IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2016.12.28

空気清浄・温風・涼風も! 一台三役のIoT家電 Dyson Pure Hot+Cool Link
外出先でもスマホでコントロールできるダイソンのファンヒーター

BY

ダイソンの空気清浄機能付きファンヒーター「Dyson Pure Hot+Cool Link」は、スマートフォンでも機器操作ができるほか、部屋の空気の状態がどの程度きれいになっているのか分かるようになっている。こちらを試したレポートを紹介しよう。

身近なIoTデバイスとして動作するファンヒーター

「Dyson Pure Hot+Cool Link」(以下、Hot+Cool Link)は、空気清浄機能付きファンヒーターだ。温度設定は1度~37度まで設定できるほか、首振りさせるのか、固定で使うのかを決めることができる。

これ以外にも、パワフルな風を遠くまで送る「フォーカスモード」と、周囲の空気を混ぜ合わせながら広範囲に風を送る「ワイドモード」が選べるようになっている。

このように紹介していくとごく普通のファンヒーターに思えるが、Hot+Cool Linkの一番の特徴は、こうした操作がスマートフォン経由で行えること。リモコンのように扱うと言うよりも、Hot+Cool Linkを家庭内のネットワークに接続して、インターネット経由で操作できる、いわゆる「IoTデバイス」として振る舞うことができるのだ。

このため、外出先から帰宅する前に、スマートフォン経由で暖房をONにするといったことも可能。

自宅のネットワークに参加させるのは簡単で、操作するアプリである「Dyson Link」をダウンロードしたら、それを起動してアカウント登録を行う。登録にはWi-Fiルータが必要だが、WPSでネットワークに追加するように、自分のネットワークを指定したら本体にある電源ボタンを長押し、あとは製品を自宅のWi-Fiに接続して、製品に名前を付ければ終了だ。特に難しい工程はない。

なおWi-Fiだが、IEEE802.11b/g/nに対応。IEEE802.11a/acには対応していないので注意が必要だ。ただしそれほど多くの情報をやりとりするわけではないので、acレベルの速度は必要ないだろう。

 

JBPRESS

あわせてお読みください

AD

注目連載

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日
AD

あわせてお読みください

IoTニュース

富士通やNECら、「IoTおもてなしクラウド OPaaS.io」を構築
ソラコム、IoT通信プラットフォーム「SORACOM」を欧州でサービス提供開始
Colt、NECネッツエスアイの 「IoTプラットフォームサービス on Azure」で協業
日立、製造現場でのIoT活用 最前線 -B-EN-G IoT Forum 2017 / mcframe Day 2017 レポート
独HERE、自動運転車向け地図プラットフォームをクラウド提供、IoT分野での活用も視野に Intelが出資、Microsoft、NVIDIA、パイオニアとも提携
IoTがもたらすセキュリティの変化に、企業はどう対応していくべきか
IoTの「Things」入門 [4] BLEは2へんげ
富士通やNECなど、利用者の属性情報を仲介するIoTおもてなしクラウド「OPaaS.io」の運用開始
スカイディスクと台湾Kiwitec、LoRaWANを使用したIoT関連製品・サービスの研究開発に関する基本合意書締結
セコムとKDDI、次世代移動通信システム「5G」の技術実証で提携
IoTシステムなど組み込み機器向け、セキュリティ重視の「KasperskyOS」が提供開始へ
ソフトバンク傘下のARM、NB-IoT向けモデム提供へ
進むスマートグリッド。IoTとクラウドを組み合わせたIBMの電力計測システム
センシグナル、IoT向け通信プラットフォーム「NETDWARF」を開発
国内IoT市場は2021年までに11兆円規模に成長──IDC調査
そのIoTデバイス、本当に10年動きますか? キーサイト・テクノロジー インタビュー②[PR]

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。