上原浩治 新刊「OVER」 2019年10月17日(木)発売 - Official Site -

i
重版決定!

OVER

結果と向き合う勇気
上原浩治・著

突然の現役引退――。“雑草魂”が枯れるとき、上原浩治は何を思ったのか。
日米で21年、数々の修羅場を乗り越え、「結果」と向き合ってきた男の最後。そこにあったプロフェッショナルとしての確かな信念。

5月20日、読売ジャイアンツから引退を発表した上原浩治。
日米で約21年。数々の栄光を手にしてきた。
衝撃的だったジャイアンツデビュー年。20勝を挙げ、タイトルを総なめにした。
WBC優勝。圧巻だった韓国戦のピッチングは世界中を驚かせた。
ワールドシリーズ制覇。1年で87試合の力投は、地区シリーズのMVPをも手繰り寄せた。
ジャイアンツ電撃復帰。クライマックスシリーズの山田哲人に見せた力投――。

一方で、数々の挫折も経験した。
度重なるケガ、敗戦処理、ポストシーズン三連続被弾……そして、最終年に味わった「二軍」生活。

なぜ、引退を決断したのか。
最後の2年を丁寧に振り返る。
日々の葛藤から見えてくる、ピッチャーとしての在り方、プロフェッショナルとしての生き方。
雑草魂の矜持と枯れた瞬間――

CONTENTS
プロローグ
第1章 引退~結果と向き合った日々~
  • 2017年12月

    メジャーで引退する決意

  • 2018年2月

    直面した「決まらない」という現実

    メジャーでやりたいのか? それとも……

  • 2018年3月

    少年時代に戻ったようなジャイアンツ復帰

  • 2018年10月

    クライマックス・シリーズ、対山田哲人

    決心していた「人生初の手術」

    再びの「自由契約選手」

    原辰徳監督に、再び救ってもらう

  • 2018年12月

    自主トレーニングは少人数で寒いところで

  • 2019年1、2月

    11年ぶりの日本キャンプ

    メジャーに近い原監督のスタンス

  • 2019年3月

    充実した二軍生活、呼ばれない一軍

    失ったイチローさんへの挑戦権

    出ない結果、くすぶり始めた不満

  • 2019年開幕直前

    唯一の「一軍」

    スピードを上げるトレーニング

  • 2019年4月

    変えたルーティン

  • 2019年5月

    二軍は経験を、一軍は結果を出す場所

    心と体が一致しないまま

    引退までのカウントダウン

    嫌だった「引退会見」

同級生スペシャル対談2本収録。
上原浩治×高橋由伸
由伸が監督じゃなかったら、ジャイアンツ復帰はなかった
上原浩治×松井稼頭央
1年でもっともつらい時期はシーズンでもキャンプでもなく……
JBpressの本

栗山英樹 新刊「稚心を去る」
好評発売中

本の詳細はこちらから