IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2018.02.17

AIが生み出す「作品」たち、著作権の行方は
AIクリエイターによる創作物は「著作物」となるのか

BY

「AI(人工知能)が人間の仕事を奪う」と言われるようになって久しいが、昨今AIは文章を書いたり芸術作品を生み出したりといった、いわゆる「創作活動」まで行なえるようになってきていることをご存知だろうか。

例を挙げると、2017年1月からサービス開始となった、日本経済新聞社の「決算サマリー」(※1)。このサービスの特徴は、企業の開示情報をAIが自動編集して決算情報の要点をまとめた文章を作成し、配信まで自動で行なってくれる点にある。

また最近では、文学としてはまだまだこれから、という段階ではあるが、Botnik Studios(※2)というコンテンツクリエイター集団がファンタジー小説の名作「ハリー・ポッター」のシリーズ7作をAIに学習させ、ハリー・ポッターの新作を書かせる実験が話題にもなった。

このように、AIが人間の代わりに「創作」する場面が少しずつ増えてきている。そうした際にその作品は「著作物」となり得るのか。そして、もし著作物となった時の「著作権者」は誰のものになるのか。

自動運転の技術が車に取り入れられた際にも、事故が発生した際には保険をどのように適用するのか、免許の「減点」はどうなるのかなど、AIと人間の境界線は実用化に向けて目をそらせない議論だ。

今回は、人間とAIが創り出したコンテンツのあり方を考察していこう。


※1:決算サマリー
※2:Botnik Studios

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

“産業と社会を変えるデジタライゼーション”がテーマ「第5回 IoT/AI ビジネスカンファレンス」開催レポート
AWSとAzureのエッジコンピューティング戦略(前編)
JEITAがサーバ需要の「質の変化」を解説、IoT・AI・機械学習の台頭で何が変わるか
東芝“新中計”は踏み込み不足、構造改革を遅らせる「内輪の論理」
NTTデータCCS、ビーコン/IoTソリューション分野でAC&Mと提携、位置測位サービスを拡充
TrustZone対応マイコン、声を拾う加速度センサー STが展示
IIJ、フルMVNOサービスでLTE-Mの接続確認を実施
宅配ボックス、EV充電器、シェア自転車などに決済や制御を追加できるIoT装置「NEC Digital Concierge」 NECから
魅力あるIoTエッジの開発アプローチに垣間見るプラットフォーム提供の在り方
NTT東が中小工場向けIoTパッケージ――トライアルでは4%の稼働率向上を実現
AIによる自律化、クラウド化、そしてサービス化が進むストレージの現在と未来
環境発電で動作するコントローラー、ルネサスがSOTBを初適用
KDDI、富士山遭難者救助にドローンを活用
ヤマザキマザック、IoTを活用したコネクテッドサービス「Mazak iCONNECT」を2019年4月より提供開始
IoT向けネットワークLoRaWAN、普及のために日本の協会が設立
OKI、固定網/PHSからLTEへのマイグレーションを実現する「マルチキャリア対応音声IoTゲートウェイ」を販売開始

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。