IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2017.10.24

深刻化するIoTセキュリティ。人材不足を越える策
脆弱なIoTデバイスを狙い急増するサイバー攻撃にどう備える?

BY

なぜ、IoTデバイスが狙われるのか

2017年10月、総務省が「IoTセキュリティ総合対策」を公表した。あらゆるものがネットワークにつながるIoT/AI時代の到来に際し、取り組むべき課題を整理したものだという。公表の背景には、近年深刻化するサイバー攻撃の脅威がある。

史上最大規模のDDoS攻撃(※1)として2016年に世界を騒然とさせたマルウェア「Mirai」。IoTデバイスであるネットワークカメラに感染し、アメリカのネット企業を中心に大きな被害を与えた。

また、2017年5月にはパソコンの身代金を要求してくる「WannaCry」というランサムウェアが世界中に蔓延。パソコンだけでなく、デジタルサイネージなどの端末にも感染が確認され、サイバー攻撃の恐ろしさを一般にも知らしめる事態となった。

MiraiやWannaCryの事例を通じて見えてくるのが、IoTデバイスのセキュリティ脆弱性だ。

今やネットに常時接続することが当たり前の世の中となり、パソコンにおいてはセキュリティ対策は必須のものとして認知されている。

しかし、パソコンとは異なりキーボードやディスプレイなどを備えないものが多く、入力インタフェースが貧弱なIoTデバイスでは、セキュリティ対策も十分に行なわれない場合が多い。特に、ネットワークカメラなどは脅威が少ないと考えられ、パスワードも初期値のまま運営されていることが多いようだ。

先に述べたMiraiなどのマルウェアは、こうしたIoTデバイスの脆弱性を狙ったものと言えるだろう(WannaCryはパソコンを狙ったものがたまたま脆弱なIoTデバイスにも感染した事例だと思われる)。

また、直近でも新たなセキュリティリスクが表面化した。2017年10月16日、無線LANで使われる「WPA2」というプロトコルに脆弱性が見つかったのだ。この脆弱性をついた攻撃を受けると、暗号化した通信内容が読み取られてしまうという。

「KRACKs」と名付けられたこの攻撃は広く一般的に使われている通信プロトコルの脆弱性をついたものであるため、パソコンであれIoTデバイスであれOSにかかわらず、通信するあらゆる端末に影響を及ぼす。その影響範囲はとても広くなるだろう。

今後、IoTデバイスはますます応用領域が広がっていく。例えば、自動運転車や医療機器などがIoT化された場合、サイバー攻撃は人命を危険にさらすことにもつながりかねない。

そのため早急に対応が必要と思われるが、なかなか進まない事情もあるようだ。

※1 大量の処理要求を送りつけ対象をサービス機能停止状態に追い込む攻撃手法

JBPRESS

あわせてお読みください

イノベーション

50万円が数千万円に。投資家に聞くビットコインの現状

IoTにおいて守るべきところは「IT」だけでない――IDC、国内IoTセキュリティ製品の市場予測を発表

第2フェーズに入るIoT クラウドとの組み合わせが重要になるエッジコンピューティングとは何か?

スマート電球やスマートプラグのSTYLED、米Tuyaと提携しIoT家電のスピーディーな製造を目指す

Sigfox対応の消火器が最優秀賞――KCCSがIoTアイデアコンテストを開催

「ArmはIoTで最適な場所にいる」--買収戦略の意義などを強調

HOYAデジタルソリューションズ、生産設備向けの予知保全システム構築サービスを提供

Amazonで消耗品を自動再注文、在庫重量を計測するIoTマット

国内IoT市場、企業のIoT利用率は6.4%。「IoT担当者」の総数は174万8千人と推定――IDCが企業ユーザー動向調査

TECHFUND 松山CEO xアプリックス 長橋社長:IoTとブロックチェーンが「相性抜群」の理由

セールスフォース、「Field Service Lightning」で「IoT Insights」を提供開始

ドコモの5G、AI、IoT技術が集結するイベント、ビッグサイトで開催

ArmがハードウェアIP「Cordio」の開発を中止

業務上の課題を解決するサービスを訴求するIoT基盤「Pelion」、アームが優位性を強調 | IT Leaders

国内IoT市場の企業ユーザー動向調査、IoT利用企業の割合は6.4%~IDC Japan調査

センシングデータで入居者の活動状況を把握 介護の質向上と業務負荷軽減へ――HITOWAケアサービス、パナソニックのIoT/AIを導入

交換時期に歯ブラシや水が自動で届く「Amazon Dash Replenishment」--IoTで状態を把握

国内IoTセキュリティ製品市場、2017年は前年比20.5%増の624億円。2022年には約2倍の1,221億円に――IDC予測

人間がセキュリティホールにも守りの要にもなるIoTならではのセキュリティの勘所

ドコモ、「IoT×5G×SDGsパートナー協創プロジェクト」を開始

“完璧なセキュリティ人材”などいない――企業のリーダーはなぜ幻を追い求めるのか

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTにおいて守るべきところは「IT」だけでない――IDC、国内IoTセキュリティ製品の市場予測を発表

第2フェーズに入るIoT クラウドとの組み合わせが重要になるエッジコンピューティングとは何か?

スマート電球やスマートプラグのSTYLED、米Tuyaと提携しIoT家電のスピーディーな製造を目指す

Sigfox対応の消火器が最優秀賞――KCCSがIoTアイデアコンテストを開催

「ArmはIoTで最適な場所にいる」--買収戦略の意義などを強調

HOYAデジタルソリューションズ、生産設備向けの予知保全システム構築サービスを提供

Amazonで消耗品を自動再注文、在庫重量を計測するIoTマット

国内IoT市場、企業のIoT利用率は6.4%。「IoT担当者」の総数は174万8千人と推定――IDCが企業ユーザー動向調査

TECHFUND 松山CEO xアプリックス 長橋社長:IoTとブロックチェーンが「相性抜群」の理由

セールスフォース、「Field Service Lightning」で「IoT Insights」を提供開始

ドコモの5G、AI、IoT技術が集結するイベント、ビッグサイトで開催

ArmがハードウェアIP「Cordio」の開発を中止

業務上の課題を解決するサービスを訴求するIoT基盤「Pelion」、アームが優位性を強調 | IT Leaders

国内IoT市場の企業ユーザー動向調査、IoT利用企業の割合は6.4%~IDC Japan調査

センシングデータで入居者の活動状況を把握 介護の質向上と業務負荷軽減へ――HITOWAケアサービス、パナソニックのIoT/AIを導入

交換時期に歯ブラシや水が自動で届く「Amazon Dash Replenishment」--IoTで状態を把握

国内IoTセキュリティ製品市場、2017年は前年比20.5%増の624億円。2022年には約2倍の1,221億円に――IDC予測

人間がセキュリティホールにも守りの要にもなるIoTならではのセキュリティの勘所

ドコモ、「IoT×5G×SDGsパートナー協創プロジェクト」を開始

“完璧なセキュリティ人材”などいない――企業のリーダーはなぜ幻を追い求めるのか

IoTニュース

IoTにおいて守るべきところは「IT」だけでない――IDC、国内IoTセキュリティ製品の市場予測を発表
第2フェーズに入るIoT クラウドとの組み合わせが重要になるエッジコンピューティングとは何か?
スマート電球やスマートプラグのSTYLED、米Tuyaと提携しIoT家電のスピーディーな製造を目指す
Sigfox対応の消火器が最優秀賞――KCCSがIoTアイデアコンテストを開催
「ArmはIoTで最適な場所にいる」--買収戦略の意義などを強調
HOYAデジタルソリューションズ、生産設備向けの予知保全システム構築サービスを提供
Amazonで消耗品を自動再注文、在庫重量を計測するIoTマット
国内IoT市場、企業のIoT利用率は6.4%。「IoT担当者」の総数は174万8千人と推定――IDCが企業ユーザー動向調査
TECHFUND 松山CEO xアプリックス 長橋社長:IoTとブロックチェーンが「相性抜群」の理由
セールスフォース、「Field Service Lightning」で「IoT Insights」を提供開始
ドコモの5G、AI、IoT技術が集結するイベント、ビッグサイトで開催
ArmがハードウェアIP「Cordio」の開発を中止
業務上の課題を解決するサービスを訴求するIoT基盤「Pelion」、アームが優位性を強調 | IT Leaders
国内IoT市場の企業ユーザー動向調査、IoT利用企業の割合は6.4%~IDC Japan調査
センシングデータで入居者の活動状況を把握 介護の質向上と業務負荷軽減へ――HITOWAケアサービス、パナソニックのIoT/AIを導入
交換時期に歯ブラシや水が自動で届く「Amazon Dash Replenishment」--IoTで状態を把握

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。