IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.11.14

「デス・バイ・アマゾン」を乗り越える処方箋
IoT時代、<リアル店舗の役割>が変わる

BY

 リアル店舗であろうと、TVCM、ウェブサイト、アプリであろうと、あらゆるブランド接点でお客さまを楽しませたり、ディライト体験を提供したりすることによってお客さまの注目を集めたい。

 そして、モノやサービスの購入やリピートにつなげたい。

 アップル社の経営陣はそう考えているに違いない。

 今年の夏に全国の「アップル」が開催した子供向けワークショップ「サマーキャンプ」では、8歳から12歳までの小学生を対象とし、iPadやMacを使って動画制作を学ぶ、効果音やマルチタッチ機能を使ったインタラクティブブック作りに挑戦するなどを、1回90分のセッションで3日間行なっている。

 子供は大人に比べるとリアクションがストレートだ。

「アップル」内ではワークショップのスペースはオープンだから、他の来場者に対するプレゼンテーション効果も十分に期待できる。

 また、同伴する子供の親も来場させることができるので、家族単位でアップル・ロイヤルティを醸成できる、というメリットもある。

 ワークショップを通じ、バーチャルなウェブサイトでは体験できない、ワクワク感や達成感を「アップル」ならではの売りとして押し出すことで、デス・バイ・アマゾンの轍は踏むまい、というアップル社のしたたかな戦略が透けて見えるようだ。

人間ならではの発想や価値の提供が「デス・バイ・アマゾン」の処方箋

「アップル」に限らず、近い将来、多くのリアル店舗にはAIが導入され、接客シーンの多くは対話型のAIロボットが担当するようになるだろう。

 また、Amazon GoのようにNFC(近距離無線通信)とスマートフォンのアプリが連動して、「レジ」は全廃され、言葉自体が死語になると予想される。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

IoT開発支援「mockmock」、「データレコーダー」プレビュー版が公開
ドコモと伊藤忠、米国でIoTを使って傭車の運行を見える化する実証実験を実施へ
Windows 10の最新情報を知らせるイベント
鍵のIoTで変わる不動産業界、スマートロック「NinjaLock M」を内覧した
AI・ビッグデータ・ブロックチェーンによる第四次産業革命とは? 〜FLOCの一般向け無料セミナーで学ぶ「教養としてのテクノロジー講座」
高度なIoT機器のセキュリティ検証の低コスト化を支援、ユビキタスAIコーポレーション
STマイクロ、生産設備の予知保全などを可能に
国内IoTエッジインフラベンダー選定基準、「IoTの技術力」「ユーザー業務の理解度」を優先――IDCがユーザー調査
SIGFOXの測位技術で物流資材管理、アルプスのIoTタグ
凸版印刷とACCESS、LPWA新規格「ZETA」で協業
FPGAでエッジAIを高速に、NECが専用ツールをデモ
配送車両の運行状況を自動で収集する物流向けIoTサービス、米国で実証実験
製造現場向けAI×IoTサービス提供のスカイディスク、シリーズCで8社から8.6億円を調達——製造関連3社とAI活用の分野別パッケージ開発で協業
省電力ボードで組み込みビジョンを実現
「IoTの導入=コストダウンや効率化」でこぢんまりしてていいの?――IoTネットワーク、LoRaWANビジネスの現状
東芝情報システム、ソフトの流出や模倣を防止

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。