IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

コミュニケーション
2017.05.31

VRは失われた表情を取り戻せるか?
コロプラが開発したVRコミュニケーションシステム「FACE 0」

BY

メールやSNSなど、テキストメッセージでのコミュニケーションが増えた現代。自分の意図に反した内容として相手に受け取られてしまい、トラブルになった経験はないだろうか。

電話であれば声のトーンなどで、ある程度は相手の感情を汲み取ることができたが、メールやチャットなどデジタルツールの普及に伴い、伝えられる情報はメッセージの内容だけに限られるようになってきた。

こうしたデジタルツールは付随する発信者の感情を伝達できないため、お互いの勘違いなどからトラブルになることも多い。

しかし、VRを用いたコミュニケーションでは、これが改善できるかもしれない。

この度、ソーシャルゲームやVRファンドなどを展開するコロプラと、その100%子会社である360channelは、VRヘッドマウントディスプレイ(HMD)を装着した状態で視線や顔の動きを追跡し、VR空間内のアバターへ瞬時に反映させる技術を用いた新たなコミュニケーションシステム「FACE」を開発したとして記者発表会を開催した。

コロプラが発表したVRコミュニケーションのためのシステムとは

「FACE」のシステムは複数の民生品や既存技術を組み合わせることで実現している。ハードウェアについては、

・視線追跡……アイトラッキング機能を備えたHMDである「FOVE」
・表情トラッキング……表情を読み取るセンサーであるBinary VRの「development kit」
・アバターへの表情反映……視線や表情データをリアルタイムにアバターへ反映するHoloteh Studiosの「FaceRig」

などを組み合わせ、これにCRIミドルウェアの技術や、360channelの培った同期通信システムによって、リアルタイムに表情が反映されるアバターを用いた複数人での音声通話が可能となった。

複数人のアバターで一緒に写真撮影もできる。現在は3人までだが4人同時接続までは実現できそうとのこと
JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

宅配ボックス、EV充電器、シェア自転車などに決済や制御を追加できるIoT装置「NEC Digital Concierge」 NECから
魅力あるIoTエッジの開発アプローチに垣間見るプラットフォーム提供の在り方
NTT東が中小工場向けIoTパッケージ――トライアルでは4%の稼働率向上を実現
AIによる自律化、クラウド化、そしてサービス化が進むストレージの現在と未来
環境発電で動作するコントローラー、ルネサスがSOTBを初適用
KDDI、富士山遭難者救助にドローンを活用
ヤマザキマザック、IoTを活用したコネクテッドサービス「Mazak iCONNECT」を2019年4月より提供開始
IoT向けネットワークLoRaWAN、普及のために日本の協会が設立
OKI、固定網/PHSからLTEへのマイグレーションを実現する「マルチキャリア対応音声IoTゲートウェイ」を販売開始
VAIOとモフィリアが指静脈認証技術で協業、法人向けに認証デバイスを提供
基幹業務アプリのSaaS移行で“最後のアップグレード”を、オラクル
IoTドアと窓で戸締まり確認 センサー電源不要
NTT東日本、生産現場を「見える化」できる工場向けIoTパッケージを提供
消費電流95nAのIoT/ウェアラブル端末向けLDO
ユビキタスAIコーポレーションと凸版印刷、IoT機器のライフサイクルマネジメントを中核とした「Edge Trust」を2019年3月提供
EDAプラットフォームに備わるセキュリティ確保の仕組み | IT Leaders

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。