IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

コミュニケーション
2017.05.31

VRは失われた表情を取り戻せるか?
コロプラが開発したVRコミュニケーションシステム「FACE 0」

BY

メールやSNSなど、テキストメッセージでのコミュニケーションが増えた現代。自分の意図に反した内容として相手に受け取られてしまい、トラブルになった経験はないだろうか。

電話であれば声のトーンなどで、ある程度は相手の感情を汲み取ることができたが、メールやチャットなどデジタルツールの普及に伴い、伝えられる情報はメッセージの内容だけに限られるようになってきた。

こうしたデジタルツールは付随する発信者の感情を伝達できないため、お互いの勘違いなどからトラブルになることも多い。

しかし、VRを用いたコミュニケーションでは、これが改善できるかもしれない。

この度、ソーシャルゲームやVRファンドなどを展開するコロプラと、その100%子会社である360channelは、VRヘッドマウントディスプレイ(HMD)を装着した状態で視線や顔の動きを追跡し、VR空間内のアバターへ瞬時に反映させる技術を用いた新たなコミュニケーションシステム「FACE」を開発したとして記者発表会を開催した。

コロプラが発表したVRコミュニケーションのためのシステムとは

「FACE」のシステムは複数の民生品や既存技術を組み合わせることで実現している。ハードウェアについては、

・視線追跡……アイトラッキング機能を備えたHMDである「FOVE」
・表情トラッキング……表情を読み取るセンサーであるBinary VRの「development kit」
・アバターへの表情反映……視線や表情データをリアルタイムにアバターへ反映するHoloteh Studiosの「FaceRig」

などを組み合わせ、これにCRIミドルウェアの技術や、360channelの培った同期通信システムによって、リアルタイムに表情が反映されるアバターを用いた複数人での音声通話が可能となった。

複数人のアバターで一緒に写真撮影もできる。現在は3人までだが4人同時接続までは実現できそうとのこと
JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

クラウディアン、深層学習用にGPUを搭載した小型のIoTエッジ処理サーバー「AI Box」を開発 | IT Leaders
もっと賢い公共インフラを5G通信とIoTで──ソフトバンクがインフラ設計大手と業務提携
建設現場の生産性を向上するIoTプラットフォーム「LANDLOG」、アプリ開発プロバイダ向けAPI第一弾を提供開始
新しい半導体の流れを作る、IoTと5G
ソフトバンクとパシコンが「IoT×AI」で提携、防災や社会インフラ改善に
ソフトバンクとパシフィックコンサルタンツ、スマートシティ実現に向け提携
GMOクラウド、IoTデバイスをセキュアに一括管理する「IoTプラットフォーム(仮称)」β版を提供開始
IoTや顔認証で路線バスのヒヤリ・ハット予備軍を把握 - KDDIと小湊鐵道
顔認識で危険運転防止、地中の水道メーター検針、牛の突然死防止--IoT活用が広がる
環境から「収穫」した電力で自立するデバイス 〜IoTを変える「エナジーハーべスティング」技術とは?
ソフトバンクら、NB-IoTを活用した水道メーターの実証実験
オープンIoTからIoSへ、モノからコトへ
AWS re:Invent 2017 MLとIoTの発表: Amazon SageMaker, AWS DeepLens, IoT Device Manager
IoT人気記事ランキング|国際ロボット展レポート、スマートウォッチwena wristの新モデル発売など[12/4-12/10]
ウフル八子知礼氏に聞く、ものづくり企業が「IoTプラットフォーム」を構築すべき理由
グラモ、スマートスピーカーと連携、IoTスマートホーム自動制御システムを開発

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。