IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

子育てのIoT化で生まれる新たなビジネスチャンス
シリコンバレー発スタートアップの成功事例(後編)

BY

>>(前編)より続く

CESで注目の子育てテクノロジー“Baby Tech”

 呼吸モニタリングができるハイテクベビーモニター、Cocoon Cam。2017年2月にアメリカで発売開始し、日本には未上陸だが、そもそもベビーモニターは日本でも需要があるのだろうか。

 アメリカと日本とでは、そもそも住宅事情から子育てのやり方まで、大きく異なる。一般的にアメリカの住宅は日本よりも広いこともあり、また、赤ちゃんのころから子どもを両親とは別室のベビーベッドに一人で寝かせるのが、アメリカの習慣だ。

 また、アメリカでは出産後の母親の仕事復帰が比較的早く、ベビーシッターと過ごす赤ちゃんの様子を見るためにモニターが必要だという側面もある。そのため、アメリカでは、赤ちゃんの衣服に装着して呼吸をモニタリングしたり、赤ちゃんの動きを感知する「スマートシーツ」など、さまざまな「ベビーモニター」商品が出回っている。

 一方、赤ちゃんと母親との密着度が高いのが日本の子育ての特徴ともいえるが、そんな日本でも、ベビーモニターは今どきの赤ちゃんの見守りのために、大いに活用されている。赤ちゃんの寝ている間、母親が別室で家事をしたり入浴したりするというような時に、赤ちゃんに変わりがないかを見守るためにベビーモニターが活躍しているのだ。その背景には、核家族化という現代社会特有の現象があると言えそうだ。

 日本でも、赤ちゃんの様子が見られるだけでなく、きちんと呼吸できているかがわかるモニターを求める人は多い。主に輸入品で、赤ちゃんの心拍を計測するセンサー付きシートや、おむつに取り付けて腹部の動きで呼吸をモニタリングし、動いていない場合に警報音が鳴るという商品が売られている。これなら、添い寝をして親が眠っている間でも、赤ちゃんの異変に早く気が付くことができる。

 子育てにこうした機器が使われるようになってきた背景には、母子別室という子育て習慣があるアメリカに限らず、子どもを見守る大人が家庭内に母親しかいないという、核家族化という社会の変化が要因にあると言ってよいかもしれない。

 また、課題があるところには商機ありということで、2018年1月にラスベガスで開催されたConsumer Electronics Show(CES)においても、優れた子育て関連テクノロジー商品が表彰される「Baby Tech Awards」(※1)が発表されるなど、さまざまな“Baby Tech(ベビーテック)”関連商品が盛り上がってきている。

※1:Baby Tech Awards

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

アドバンテック・Behr Technologies・日立・マイクロソフト、インダストリアルIoTコネクティビティソリューションの開発で協業
世界のスマートロジスティクス、トレンドレポート
mtes Neural Networksとジェネラルビジョン、エッジAIソリューション開発の合弁会社を設立
IoT農業を推進するグリーンリバーホールディングス、総額105百万円の第三者割当増資を実施
IoT機器向けのセキュリティベンチマークが登場
重要度高まる「データビジネス」の現在とは【9/14セッション観覧募集中】
IoTで構築した「スマートホーム」は通信を暗号化していても生活をのぞき見される可能性があるという研究結果
コマツのICT建機は農業も変える ―― 石川県で進む「IoTでスマート農業」
“衛星IoT”市場が創成期、新興企業も次々と誕生
国内IoT企業が取るべき行動とは――IDC Japan、国内IoT市場のデータエコシステム事業者に関する調査結果を発表
フランス生まれのIoTスタートアップ「“LPWA先進国”とアジアをつなぐ」
IoT人気記事ランキング|スマートドライブが17億円の資金調達、Embedded Technology 2018など[8/6-8/12]
IDC、国内IoT市場「データエコシステム」事業者調査結果を発表
IoTと非IoTで2025年に163兆GB--データビジネスのエコシステム広がる
アカマイ“第5の柱”はIoTか、ブロックチェーンか? 幹部に聞く
GEとマイクロソフト、産業IoT(IIoT)のパートナーシップを拡大

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。