IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2017.09.29

認知率は95.8%でも親しみを感じないAIに期待されるものは?
普及を実感するのはまだ遠い未来か

BY

“仕事を奪う”というようなショッキングな内容のものから、“生活が便利になる”というようなものまで、話題に尽きない人工知能(AI)。最近では、AIを用いたスマートスピーカーがGoogleから10月中に日本でも発売されるとの報道があった。

便利なサービスが生まれていく反面、AIの判断ミスによる不利益や事故なども懸念されているいま、一般の生活者は「AI」に対してどのようなイメージを持っているのだろうか?

マクロミルが9月に全国20~60代の1,000名に対して「AI(人工知能)に関する調査」を行なった。

9割以上が認知している「AI」

日常生活の様々なシーンへと浸透し始めているAI。Amazon EchoやGoogle Homeなどのスマートスピーカーや、自動運転車、ロボットなどの影響で、メディアでも頻繁に取り上げられ、世間が情報に触れる機会も増加している。

そのためか、今回のアンケートによると「意味を知っていた」は60%と半数を超えており、「言葉自体は聞いたことがあった」36%を合わせると、9割以上が“AI(人工知能)”という言葉を耳にしたことがあり、「全く知らなかった」という人は、わずか4%だった。

AI(人工知能)の認知率

“AI”という言葉から連想するキーワードについて、前述のAI認知者958名に自由回答で聞いたところ最も多かったのが「ロボット」288件(30%)で、「産業ロボット」から、ルンバのような「お掃除ロボット」「介護用ロボット」「災害救助ロボット」など幅広い連想が得られたという。また、「自動運転」も104件(11%)あり、AIの応用分野としてロボットと同様、世間のイメージとして強く連想されるものになっているようだ。

なお、具体的な商品名では、「Pepper(ペッパー)」が最多の99件(10%)、iPhoneに搭載された音声対話型AIの「Siri(シリ)」も77件(8%)挙げられている。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

AppleとGEが提携、iOS上で動作する「Predix」の産業用IoTアプリの開発を加速
デバイスの進化に柔軟に対応するIoT基盤のエンタープライズ版を発表―ウフル | IT Leaders
【特別企画】インテリジェントホームがGoogle Homeとの連携でもっと直感的に - イッツ・コミュニケーションズ、スマートコントローラーを10月6日より提供開始
日立産業制御、設置するだけでIoT機器などのデータ通信を保護する暗号化アプライアンス「S.COATBOX/DS」
ドコモ、VR空間を複数人でリアルタイム共有できるシステム
AIとIoTを活用した新たな自動車アフターマーケットのカタチ…オートバックスセブン
ウフルがIoT基盤のサービス「enebular」のエンタープライズ・プランを発表
AIやロボティクス、IoT、ARなどが世界ICT投資を加速--IDC予測
米IICとIVIが産業用IoT推進で合意、共同テストベッド実施など5項目
IoTセンサーを利用した会議室の効率化対策システム─サテライトオフィス | IT Leaders
NEC、IoTシステムのエッジ層やデバイス層を保護--データ発生源から暗号化
大日本印刷、蘭ジェムアルトとIoTセキュリティ分野で協業
自動車・医療分野で急務のセキュリティ課題とは?企業の実践者たちがIoT時代のセキュリティ対策を語る
京大とローム、Wi-SUN FAN搭載IoTゲートウェイを用いBluetooth搭載機器から移動しても広範囲に情報収集できるシステムを開発
BOMなしで生産スケジュールを自動生成 - 日立、「Lumada」に産業向けソリューションを追加
日立、多品種少量生産工場が対象のソリューション2種を発表

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。