IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2018.02.27

ヤフーの新戦略は“ネットの海”から“データの森”へ
「ビッグデータを活用した実証実験および新規事業構想」発表会

BY

左から、ヤフー・佐々木氏、日産・高橋氏、神戸市・久元氏、Jリーグデジタル・井出氏、ヤフー・川邊氏

2月6日、ヤフーによる「ビッグデータを活用した実証実験および新規事業構想」と題した記者発表会が都内某所で行なわれた。

初めにヤフーの副社長執行役員 最高執行責任者でコマースグループ長の川邊 健太郎氏により、今後ヤフーが目指す「インターネットの会社からデータの会社へ」という方針が発表された。他企業や自治体、研究機関などと共に、ヤフーが蓄積してきたビッグデータの利活用を進めていくという。

同社の執行役員でデータ&サイエンスソリューション統括本部長 チーフデータオフィサー、佐々木 潔氏によると、既にヤフー内でのデータ利活用は始まっているとのこと。

例えばヤフーが運営するポータルサイト「Yahoo!Japan」トップページはユーザーデータをディープラーニングさせることで滞在時間を延ばすことに成功した。

「Yahoo!ショッピング」でも機械学習の活用により、初めて同サイトを訪れたユーザーにも適切な情報を提示できるようになり、CTRは以前の4.5倍に増えたとのこと。

災害時にも、「隠れ避難所」を発見して救援物資の偏りを防ぐなど、データを用いることでさらに貢献できると話す佐々木氏。地方自治体でも既にデータの利活用は始まっているものの、活用率は未だ19%に留まるとのことで、具体例を示しながら同社が「データの会社」へ舵を切るに至った経緯を語り、データ利活用の重要性を訴えた。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

加賀市の“コネクテッド除雪車”も! ―― 3周年迎えるIoT共創ラボが成果を発表
DMG森精機、制御システム向けIoTソリューションでMicrosoft Azureなどを活用
経産省キーマンが示す、GAFAに負けない「日本のエッジコンピューティング戦略」
マイクロソフトとDMG森精機、工作機械のデジタル化促進で協業
ヤフー、飲食店の空き状況をリアルタイムに表示するIoT実証実験--新宿の6店舗で
IoTで積雪量の観測と除雪車の管理、BIGLOBEとMomoが会津若松で実証実験
IoTで除排雪の効率化、Momoとビッグローブが協業
デジタル変革とともに異業種企業のコラボレーションで生まれる革新的な製品デザイン
IoTを使った保育園の昼寝の見守りサービス、藤枝市の認可保育園など10カ所で採用
【CES2019現地レポ】家電メーカーの自動運転進出で、なぜ「OS開発」なのか
【CES 2019】デンソー、車載エッジコンピュータ「Mobility IoT Core」でリアルなMaaSを実演
あなたが知らない10のモビリティ・スタートアップ、「CASE」時代の最先端技術とは?
KDDI、海外展開する法人向けの統合型マネージドソリューション「KDDI GX Platform」
「つながる特装車」車両データを遠隔地から収集、極東開発がシステムを提供
5Gにおける「NB-IoT/LTE-M」の位置付け
加賀市がIoTを活用した除雪車運行システムを採用、状況の可視化や報告の省力化を実現

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。