IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.11.14

「デス・バイ・アマゾン」を乗り越える処方箋
IoT時代、<リアル店舗の役割>が変わる

BY

「店舗=販売の場」という固定観念から自由になる

 モノやサービスの成熟化・同質化が進む中、ブランド差別化のドライバーとして「ブランド体験価値」(エクスペリエンス)が注目されている。

 モノやサービスを「売ることがゴール」だった時代から、「売ってお客さまにどう感じてもらうかがゴール」になる時代。

 企業は、お客さまの気持ちの変化に寄り添い、お客さまの体験が豊かになる方向であらゆるブランド接点(つまりマーケティングプロセス全般)を検証し、刷新していくための活動が求められるようになるのである。

 かつては、お客さまにモノやサービスを届けるのには「店舗」というリアルなブランド接点が不可欠だった。

 しかし、インターネットが普及して以降、モノのデリバリーはもちろん、航空券やホテルの手配だけではなく、生命保険や投資信託のように相当複雑なサービスまでもがウェブサイトで提供できるようになってきている。

 今一度、お客さまのブランド体験の旅(カスタマージャーニー)の中でのリアル店舗の役割を考え直してみよう。

 販売の場としてのリアル店舗の役割を、土地・建物代や販売員の人件費の一切かからないウェブサイトで代替できてしまう場合、企業の経営者の選択肢はおそらく次の2つである。

 戦略的にリアル店舗での販売比率を縮小し、ネット通販のウエートを短期間で高めていくか。

 あるいは、リアル店舗に別の役割を持たせることで、お客さまのブランド体験をより豊かにしていくか。

 前者は、日本のユニクロやGUを運営するファーストリテイリングが真剣に考えている打ち手である。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

自社サービス専用のIoTボタンを手軽に開発可能に、ソラコムがボタン型デバイス
Google、Android Thingsをスマートスピーカーとスマートディスプレイ向けに路線変更
【クローズアップ】 「近大マダイ」の養殖にマイクロソフトのAIを活用 近畿大学水産研究所の現場レポート
CyberBull、小売店の販促支援する専門組織を新設 IoTやAIを活用したプロダクト開発にも着手
IoTへのサイバー攻撃深刻化に対処、総務省/NICT「NOTICE」が始動
総務省のIoT機器調査は「監視社会」の始まりか--議論が起きた理由
テュフ ラインランド ジャパン、サイバー攻撃に強いIoT機器開発支援で「IoT機器セキュリティ対策サービス」を開始
GoogleがIoT用プラットフォーム「Android Things」開発計画を大幅にトーンダウン
Google、IoT向けOS「Android Things」をスピーカーとディスプレイに縮小
グーグルのIoT用OS「Android Things」、スピーカとディスプレイに注力へ
NECネッツエスアイ、効率的なビル運営や快適なオフィス環境を支援する次世代設備管理ソリューション「Nets-Butics」を発表
MQTTとHiveMQ 4によるスケーラブルで信頼性の高いIoTアプリの開発
中小企業がIoTを使いこなすまで--東京都が進める支援事業の狙い
IoTを月額課金で始められるWebストア、ソラコムなど3社が立ち上げ
日本政府がIoT機器に無差別侵入/投稿論文に見るAI研究のトレンド
OTとITの融合へ本格的に取り組む--日本ヒューレット・パッカードが新製品群

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。