IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2017.08.25

激化するサイバー攻撃に国や企業は耐えられるのか?
仮想通貨の盗難にDDoS攻撃、セキュリティ側の苦悩

BY

リオオリンピック直前、関連組織に大規模なDDoS攻撃

2017年3月22日、警視庁が運営する「@police」は「不正プログラムに感染したIoT機器が発信元と考えられるアクセスの増加等について」という文書を発表。宛先ポート5358/TCPに対するアクセス件数が1月下旬に急増したことを報告した。警視庁が発信元となるIPアドレスにつなげたところ、いずれもマルウェアに感染したIoT機器が踏み台となり、DDoS攻撃に利用されたと見られている。

「年々、インターネット空間での攻撃が頻繁になっています。昨年のリオオリンピックの直前には、オリンピック関連の複数の組織が大規模なDDoS攻撃の標的となり、話題になりました」

そう語るのは、ラックのサイバー・グリッド・ジャパン、チーフリサーチャーの渥美清隆氏。オリンピック以外にも、イルカの追い込み漁を行っている和歌山県・太地町のウェブサイトや関連企業から中央官庁に至る幅広い対象に対して、反捕鯨を掲げる攻撃者たちが一斉にDDoS攻撃を仕掛けた「キリング・ベイ作戦」が実行されるなど、サイバー攻撃に関するニュースが後を絶たない。

「今年の6月には、マクドナルドの店舗でポイントサービスや電子マネーが一時期使用できなくなったのですが、同社のネットワークシステムがウイルスに感染したニュースがありました。公式に発表はされていませんが、当時騒がれていたマルウェア『ワナクライ』に感染したのでは、という噂が流れました」

ワナクライは、データを暗号化して身代金を要求するランサムウェア。世界中の企業や組織が標的となり、被害が拡大した。

「ポイントカードサービスは、一見するとIoT的ではないように見えますが、IoTのオリジナルの意味はRFIDを貼り付けた商品タグからきています。その点でいえば、個人の情報を紐付けているICカードもまた、IoTに含まれます。IoTがサイバー攻撃を受けた場合はデバイス側に被害が出ると思われがちですが、マクドナルドのようにサーバーサイドが狙われた場合も影響があるのです」

渥美氏いわく、IoTビジネスを継続するならば、デバイスだけでなく、その中間にあるネットワークと、サービスのデータを蓄えているサーバー側も守らなければならないとのこと。包括的なセキュリティ管理が必須となるのだ。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

つながるサービスは、消費者にどう訴求すべきか
and factory、秋葉原にスマートスピーカ完備の“IoTホステル”--観光案内も声でお知らせ
トイレを電池・配線レスでIoT化、スライドラッチ受け「SWITCHSTRIKE AIR」3月末に発売 元離宮二条城で試験運転も開始
BIGLOBEモバイルがIoT/M2M通信向けサービスを強化 月額400円台からの低価格プランや固定IPオプションなどを提供
住友電工とNEC、モビリティ事業で協業--自動車でのAI/IoT活用を加速
“トイレのIoT化”で混雑時の利用効率を向上--安否確認や犯罪防止にも活用
混雑トイレに新たな"IoT"、世界遺産、元離宮二条城での試験運用開始
シーメンスのIoTプラットフォームがAWS上で利用可能に | IT Leaders
Keychain、ブロックチェーンを使ったIoT認証セキュリティソフトを開発
三菱電機、低消費電力や低コストをAI技術で実現
NTT Comと成蹊大、IoTによる大学構内の環境モニタリング実証実験を開始
IoTデバイスのセキュリティ向上へ--MITが低電力暗号処理チップを開発
VMwareがIoTセキュリティで特に重視するのは自動車業界
Oracle、「Oracle IoT Cloud」の新しいインダストリー4.0機能を発表
三菱電機、AI技術で機器やエッジをスマート化
クアルコムが産業IoT向け「Wireless Edge Services」、5G NRの計画など披露

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。