IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2017.12.18

“認知症患者700万人時代”にIoTで切り込む
超高齢化社会ニッポンで求められる対認知症サービス3選

BY

「介護離職」という言葉を一度は聞いたことがあるのではないだろうか。家族などが介護の必要性に迫られ、離職を余儀なくされることだ。2035年には総人口に占める高齢者の割合が33.4%となり、「3人に1人が高齢者」になるという推計が出ている。高齢者人口の増加とともに介護を必要とする人も増加することが容易に想像できる。

介護離職の理由の一つにあげられるのが、年齢に比例して有病率の上がる認知症患者の介護。認知症になった親の介護に疲れた子どもが殺人を行ってしまう「介護殺人」というショッキングなニュースを目にする機会も多い。

厚生労働省の「日本における認知症の高齢者人口の将来推計に関する研究」によれば、2025年には認知症患者数が700万人を超える推計が出ているが、そんな認知症と向き合うためにIoTの活用が進んでいる。対認知症サービスを3つご紹介しよう。

つけるだけで徘徊をなくす「Me-MAMORIO」

グローバル製薬企業のエーザイとMAMORIOが協業した「Me-MAMORIO 」は見守り専用のサービス。近距離無線通信規格Bluetooth2.0を活用した小型タグのMe-MAMORIOを認知症患者の衣服や持ち物に設置しておけば、介護者がスマートフォンから居場所を確認できる。

重さわずか7g。付属品のシールを用い、メッセージや連絡先を記入することも可能

位置情報はアプリケーションをインストールしたスマートフォンを持つ地域住民、または駅などに設置された固定受信装置に近づくことで認識される。認知症患者が自宅にいるかの在宅確認や、万が一徘徊してしまった時にどこにいるか把握するのにも役立つサービスだ。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

マイクロソフトは独自の「小さなチップ」で、次世代のIoT製品を守ろうとしている
「データを無理して1カ所に集めない」―Clouderaの新アプローチ、Shared Data Experienceとは?
山田祥平のニュース羅針盤 第111回 IoTの時代だから、もっと健康もつながれる
IoT端末の双方向通信サービス「Azure IoT Hub」が自動スケール
Momoなど神戸市拠点の4企業、災害時のIoT活用アライアンス発表
IoTはITとOTをつなぐ架け橋--日立の成長戦略を支える「Lumada」の強み
動画:まさに全身コンセント、手芸のIT化目指す。帝人、配線不要で通信&給電できるウェアラブル セルフォーム
工場の水処理をスマート化するAI・IoTサービス、スカイディスクと中島工業が協業
長野県小谷村、KDDIらと「人口減少社会」に向けた情報連携基盤を構築
見た目ガムっぽい“やわらかビーコン”など最新IoTデバイス発表会
東芝機械、ウイングアーク1stの可視化ツールで機械停止時間を半分以下に削減
家中の家電をIoTで操作! パナソニックのスマートHEMSは何ができるようになった?
セキュアIoT特集とは何か
ウェアラブルIoTのデータ収集から解析までワンストップで提供
5G/IoTは半導体/自動車業界に何をもたらすのか? 第3回 IoT/5G時代の自動運転で新たな車載半導体の始動
月額12円からのセキュアIoT通信SIM、さくらインターネットが提供

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。