IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2018.02.23

Amazon Echoに「通知」機能が新登場
Alexaスキルの人気ランキング最新版が発表された

BY

また、Amazonの発表を詳しく読むと、前回ふるわなかった「実用系」スキルの利用が増加しているようだ。

例えば、関東地方を中心に大雪となった1月21日の週(1月21日~27日)には「Yahoo!天気・災害」や「ウェザーニュース」など天気予報系スキル、「JR東日本 列車運行情報案内」や「東急線アプリ」、「京王スキル」、「NAVITIME運行情報」などの交通系スキルの利用数が増加したという。

ちなみに「JR東日本 列車運行情報案内」と「Yahoo!天気・災害」は2月15日に通知機能のプレビュ―版が公開されたばかり。

通知とは、AlexaスキルからAmazon Echoシリーズに、プッシュでメッセージを送信する機能だ。端末側は、通知を受け取ったことを通知音とLEDの色で教えてくれる。

Alexa端末へ「通知は何?」と尋ねることで、通知の内容を読み上げてもらえる。以下のようなイメージだ。

    (ユーザーの発話例)
    Alexa: <通知音>
    ユーザー:通知は何?
    Alexa:新しい通知が1件あります。◯◯◯ から ....
    ユーザー:保存されている通知は何?
    Alexa:保存済みの通知です。◯◯◯ から ....
 

「JR東日本 列車運行情報案内」は、登録している路線の運航情報に贈れが発生または見込まれる場合に通知してくれる。「Yahoo!天気・災害」からは、デバイスに登録している所在地に雨や雪の予報がある日に、朝7時ごろ通知が送られてくる。こちらもAlexaスキル同様、利用するにはAlexa アプリを使って通知の許可設定をしておく必要がある。

「Alexaの通知」をオンにすることで通知機能を利用できる(画像は開発者向けのAlexaブログより引用)
通知の有無はいつでも「設定」から変更できる(画像は開発者向けのAlexaブログより引用)
特定の時間だけ通知機能を無効にする「おやすみモード」の設定も可能(画像は開発者向けのAlexaブログより引用)

忙しい朝、スマートフォンを開くことなく天気や電車の運行情報などを確認できれば、これほど便利なことはない。「通知」機能の追加で、ますます利用者数が伸びそうだ。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

「ArmはIoTで最適な場所にいる」--買収戦略の意義などを強調
HOYAデジタルソリューションズ、生産設備向けの予知保全システム構築サービスを提供
Amazonで消耗品を自動再注文、在庫重量を計測するIoTマット
国内IoT市場、企業のIoT利用率は6.4%。「IoT担当者」の総数は174万8千人と推定――IDCが企業ユーザー動向調査
TECHFUND 松山CEO xアプリックス 長橋社長:IoTとブロックチェーンが「相性抜群」の理由
セールスフォース、「Field Service Lightning」で「IoT Insights」を提供開始
ドコモの5G、AI、IoT技術が集結するイベント、ビッグサイトで開催
ArmがハードウェアIP「Cordio」の開発を中止
業務上の課題を解決するサービスを訴求するIoT基盤「Pelion」、アームが優位性を強調 | IT Leaders
国内IoT市場の企業ユーザー動向調査、IoT利用企業の割合は6.4%~IDC Japan調査
センシングデータで入居者の活動状況を把握 介護の質向上と業務負荷軽減へ――HITOWAケアサービス、パナソニックのIoT/AIを導入
交換時期に歯ブラシや水が自動で届く「Amazon Dash Replenishment」--IoTで状態を把握
国内IoTセキュリティ製品市場、2017年は前年比20.5%増の624億円。2022年には約2倍の1,221億円に――IDC予測
人間がセキュリティホールにも守りの要にもなるIoTならではのセキュリティの勘所
ドコモ、「IoT×5G×SDGsパートナー協創プロジェクト」を開始
“完璧なセキュリティ人材”などいない――企業のリーダーはなぜ幻を追い求めるのか

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。