT Leaders
街路灯をSigfoxでIoT化、オプテックスが杉並区で実証実験
Gunosy、データ利活用を促進する専門組織「Gunosy Tech Lab」を新設 
離農時代を救う「アグリテック」注目はIoTとAIーースタートアップが語る注目テクノロジー/笑農和代表取締役 下村豪徳氏
IoTでアワビを陸上養殖、KDDIと浜松市が連携
IoTシステムをDIY感覚で設計でき、AWSと連携できるオープンソースプロジェクト「Degu」が発足 | IT Leaders

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。