IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.11.14

「デス・バイ・アマゾン」を乗り越える処方箋
IoT時代、<リアル店舗の役割>が変わる

BY

「店舗=販売の場」という固定観念から自由になる

 モノやサービスの成熟化・同質化が進む中、ブランド差別化のドライバーとして「ブランド体験価値」(エクスペリエンス)が注目されている。

 モノやサービスを「売ることがゴール」だった時代から、「売ってお客さまにどう感じてもらうかがゴール」になる時代。

 企業は、お客さまの気持ちの変化に寄り添い、お客さまの体験が豊かになる方向であらゆるブランド接点(つまりマーケティングプロセス全般)を検証し、刷新していくための活動が求められるようになるのである。

 かつては、お客さまにモノやサービスを届けるのには「店舗」というリアルなブランド接点が不可欠だった。

 しかし、インターネットが普及して以降、モノのデリバリーはもちろん、航空券やホテルの手配だけではなく、生命保険や投資信託のように相当複雑なサービスまでもがウェブサイトで提供できるようになってきている。

 今一度、お客さまのブランド体験の旅(カスタマージャーニー)の中でのリアル店舗の役割を考え直してみよう。

 販売の場としてのリアル店舗の役割を、土地・建物代や販売員の人件費の一切かからないウェブサイトで代替できてしまう場合、企業の経営者の選択肢はおそらく次の2つである。

 戦略的にリアル店舗での販売比率を縮小し、ネット通販のウエートを短期間で高めていくか。

 あるいは、リアル店舗に別の役割を持たせることで、お客さまのブランド体験をより豊かにしていくか。

 前者は、日本のユニクロやGUを運営するファーストリテイリングが真剣に考えている打ち手である。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

「LPWAが抱える課題の大半を解決」 IoT向けWi-Fiの実用化を目指す「802.11ah推進協議会」発足
東芝デジタルソリューションズとキヤノン、スマートファクトリー分野で協業
準備で「8割」? “ビッグデータの末路”から日本を救うには
「デジタルヘルス推進室」を設置したマイクロソフトの戦略とは…(デジタルヘルスDAYS 2018)
リアルタイム画像認識を実践!! UP square + AI Coreでディープラーニング推論
IoT家電の“脱インターネット”? パナソニックとソフトバンクが実証実験
パナソニックホームズ、都市型IoT住宅「カサート アーバン」発売--「HomeX」搭載
富士通と上海信投、中国で介護サービス創出を推進(ニュース)
富士通、4つのテーマにフォーカスした法人向けイベント「Fujitsu Insight 2018」を開催
パナソニックとソフトバンク、NB-IoTを活用したIoT家電の実証実験を大阪で
「ドコモ・アジアIoTプログラム」が始動、15カ国のモバイルキャリアが参加表明
京セラ谷本社長「車載領域の研究開発を加速していく」
FIWAREとは何か? 基礎からわかるスマートシティ標準のIoTプラットフォーム
【10月の人気記事TOP10】5G公開ヒアリング、IoT向け新技術「NIDD」が上位に
農業IoTに手を出しづらい理由とは?就農者とIT技術者をつなぐ農業活用コミュニティ
酒造りのノウハウをIoTで数値化 データと映像で品質向上と技術伝承――寒梅酒造、NTT東日本らと実証実験

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。