顔パスで支払える店舗をセブン-イレブンがオープン

顔認証、AI、IoTを駆使して「省人型店舗」を目指す

栗原 雅/2018.12.18

いいね ツイートする

 セブン-イレブン・ジャパンとNECは2018年12月17日、入店や決済に顔認証技術を用いる新たな店舗をオープンした。このほかAI(人工知能)、IoT(モノのインターネット化)、生体認証といったいくつもの先進技術を活用し、少ない人数で運営可能な「省人型店舗」のオペレーションの実証を行う。

 今回の店舗は、オフィスビル内、病院内、工場内のように商圏としては限られているものの一定の集客が確実に見込める「マイクロマーケット」への出店加速を視野に入れたものだ。

 顔認証技術はNECが開発した。新店舗では、来店客の顔を店舗入り口に設置したカメラで撮影して目、鼻、口の特徴点を検出。あらかじめ登録済みの顧客の特徴点と合致すると自動で店舗のドアを開ける。顧客は店内の決済カウンターで商品のバーコードをスキャンし、端末に顔を“かざす”ことで商品代金の支払いを完了する(写真1)。

写真1 セブン-イレブン・ジャパンとNECが新店舗のイメージと、導入した技術の例(出所:NEC)

 新店舗はNECのグループ企業が入居する東京・港区の三田国際ビル20階に設けた。利用者はNECグループ社員。商品代金は給与から天引きする形で清算する。将来的には、給与天引きに加え、電子マネー「nanaco」やスマートフォン決済サービス「セブン・ペイ」での代金支払いも可能にする方針である。

 カメラで撮影した顔画像は、接客品質の向上にも生かす。例えば、顔画像から顧客の年齢・性別を推定し、世代ごとの人気商品や季節性を考慮した商品のコンテンツを店内のデジタルサイネージに表示する。同様に、決済カウンターに設置した小型のコミュニケーションロボットが、推定した顧客の年齢・性別にあわせ、音声でおすすめ商品を案内する。ゆくゆくは、顔画像から来店客一人ひとりに見合った情報提供を実現していく。