IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.11.14

「デス・バイ・アマゾン」を乗り越える処方箋
IoT時代、<リアル店舗の役割>が変わる

BY

 それでは、人間が関与するブランド接点は必要なくなるか、といえばそうではないだろう。

AIは人間の仕事を奪うのか?歴史が示す意外な事実」で書いた通り、AIやIoTの導入が進めば進むほど、むしろ逆に「人間ならではの発想や価値の提供」が見直され、ブランドのプレミアム価値の担保になるのではないか、と著者は確信している。

【参考】「AIは人間の仕事を奪うのか?歴史が示す意外な事実

「デス・バイ・アマゾン」の54社すべてがアマゾンの軍門に降れば別だが、数の上で40%程度にまで淘汰されることはあっても、「人間ならではの発想や価値の提供」に気づいた数社がアップル社のように知恵を働かせて、豊かなリアルのブランド体験を創出するだろう。

 再び光を放つ存在として、アマゾンに一矢報いる可能性もある。

 例えば、日本でも26店舗を展開するコストコ・ホールセール。

 その規模感や実演販売の豊富さなどで、あたかもテーマパークに来場したかのようなリアル体験を味わうことができる。

 そこでは、ディスニーランドにおけるキャストのような存在の店員が、その個性をあえて圧し殺さないことで、お客さまのユニークなコストコ体験の創出に重要な機能と役割を果たしているように見える。

 そういう意味では、アマゾンが買収した高級スーパーのホールフーズ・マーケットの今後の変貌ぶりには興味が尽きない。

「人間ならではの発想や価値の提供」をキープしつつ、プレミアム感で定評のあるリアル店舗にネット通販の持つ効率やスピード感を注入することによって、アマゾンはどういったブランド体験を創出していくのか。

「デス・バイ・アマゾン」は、実は破壊のストーリーではなく、創造のドラマのプロローグなのかもしれない。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

KDDIと豊岡市が水位センサーによる水田管理省力化実証事業を開始
日立とアマダが協創開始、IoTを活用してスマートファクトリー目指す
パナソニック佐賀工場は2つの顔を持つ、全長100mの生産フロアで見たスマート工場の可能性
地域密着型のサービス体制、“光回線+Wi-Fi & LPWA”で新たなビジネス展開を - NTT東日本の強みを活かしたIoTサービスソリューション
ラック、「IoTセキュリティ診断サービス」提供開始
KDDI、東南アジア・中東でリアルタイム車両管理サービス「Cariot」を展開
IoTシステムのセキュリティ対策を支援、EGセキュアソリューションズがコンサルティング提供開始
富士通研、IoTへのサイバー攻撃の影響を最小化する技術を開発
ラック、「IoTセキュリティ診断サービス」を開始
工場やビルのIoT化を強く支援する自営型IoT無線ネットワーク
KDDI、「豊岡市スマート農業プロジェクト」を開始
”プラットフォーム時代”、私たちの町はどう変わってゆくのか? ―八子知礼 x 小泉耕二[Premium]
映像IoTニーズの高まりに伴うデータ容量の課題を解決!
事例で学ぶ、 Microsoft Azure活用術 ~IoT編~ 第2回 クラウドを活用した工場の IoT 化で、生産能力を 11% 向上。磨きのかかった“高生産性”を武器に 日本のものづくりを支える、久野金属工業
インターポレーション、統合型IoTプラットフォーム「Interpolation Platform」を提供
IoTは、データとアナリティクスにどのような影響を与えるか

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。