IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

「モノづくりの成功体験」が招いた日本製造業の遅れ
世界のスマート工場化の流れから後れを取る日本の行方とは

BY

ドイツ政府が推し進めている「インダストリー4.0(第四次産業革命)」は、ITやIoTなどの新たな技術を使い、製造業全体の“スマート工場化”を目指すプロジェクトだ。ドイツでは、インダストリー4.0の実現に向けて産官学が一丸となり、プロジェクトを進めている。一方、ドイツと並んでモノづくり大国と呼ばれる日本の製造業は、IoTの導入をはじめスマート工場化が他国と比較して進んでいるとは言い難い……。

このままでは、深刻な“遅れ”となる可能性が高い日本の“スマート工場化”。その課題について、みずほ情報総研株式会社経営・ITコンサルティング部マネジャー、武井康浩氏に話を聞いた。

スマート工場のメリットとツールとしての“IT”や”IoT”

ひとくちにスマート工場といっても、その定義はさまざま。武井氏によれば「必ずしも、IoTやITを単純に導入することがスマート工場化の十分条件ではない」とのこと。

「スマート工場の定義はとてもあいまいで、極端にいえば人によってそのイメージするものが変わります。その中で、観点として重要なことのひとつは、従来の製造工程からさまざまな“ムダ”を見つけ出して、より賢い製品づくりができるか、という点にあります」

それでは、スマート工場化によって得られる具体的なメリットとは、どのようなものなのだろうか?

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

IoT時代のセキュリティに顕在化する現状と課題
「目指すは家全体のスマート化」、“IoT建材”で凸版印刷が狙っていること
2019年のIoT支出額は世界で7450億ドルに--IDC予測
マイコンを取り巻く“東西南北”にみるIoT時代のマイコンビジネスの在り方
Keychain、ブロックチェーン技術を応用したビジネス/IoTデータセキュリティ「Keychain DPI」を提供開始
IoTで「登り窯」の伝統技術を仮想体験、NTT東らが実証実験
IoTや顔認識、ハイテクを駆使したシンガポールの学校を訪問--トイレもスマート化
NTTデータ、IoTエッジでリアルタイムにデータを収集・解析するシステム構築サービスを提供 | IT Leaders
ノキア、複数のIoTパッケージをローンチ--企業によるIoTサービスの構築を容易に
エッジコンピューティングが興隆する2019年
気温や人の接近が分かり、他機器の電源をリモート制御可能――IoTセンサー2種をプラネックスが発売
「IoT-PLC」の普及元年に――高速電力線通信の“第4世代”が登場
コーヒーはIoTと自動化でどこまで変われるか--新形態のコーヒーショップを訪ねて
国のIoT機器調査「NOTICE」が20日から実施、その前にやっておきたい自宅のセキュリティチェック【イニシャルB】
加賀市や金沢大学、フレイ・スリーが動画を用いた観光ハッカソン
NTTデータ、FogHorn製品を利用したエッジ向けIoT/AI活用インテグレーションサービス

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。