IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2017.09.29

認知率は95.8%でも親しみを感じないAIに期待されるものは?
普及を実感するのはまだ遠い未来か

BY

“仕事を奪う”というようなショッキングな内容のものから、“生活が便利になる”というようなものまで、話題に尽きない人工知能(AI)。最近では、AIを用いたスマートスピーカーがGoogleから10月中に日本でも発売されるとの報道があった。

便利なサービスが生まれていく反面、AIの判断ミスによる不利益や事故なども懸念されているいま、一般の生活者は「AI」に対してどのようなイメージを持っているのだろうか?

マクロミルが9月に全国20~60代の1,000名に対して「AI(人工知能)に関する調査」を行なった。

9割以上が認知している「AI」

日常生活の様々なシーンへと浸透し始めているAI。Amazon EchoやGoogle Homeなどのスマートスピーカーや、自動運転車、ロボットなどの影響で、メディアでも頻繁に取り上げられ、世間が情報に触れる機会も増加している。

そのためか、今回のアンケートによると「意味を知っていた」は60%と半数を超えており、「言葉自体は聞いたことがあった」36%を合わせると、9割以上が“AI(人工知能)”という言葉を耳にしたことがあり、「全く知らなかった」という人は、わずか4%だった。

AI(人工知能)の認知率

“AI”という言葉から連想するキーワードについて、前述のAI認知者958名に自由回答で聞いたところ最も多かったのが「ロボット」288件(30%)で、「産業ロボット」から、ルンバのような「お掃除ロボット」「介護用ロボット」「災害救助ロボット」など幅広い連想が得られたという。また、「自動運転」も104件(11%)あり、AIの応用分野としてロボットと同様、世間のイメージとして強く連想されるものになっているようだ。

なお、具体的な商品名では、「Pepper(ペッパー)」が最多の99件(10%)、iPhoneに搭載された音声対話型AIの「Siri(シリ)」も77件(8%)挙げられている。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

IoT人気記事ランキング|マイケル・コース、ブランドのアイコン的ウォッチ“ランウェイ”のスマートウォッチを発売など[8/13-8/19]
日立、「地域IoT連携クラウドサービス」を自治体向けに販売開始
産業用IoTソフトウェアプラットフォームのリーダー企業とその強みとは--Forrester
Google Cloud PlatformがEdge TPUとClout IoT Edgeをリリース
アライドテレシス、IoT対応を見据えたネットワーク統合管理製品「AMF Cloud」
ものづくりのポテンシャルとIoTの可能性が未来を拓く! 8/23「北九州でIoT」東京説明会(TeNKYU&採択チーム講演)
日本のものづくり最前線、「研究開発型」町工場の躍進の秘訣を探る -由紀精密社長 大坪正人氏インタビュー
アドバンテック・Behr Technologies・日立・マイクロソフト、インダストリアルIoTコネクティビティソリューションの開発で協業
世界のスマートロジスティクス、トレンドレポート
mtes Neural Networksとジェネラルビジョン、エッジAIソリューション開発の合弁会社を設立
IoT農業を推進するグリーンリバーホールディングス、総額105百万円の第三者割当増資を実施
IoT機器向けのセキュリティベンチマークが登場
重要度高まる「データビジネス」の現在とは【9/14セッション観覧募集中】
IoTで構築した「スマートホーム」は通信を暗号化していても生活をのぞき見される可能性があるという研究結果
コマツのICT建機は農業も変える ―― 石川県で進む「IoTでスマート農業」
“衛星IoT”市場が創成期、新興企業も次々と誕生

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。