IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2017.07.14

「保険付帯」のペット発信機で迷い猫解消なるか
現代版鈴付き首輪は猫の救世主。ねこさがしIoTサービス「ねこもに」

BY

飼い猫の数とともに増加する“迷い猫”

一般社団法人 ペットフード協会が2016年に行った調査によれば、猫の推計飼育頭数は全国で984万7千頭にものぼり、今後も飼い猫の数は増えることが予想されている。空前の猫ブームが続いているなか、その裏ではある問題が起きているという。

「飼い猫が増えている一方で、それに伴い猫が迷子になっています。さらに、迷い猫になってから自宅に帰れなかった猫は、殺処分となってしまうケースも珍しくありません」

そう語るのは、株式会社オープンストリームのシステムインテグレーション事業部ソリューション本部サービス・ソリューション部部長の齋藤孝仁氏。自宅を飛び出して迷い猫となった彼らは、年間で約6.7万頭近くが悲しい最期を迎えているというのだ。

室内で飼っている猫は外への興味が強く、ドアのすき間をすり抜けて脱走することもしばしば。とくに夏は、網戸を開けて出ていってしまうなど、一瞬も気を抜くことができない季節でもある。

そうした現状に変革をもたらす存在として注目を集めているのが、同社が開発したねこさがしIoTサービス「ねこもに」だ。ねこもにとは、飼い猫の首輪にBLE(Bluetooth Low Energy)を搭載した発信機を装着し、専用アプリを使って迷い猫を探すことができるIoTソリューション。

発信機本体
JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

パナソニック、顔認証技術を活用した入退管理システム「KPAS」を提供へ
IoT機器侵入調査は本当に「通信の秘密を侵害し、検閲に当たる」のか?
IoT時代のセキュリティに顕在化する現状と課題
「目指すは家全体のスマート化」、“IoT建材”で凸版印刷が狙っていること
2019年のIoT支出額は世界で7450億ドルに--IDC予測
マイコンを取り巻く“東西南北”にみるIoT時代のマイコンビジネスの在り方
Keychain、ブロックチェーン技術を応用したビジネス/IoTデータセキュリティ「Keychain DPI」を提供開始
IoTで「登り窯」の伝統技術を仮想体験、NTT東らが実証実験
IoTや顔認識、ハイテクを駆使したシンガポールの学校を訪問--トイレもスマート化
NTTデータ、IoTエッジでリアルタイムにデータを収集・解析するシステム構築サービスを提供 | IT Leaders
ノキア、複数のIoTパッケージをローンチ--企業によるIoTサービスの構築を容易に
エッジコンピューティングが興隆する2019年
気温や人の接近が分かり、他機器の電源をリモート制御可能――IoTセンサー2種をプラネックスが発売
「IoT-PLC」の普及元年に――高速電力線通信の“第4世代”が登場
コーヒーはIoTと自動化でどこまで変われるか--新形態のコーヒーショップを訪ねて
国のIoT機器調査「NOTICE」が20日から実施、その前にやっておきたい自宅のセキュリティチェック【イニシャルB】

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。