IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.05.25

スマホと連動するスマート歯ブラシ「G・U・M PLAY」のできるまで<3>
連載第4回:クリエイティブスタジオ1→10driveの「楽しいIoT」開発

BY

スマホと連動するスマート歯ブラシ「G・U・M PLAY」について、第1回、第2回と開発の流れについて追って行きました。

 >>G・U・M PLAYのできるまでの記事はこちら:
<1>最初の提案の動きから3rdプロトタイプ開発まで
<2>2016年4月18日に一般発売するまでの1年半について

最終回の第3回は、なぜG・U・M PLAY開発チームが開発まで漕ぎ着けられたのか、IoTプロダクト開発時に役立ったチームの特徴について振り返ってみたいと思います。

1.プロトタイピングベースから始められる

1-10designの所属する広告制作業界は一般的に与えられる制作期間が短い傾向にあります。基本的には企画込みの相談がくるのですが、企画の相談が発表の3ヵ月前だったり、極端なものだと1ヵ月切っている場合もあります。

そんな中、制作物を作っている会社は制作期間のロスを最小化するため、モック制作、プロトタイプ制作のスキルが高いです。

そして、「最小の制作期間でやりたいことが伝わるプロトタイプの制作」や「システムの挙動や感触がわかる最小のプロトタイプ」を制作するのが得意なのです。

また、映像制作用の道具も制作したりするので、その辺りであれば納品物自体がプロトタイプレベル、という場合すらあります。

例えば僕が関わらせていただいた仕事で、KOIKEYA HANDS FREE SYSTEMというのがあります。終盤のメイキングを見ていただければ判る通り、成功率の低いシステムだったのですが、結果的に撮りたい成功した絵が撮れ、制作したムービーも見ていただけるものになったので致命的ではなかった、と言うことです(撮影班は大変だったと思いますが・・・)。

 

G・U・M PLAYではむしろ企画書の提案段階からプロトタイプを提案し、アプリのプロトタイプを作ったことによって、チーム全体で共通のイメージを持てたからこそ2年間走り切れたのではないかと思っています。

 

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

「IoT-PLC」の普及元年に――高速電力線通信の“第4世代”が登場
コーヒーはIoTと自動化でどこまで変われるか--新形態のコーヒーショップを訪ねて
国のIoT機器調査「NOTICE」が20日から実施、その前にやっておきたい自宅のセキュリティチェック【イニシャルB】
加賀市や金沢大学、フレイ・スリーが動画を用いた観光ハッカソン
NTTデータ、FogHorn製品を利用したエッジ向けIoT/AI活用インテグレーションサービス
日本マイクロソフト、電子タグとIoTデータを活用した実証実験に参画
学生向け“IoTマンション”登場 玄関の鍵や家電をスマホで操作
「KDDI ∞ Labo」、AIやIoTに関するピッチイベント
量子コンピュータでも解読できない暗号アルゴリズム、実証実験に成功
自社サービス専用のIoTボタンを手軽に開発可能に、ソラコムがボタン型デバイス
Google、Android Thingsをスマートスピーカーとスマートディスプレイ向けに路線変更
【クローズアップ】 「近大マダイ」の養殖にマイクロソフトのAIを活用 近畿大学水産研究所の現場レポート
CyberBull、小売店の販促支援する専門組織を新設 IoTやAIを活用したプロダクト開発にも着手
IoTへのサイバー攻撃深刻化に対処、総務省/NICT「NOTICE」が始動
総務省のIoT機器調査は「監視社会」の始まりか--議論が起きた理由
テュフ ラインランド ジャパン、サイバー攻撃に強いIoT機器開発支援で「IoT機器セキュリティ対策サービス」を開始

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。