IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.11.14

「デス・バイ・アマゾン」を乗り越える処方箋
IoT時代、<リアル店舗の役割>が変わる

BY

 それでは、人間が関与するブランド接点は必要なくなるか、といえばそうではないだろう。

AIは人間の仕事を奪うのか?歴史が示す意外な事実」で書いた通り、AIやIoTの導入が進めば進むほど、むしろ逆に「人間ならではの発想や価値の提供」が見直され、ブランドのプレミアム価値の担保になるのではないか、と著者は確信している。

【参考】「AIは人間の仕事を奪うのか?歴史が示す意外な事実

「デス・バイ・アマゾン」の54社すべてがアマゾンの軍門に降れば別だが、数の上で40%程度にまで淘汰されることはあっても、「人間ならではの発想や価値の提供」に気づいた数社がアップル社のように知恵を働かせて、豊かなリアルのブランド体験を創出するだろう。

 再び光を放つ存在として、アマゾンに一矢報いる可能性もある。

 例えば、日本でも26店舗を展開するコストコ・ホールセール。

 その規模感や実演販売の豊富さなどで、あたかもテーマパークに来場したかのようなリアル体験を味わうことができる。

 そこでは、ディスニーランドにおけるキャストのような存在の店員が、その個性をあえて圧し殺さないことで、お客さまのユニークなコストコ体験の創出に重要な機能と役割を果たしているように見える。

 そういう意味では、アマゾンが買収した高級スーパーのホールフーズ・マーケットの今後の変貌ぶりには興味が尽きない。

「人間ならではの発想や価値の提供」をキープしつつ、プレミアム感で定評のあるリアル店舗にネット通販の持つ効率やスピード感を注入することによって、アマゾンはどういったブランド体験を創出していくのか。

「デス・バイ・アマゾン」は、実は破壊のストーリーではなく、創造のドラマのプロローグなのかもしれない。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

IoT人気記事ランキング|日本語対応のAmazon Echoが販売開始、IoTとAIで物流を再定義することで生まれる、小売や飲食業を巻き込んだビジネスチャンス[Premium] など[11/6-11/12]
成長事業の柱に育てるKDDIのIoTビジネス戦略
ThingWorxはもはや単なるIoTプラットフォームではない - PTCのCEOが語った新たな方向性
日立がLumadaのプログラミングツールに採用した「Node-RED」とは | IT Leaders
ルネサス、セキュリティ強化したIIoT用MCU
IoTセキュリティのポイントとは?
公共事業費が減少に転じる「東京五輪後」、インフラ保全の解決策は“人工知能とIoT”
サンワサプライ、Raspberry Piで使用できるセンサーキット「80-RPSET3」を発売
センサーを使わず、電波だけでIoTを実現する -Origin Wireless Japan CEO 丸茂氏インタビュー
総務省が「IoT新時代の未来づくり検討委員会」を設置
「ウクライナの大停電は阻止できた」、ウインドリバーがIoTセキュリティの説明会
「猟師のカン」を見える化! 狩猟罠とIoTセンサー連携の「スマートトラップ」
NEC、デジタルトランスフォーメーションの取り組みを強化- 新製品4種を販売
IoTセキュリティ市場、2021年まで年平均19.3%で成長--IDC予想
ウインドリバーがIoTデバイス管理「Helix Device Cloud」を強化、オンプレミスで利用可能に | IT Leaders
国内中堅中小企業においても「第3のプラットフォーム市場」の支出規模は堅調に拡大~IDC Japan調査

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。