「消防応援団」蝶野正洋が訴える地域防災の重要性

災害大国日本の「自助」「共助」「公助」を考える(第1回)
この写真の記事へ戻る
1995年1月17日に発生した阪神淡路大震災。生田新道・東急ハンズあたり(出所:Wikipedia、撮影:松岡明芳)
防災減災119
企画・発案:蝶野正洋
監修:加藤孝一
発行:主婦の友インフォス
発売:主婦の友社
発売日:2019-08-29
加藤 孝一氏(左)
筑波大学大学院教育研究科修士課程修了。36年間、東京消防庁に勤務。海外研修生としてドイツや英国の消防機関に派遣。予防行政や地域防災を担当。在職中、早稲田大学の非常勤講師を兼職。現在は東京ビルメンテナンス協会委員兼講師、防災士。
蝶野 正洋氏(右)
1984年に新日本プロレス入門、同年リングデビュー。現在はテレビや講演などの他、自身のアパレルブランド「ARISTRIST」の代表を務める。2014年に一般社団法人ニューワールドアワーズスポーツ救命協会を設立、地域防災と救急救命の普及啓発活動を行う。

政治経済の写真

法的強制力のない都市封鎖でも意味がある理由
生か死か経済か、コロナが突きつける容赦ない選択
「コロナ以降」に向けてサバイバルの覚悟を
次々に止まる自動車工場、いよいよ製造業も危ない
自分の人生の閉じ方、何をどう決めておけばよいのか
マスクだけで万全?「3密」国会でコロナ対策の倒錯

本日の新着

一覧
韓国に思う、新型コロナ完全克服の難しさ
気軽に出歩ける風潮に、心配になるソウル市民の気の緩み
平井 敏晴
コロナ渦で大打撃を受けたイベント業界の現在地
イベント管理やチケット販売を手がけるPeatixに聞いた
結城 カオル
英国の首相と皇太子がコロナに感染してしまった理由
「マスクをしない」だけではない、日本とは異なる”習慣”
黒木 亮
「コロナ以降」に向けてサバイバルの覚悟を
「5月には山を越える」楽観の根拠は見当たらない
伊東 乾