IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.05.25

スマホと連動するスマート歯ブラシ「G・U・M PLAY」のできるまで<3>
連載第4回:クリエイティブスタジオ1→10driveの「楽しいIoT」開発

BY

スマホと連動するスマート歯ブラシ「G・U・M PLAY」について、第1回、第2回と開発の流れについて追って行きました。

 >>G・U・M PLAYのできるまでの記事はこちら:
<1>最初の提案の動きから3rdプロトタイプ開発まで
<2>2016年4月18日に一般発売するまでの1年半について

最終回の第3回は、なぜG・U・M PLAY開発チームが開発まで漕ぎ着けられたのか、IoTプロダクト開発時に役立ったチームの特徴について振り返ってみたいと思います。

1.プロトタイピングベースから始められる

1-10designの所属する広告制作業界は一般的に与えられる制作期間が短い傾向にあります。基本的には企画込みの相談がくるのですが、企画の相談が発表の3ヵ月前だったり、極端なものだと1ヵ月切っている場合もあります。

そんな中、制作物を作っている会社は制作期間のロスを最小化するため、モック制作、プロトタイプ制作のスキルが高いです。

そして、「最小の制作期間でやりたいことが伝わるプロトタイプの制作」や「システムの挙動や感触がわかる最小のプロトタイプ」を制作するのが得意なのです。

また、映像制作用の道具も制作したりするので、その辺りであれば納品物自体がプロトタイプレベル、という場合すらあります。

例えば僕が関わらせていただいた仕事で、KOIKEYA HANDS FREE SYSTEMというのがあります。終盤のメイキングを見ていただければ判る通り、成功率の低いシステムだったのですが、結果的に撮りたい成功した絵が撮れ、制作したムービーも見ていただけるものになったので致命的ではなかった、と言うことです(撮影班は大変だったと思いますが・・・)。

 

G・U・M PLAYではむしろ企画書の提案段階からプロトタイプを提案し、アプリのプロトタイプを作ったことによって、チーム全体で共通のイメージを持てたからこそ2年間走り切れたのではないかと思っています。

 

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

製造業向けのIoT基盤で協業、セゾン情報システムズ「HULFT IoT」とクオリカ「CareQube+」 | IT Leaders
喫緊となる建設現場の"Digital transformation"を支えるクラウド「LANDLOG」
AI、IoTで自立支援介護のプラットフォーム構築へ--パナソニックら実証実験
富士通、流通業向けIoTサービス基盤「SMAVIA」を販売開始
ドコモ、建設現場の働き方改革を実現するソリューションのβ版を提供開始
東京電力エナジーパートナー、IoT技術を活用した「次世代スマートタウンプロジェクト」を開始
アドバンテック、光学センサと低消費電力無線通信で設備の稼働状況を見える化するIoTソリューションをリリース
Arm、IoTデバイスへのSIMカード搭載を可能にする「Kigen」を発表
建設生産プロセスの変革を加速する「LANDLOG Partner」、先行パートナー協業事例とLANDLOG提供アプリを発表
日本はDXの波に乗り遅れてる!?日本マイクロソフトとIDC調査から見えてきた懸念 - アジアにおけるデジタルトランスフォーメーション
セゾン情報システムズとクオリカ、製造業向けのIoTソリューション提供で協業
富士通、流通業向けデータ分析サービス、作業員の位置やバイタルも連携分析 | IT Leaders
“ドローンで建設現場を撮影、AzureでAI解析”も可能に――建設IoTプラットフォーム「LANDLOG」が「Microsoft Azure」を採用
進む現場のIoT化、建設や工場に向けてドコモがソリューション
マイクロソフトがDX最新状況発表。「LANDLOG」へのAzure採用、「日本企業投資意識はアジア企業に遅れ」の調査結果など
ノキア、スマートシティを管理する「IoT for Smart Cities」などを発表

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。