IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.05.27

技術革新で生まれ変わる、次世代自動販売機の今
自動販売機は新たなインフラに? 次々と登場するビジネスモデルとは

BY

街中や駅に設置されている自動販売機、日本人にとってはすっかり日常の景色に溶け込んだ、しごく身近な存在だ。その普及率は全国に500万前後ともいわれており、近年ではIoTなどの技術革新によって社会的インフラとしての新たな役割が見出されている。

自動販売機を活用した地域貢献型のIoTサービス

2017年5月23日、アサヒ飲料は、国立研究開発法人情報通信研究機構(以下「NICT」)と共同で、「見守り」「交通安全」や「観光案内」といった様々な地域貢献型のIoTサービスの提供に向けた実証実験を、6月より墨田区で順次開始すると発表。実験では、NICTが開発したWi-SUN対応のIoT無線ルータとアサヒ飲料が展開する自動販売機を活用していく。

これによって実用化の目途がたてば、子供や高齢者にビーコン端末を携帯させ、家族が大体の位置情報を含む活動状況をスマートフォンやパソコンで確認できるほか、見通しの悪い交差点付近を走っている子供の存在を、いち早く通りかかる車両に通知する交通安全サービスの提供を実現できるという。

さらに、観光スポットや店舗にIoT無線ルータを設置することで、地域を訪問中の観光客に対してリアルタイムな周辺の観光情報やお得な情報等をスマートフォンに届けることも可能だ。

IoT無線ルータと自動販売機を組み合わせた今回の取り組みは、IoTサービスを迅速に地域に普及させるうえで障壁となっている、多数の無線拠点を持つために必要な時間やコストの問題を自動販売機の活用で解決でき、地域コミュニティーに有益な情報共有インフラを構築していく。

ビーコン通信型地域IoT無線サービスプラットフォームを使ったサービスイメージ
(NICTホームページ プレスリリースより引用)

そのほかの企業も、積極的に自動販売機を活用したイノベーションを模索している

キリン×LINEのポイントサービス

キリンとLINEは、自動販売機にビーコンをつなげドリンクを買うとポイントが貯まるサービス「Tappiness(タピネス)」の提供を4月13日より首都圏・近畿圏でスタート。17年夏以降は、首都圏・近畿圏以外の全国主要都市部でも順次展開し、サービス開始から1年で20,000台の対応を見込んでいる。今後は、飲料交換以外にもLINEの特長を生かした新たなサービスの提供を予定しており、自動販売機の“わくわく”をさらに提案していくという。

 

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

【CES2019現地レポ】家電メーカーの自動運転進出で、なぜ「OS開発」なのか
【CES 2019】デンソー、車載エッジコンピュータ「Mobility IoT Core」でリアルなMaaSを実演
あなたが知らない10のモビリティ・スタートアップ、「CASE」時代の最先端技術とは?
KDDI、海外展開する法人向けの統合型マネージドソリューション「KDDI GX Platform」
「つながる特装車」車両データを遠隔地から収集、極東開発がシステムを提供
5Gにおける「NB-IoT/LTE-M」の位置付け
加賀市がIoTを活用した除雪車運行システムを採用、状況の可視化や報告の省力化を実現
現場に散在するデータを集約・連携させてデータ経営を実現――、クオリカのIoTプラットフォーム「Bellonica」
スマートホーム市場の行方 家の中までデジタル化
ライオンがIoTデバイス--自宅界隈の天気予報と連動、洗剤残量に応じたアプリ通知も
法人向けIoTの強化で地方創生へ、KDDIがIoT専業のエコモットと提携
オンラインと実店舗の顧客データを統合!英Arm、小売業向けの新ソリューションを発表
”現場力”向上へAI/IoTを活用 ―― NTT東日本が障害対策の取り組みを紹介
ボタンを押すだけで呼べる「タクシーダッシュボタン」の運用開始
KDDIとエコモット、法人向けIoT分野で資本業務提携 | IT Leaders
東芝デジタルソリューションズ、IoTやビッグデータに適したスケールアウト型データベース「GridDB」機能強化版を提供開始

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。