IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2018.02.23

Amazon Echoに「通知」機能が新登場
Alexaスキルの人気ランキング最新版が発表された

BY

また、Amazonの発表を詳しく読むと、前回ふるわなかった「実用系」スキルの利用が増加しているようだ。

例えば、関東地方を中心に大雪となった1月21日の週(1月21日~27日)には「Yahoo!天気・災害」や「ウェザーニュース」など天気予報系スキル、「JR東日本 列車運行情報案内」や「東急線アプリ」、「京王スキル」、「NAVITIME運行情報」などの交通系スキルの利用数が増加したという。

ちなみに「JR東日本 列車運行情報案内」と「Yahoo!天気・災害」は2月15日に通知機能のプレビュ―版が公開されたばかり。

通知とは、AlexaスキルからAmazon Echoシリーズに、プッシュでメッセージを送信する機能だ。端末側は、通知を受け取ったことを通知音とLEDの色で教えてくれる。

Alexa端末へ「通知は何?」と尋ねることで、通知の内容を読み上げてもらえる。以下のようなイメージだ。

    (ユーザーの発話例)
    Alexa: <通知音>
    ユーザー:通知は何?
    Alexa:新しい通知が1件あります。◯◯◯ から ....
    ユーザー:保存されている通知は何?
    Alexa:保存済みの通知です。◯◯◯ から ....
 

「JR東日本 列車運行情報案内」は、登録している路線の運航情報に贈れが発生または見込まれる場合に通知してくれる。「Yahoo!天気・災害」からは、デバイスに登録している所在地に雨や雪の予報がある日に、朝7時ごろ通知が送られてくる。こちらもAlexaスキル同様、利用するにはAlexa アプリを使って通知の許可設定をしておく必要がある。

「Alexaの通知」をオンにすることで通知機能を利用できる(画像は開発者向けのAlexaブログより引用)
通知の有無はいつでも「設定」から変更できる(画像は開発者向けのAlexaブログより引用)
特定の時間だけ通知機能を無効にする「おやすみモード」の設定も可能(画像は開発者向けのAlexaブログより引用)

忙しい朝、スマートフォンを開くことなく天気や電車の運行情報などを確認できれば、これほど便利なことはない。「通知」機能の追加で、ますます利用者数が伸びそうだ。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

IoT人気記事ランキング|IFA2018レポートなど[9/3-9/9]
AIに使えるデータはわずか30%、ただちに企業データを「AI Ready」にせよ
高度に自動化された世界を実現する、アプトポッドの産業IoTミドルウェア
交通量調査を深層学習で自動化するIoTエッジ装置、クラウディアンがβ版を提供 | IT Leaders
BIGLOBEがIoTデバイス「BL-02」のパッケージソリューションを提供開始、パートナー企業の募集も
CData、API開発・運用基盤「CData API Server」2018版をリリース
日立、IoTを活用した上下水道事業のクラウドサービスを開始
国内IoT市場、ソフトウェア/サービスの支出割合は2022年までに8.3ポイント増加し61.1%に――IDCが分野別予測
“IoTドア”で独居シニアの安否確認 賃貸住宅のリスク低減対策にも――NTT西日本ら、九州で高齢者見守りサービスのトライアルを実施
低コストで高速にIoTソリューションが開発できる「isaax」【9/14体験展示】
IoTの目を進化させるインテルの「OpenVINOツールキット」
ネットと繋がる未来の自動車、その活用分野
ぷらっとホーム、国内高圧スマート電力量メータへのアクセス認証取得によりスマートシティ・スマートビル向けIoT市場への対応を強化
IoT競争の焦点は「データエコシステム/Data as a Service」 ―IDC Japan 鳥巣氏 講演
ウミトロンが追加増資で総額12.2億円を調達、水産養殖にIoTや衛星データを活用
これが世界の最新ガジェット! IFAに集まったスタートアップの面白デバイスまとめ

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。