IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2017.09.29

認知率は95.8%でも親しみを感じないAIに期待されるものは?
普及を実感するのはまだ遠い未来か

BY

“仕事を奪う”というようなショッキングな内容のものから、“生活が便利になる”というようなものまで、話題に尽きない人工知能(AI)。最近では、AIを用いたスマートスピーカーがGoogleから10月中に日本でも発売されるとの報道があった。

便利なサービスが生まれていく反面、AIの判断ミスによる不利益や事故なども懸念されているいま、一般の生活者は「AI」に対してどのようなイメージを持っているのだろうか?

マクロミルが9月に全国20~60代の1,000名に対して「AI(人工知能)に関する調査」を行なった。

9割以上が認知している「AI」

日常生活の様々なシーンへと浸透し始めているAI。Amazon EchoやGoogle Homeなどのスマートスピーカーや、自動運転車、ロボットなどの影響で、メディアでも頻繁に取り上げられ、世間が情報に触れる機会も増加している。

そのためか、今回のアンケートによると「意味を知っていた」は60%と半数を超えており、「言葉自体は聞いたことがあった」36%を合わせると、9割以上が“AI(人工知能)”という言葉を耳にしたことがあり、「全く知らなかった」という人は、わずか4%だった。

AI(人工知能)の認知率

“AI”という言葉から連想するキーワードについて、前述のAI認知者958名に自由回答で聞いたところ最も多かったのが「ロボット」288件(30%)で、「産業ロボット」から、ルンバのような「お掃除ロボット」「介護用ロボット」「災害救助ロボット」など幅広い連想が得られたという。また、「自動運転」も104件(11%)あり、AIの応用分野としてロボットと同様、世間のイメージとして強く連想されるものになっているようだ。

なお、具体的な商品名では、「Pepper(ペッパー)」が最多の99件(10%)、iPhoneに搭載された音声対話型AIの「Siri(シリ)」も77件(8%)挙げられている。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

IoT機器の固体認証向け新PUF技術、東芝が開発
IoT人気記事ランキング|図解!「IoTによる工場の可視化で、把握すべき5つのこと」など[6/11-6/17]
KDDI、漁業IoTを実現するスマートブイの新型――軽量・省電力化しセルラーLPWAにも対応
LPWAに対応したシューズ向けIoTモジュールの実験に成功
漁獲量を予測する「スマートブイ」 KDDIが実証実験
IoTビジネス化の実現をサポートする 「IoTの窓口 byGMO」の取り組み -GMOクラウド CEO青山氏インタビュー[PR]
「便利な道具も使い方次第」 AI、IoT、データサイエンスの第一人者が討論
凸版印刷、無線通信規格「EnOcean」に対応した電池レスのIoT機器に「表示」を実現
事例に学ぶ「成功するIoT」の勘所
プロセッサコア以外で勝負に出始めたArm
Sigfoxブースはスポーツバイクの盗難防止や落石管理など事例満載
KDDI、センサー設置から故障予兆検知までをワンストップで提供する「KDDI IoTクラウド 〜工場パッケージ〜」を開始
IBM、Oniqua Holdingsを買収--産業用IoTなど強化へ
DX活用で働き方改革・第2幕へ――ビデオ、AI/IoTをオフィスに埋め込む
KDDIが法人向けに工場生産設備の故障予兆を検知するサービス
ボッシュ・ジャパン、イノベーションフレームワーク「FUJI」 でIoT・AI領域へ積極参入[PR]

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。