IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.11.14

「デス・バイ・アマゾン」を乗り越える処方箋
IoT時代、<リアル店舗の役割>が変わる

BY

 リアル店舗であろうと、TVCM、ウェブサイト、アプリであろうと、あらゆるブランド接点でお客さまを楽しませたり、ディライト体験を提供したりすることによってお客さまの注目を集めたい。

 そして、モノやサービスの購入やリピートにつなげたい。

 アップル社の経営陣はそう考えているに違いない。

 今年の夏に全国の「アップル」が開催した子供向けワークショップ「サマーキャンプ」では、8歳から12歳までの小学生を対象とし、iPadやMacを使って動画制作を学ぶ、効果音やマルチタッチ機能を使ったインタラクティブブック作りに挑戦するなどを、1回90分のセッションで3日間行なっている。

 子供は大人に比べるとリアクションがストレートだ。

「アップル」内ではワークショップのスペースはオープンだから、他の来場者に対するプレゼンテーション効果も十分に期待できる。

 また、同伴する子供の親も来場させることができるので、家族単位でアップル・ロイヤルティを醸成できる、というメリットもある。

 ワークショップを通じ、バーチャルなウェブサイトでは体験できない、ワクワク感や達成感を「アップル」ならではの売りとして押し出すことで、デス・バイ・アマゾンの轍は踏むまい、というアップル社のしたたかな戦略が透けて見えるようだ。

人間ならではの発想や価値の提供が「デス・バイ・アマゾン」の処方箋

「アップル」に限らず、近い将来、多くのリアル店舗にはAIが導入され、接客シーンの多くは対話型のAIロボットが担当するようになるだろう。

 また、Amazon GoのようにNFC(近距離無線通信)とスマートフォンのアプリが連動して、「レジ」は全廃され、言葉自体が死語になると予想される。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

住友電工とNECがモビリティ事業で協業を開始 - AI・IoT技術を活用
NEC、IoTサービスを自動分類--データ通信の特徴をAIで解析
AIや自動運転などを支えるGPUの役割--NVIDIAが「CNET Japan Live 2018」で解説
斜面変化が水路設備に与える影響をセンサで監視--東京発電、水力発電所で実証実験
xTech:次の主戦場はヘルスケア領域か?【iNTERNET magazine Reboot】
IoTで洗い物忘れなどを防ぐ「IoT学生寮」が6月から--NEWVERYとand factory
KDDIのトイレ空室管理サービス、多目的トイレでも利用可能に
スペクトラム・テクノロジー、「AWS IoT開発キット」の販売を開始
NEC、トラフィックの特徴からIoTサービスを自動的に分類する製品 | IT Leaders
シーメンス、産業用IoT基盤「MindSphere」の最新版「3.0」の提供を開始
“コネクテッド家電”に注力する日立、ロボ掃除機の最新型『minimaru』は今どうなっているのか?
東電、IoT活用の火力発電所運用支援サービス
目指すは超スマート社会 - バージョン2.0を目指すCEATEC JAPAN
KDDI、au HOMEの「おすすめセットプラン」契約でWALLETポイント還元
GE、電力・ヘルスケアのIoT技術でオリンピック2018冬季大会をサポート
IoT人気記事ランキング|ファナック・日立・Preferred Networks、インテリジェント・エッジ・システムの開発で新会社を設立など[1/29-2/4]

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。