IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2017.10.24

深刻化するIoTセキュリティ。人材不足を越える策
脆弱なIoTデバイスを狙い急増するサイバー攻撃にどう備える?

BY

なぜ、IoTデバイスが狙われるのか

2017年10月、総務省が「IoTセキュリティ総合対策」を公表した。あらゆるものがネットワークにつながるIoT/AI時代の到来に際し、取り組むべき課題を整理したものだという。公表の背景には、近年深刻化するサイバー攻撃の脅威がある。

史上最大規模のDDoS攻撃(※1)として2016年に世界を騒然とさせたマルウェア「Mirai」。IoTデバイスであるネットワークカメラに感染し、アメリカのネット企業を中心に大きな被害を与えた。

また、2017年5月にはパソコンの身代金を要求してくる「WannaCry」というランサムウェアが世界中に蔓延。パソコンだけでなく、デジタルサイネージなどの端末にも感染が確認され、サイバー攻撃の恐ろしさを一般にも知らしめる事態となった。

MiraiやWannaCryの事例を通じて見えてくるのが、IoTデバイスのセキュリティ脆弱性だ。

今やネットに常時接続することが当たり前の世の中となり、パソコンにおいてはセキュリティ対策は必須のものとして認知されている。

しかし、パソコンとは異なりキーボードやディスプレイなどを備えないものが多く、入力インタフェースが貧弱なIoTデバイスでは、セキュリティ対策も十分に行なわれない場合が多い。特に、ネットワークカメラなどは脅威が少ないと考えられ、パスワードも初期値のまま運営されていることが多いようだ。

先に述べたMiraiなどのマルウェアは、こうしたIoTデバイスの脆弱性を狙ったものと言えるだろう(WannaCryはパソコンを狙ったものがたまたま脆弱なIoTデバイスにも感染した事例だと思われる)。

また、直近でも新たなセキュリティリスクが表面化した。2017年10月16日、無線LANで使われる「WPA2」というプロトコルに脆弱性が見つかったのだ。この脆弱性をついた攻撃を受けると、暗号化した通信内容が読み取られてしまうという。

「KRACKs」と名付けられたこの攻撃は広く一般的に使われている通信プロトコルの脆弱性をついたものであるため、パソコンであれIoTデバイスであれOSにかかわらず、通信するあらゆる端末に影響を及ぼす。その影響範囲はとても広くなるだろう。

今後、IoTデバイスはますます応用領域が広がっていく。例えば、自動運転車や医療機器などがIoT化された場合、サイバー攻撃は人命を危険にさらすことにもつながりかねない。

そのため早急に対応が必要と思われるが、なかなか進まない事情もあるようだ。

※1 大量の処理要求を送りつけ対象をサービス機能停止状態に追い込む攻撃手法

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

IoT端末の双方向通信サービス「Azure IoT Hub」が自動スケール
Momoなど神戸市拠点の4企業、災害時のIoT活用アライアンス発表
IoTはITとOTをつなぐ架け橋--日立の成長戦略を支える「Lumada」の強み
動画:まさに全身コンセント、手芸のIT化目指す。帝人、配線不要で通信&給電できるウェアラブル セルフォーム
工場の水処理をスマート化するAI・IoTサービス、スカイディスクと中島工業が協業
長野県小谷村、KDDIらと「人口減少社会」に向けた情報連携基盤を構築
見た目ガムっぽい“やわらかビーコン”など最新IoTデバイス発表会
東芝機械、ウイングアーク1stの可視化ツールで機械停止時間を半分以下に削減
家中の家電をIoTで操作! パナソニックのスマートHEMSは何ができるようになった?
セキュアIoT特集とは何か
ウェアラブルIoTのデータ収集から解析までワンストップで提供
5G/IoTは半導体/自動車業界に何をもたらすのか? 第3回 IoT/5G時代の自動運転で新たな車載半導体の始動
月額12円からのセキュアIoT通信SIM、さくらインターネットが提供
スカイディスク、設備機器のAI異常診断学習モデルをAPIで提供開始
CES2018で感じた、コンシューマー向けIoTの課題と5Gへの期待
アプトポッド、自動車の研究開発向けIoTクラウドサービスパッケージ 「Visual M2M Automotive Pro」をリリース

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。