IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2017.07.27

仲介業者はAIに殺されるのか? 不動産テック最前線
不動産テック最前線6社合同イベントレポート

BY

AIによる自動応対システムは24時間稼働可能

イタンジ 代表取締役CEO・伊藤嘉盛氏は、同社が提供する3つのサービスについてプレゼンテーションを実施。そのひとつが、賃貸仲介業者向けサービス「自動追客&顧客管理 nomad(ノマドクラウド)」だ。

イタンジ代表取締役CEO・伊藤嘉盛氏

サービス概要は、賃貸物件を探している顧客が、仲介業者のアプリや公式LINEアカウントを通して、賃貸物件についての質問をすると、AIが自動で返信。その後、顧客の希望に合った物件をノマドクラウドが自動で選定し、AIが提案するというもの。実際の内見案内などの接客は、仲介業者が行うという。

そして、顧客の問い合わせ内容をクラウド上で管理し、オススメ物件情報などをユーザーに自動配信するなど、これまで仲介業者が行っていた業務を大幅に効率化できるのが、ノマドクラウドの最大の特徴だ。AIが回答可能な質問は、約60%。簡単な質問ならば、24時間いつでもユーザーからの質問に対応することが可能だという。

そのほか「空室状況」「内見申請」など、仲介会社からの問い合わせに、自動音声で対応する不動産管理会社向けサービスの「ぶっかくん」や、仲介会社からの内見希望電話を自動化する「内見予約くん」など、多方面から業務の効率化をはかるのが、同社のサービスだ。

「これまでは、仲介業者は管理会社に物件の空室状況を電話で確認を取り、お客さまと検討。それから、内見に行く場合は担当者の名刺をFAXで管理会社に送付し、身元を確認してから、暗証番号を教えるという手順が必要でした。こうした煩雑かつルーティーンな部分を自動化するのが『ぶっかくん』と『内見予約くん』なのです」(イタンジ代表取締役CEO・伊藤嘉盛氏)

イタンジでは、仲介業を自動化するにあたり、同社所属のエンジニア自ら宅地建物取引業免許を取得。「nomad(ノマド)」という不動産賃貸アプリをリリースし、自社で仲介業を行ったうえで、それぞれの事業者向けのサービスを開発したという。そのため“自動化できる領域”と“人が担う領域”を見極めることができた。

「イタンジは、テクノロジーの力によって不動産業界に変革を起こしたいという意志をもって立ち上げた会社です。私たちはAIと共生する世界を作っていきたいと考えています。人間ができる部分は人が活躍できるようにシステムがフォローし、お互いに住み分けを進めることが目的です」(同)

賃貸物件オーナーとの交渉や物件案内など、顧客との密なコミュニケーションが必要な仕事は人間が担当。管理会社が行う物件確認の電話受付や、仲介業者が行う契約書の作成、物件マッチングなどの事務作業は自動化しやすく、AIに任せることが可能だという。人とAI、それぞれの得意分野を活かしながら働くことができるのだ。

個別の質問タイムでは「不動産業界の自動化が進み、顧客自ら『ぶっかくん』や『内見予約くん』を通して管理会社とアクセスできるようになれば、仲介業そのものがなくなるのでは」と、伊藤氏は語った。

JBPRESS

あわせてお読みください

イノベーション

50万円が数千万円に。投資家に聞くビットコインの現状

スマートホームの普及を阻む壁を突破するには:佐野正弘のITトレンドウォッチ

IoTを活用した燃料給油サービス、アクティオが今秋より開始

丸紅無線通信、ノキアの通信基盤でグローバルIoT通信サービス開始

PCやスマホに必要なセキュリティー対策とは?

農業にも活用されるHKSのIoTコネクティッドサービス

人手不足、過疎化に悩む地方と親和性が高い? IoTのビジネスモデル考察

IoTに適したWi-Fi「802.11ah」の実証実験が国内でスタート、まずワイヤレスジャパン会場で

NTT東日本が農業専業の新会社「NTTアグリテクノロジー」設立

コベルコ建機×日本マイクロソフト、建設現場のテレワークシステム推進で協業

医療用IoTポンプを例に、セキュリティー確保の手法を学ぶ(医療機器に迫るセキュリティーの脅威)

トーク配信アプリ「Radiotalk」、毎日放送系のMBSイノベーションドライブから約1億円を調達し業務提携

ワンボードマイコンのArduinoボード、新Nanoファミリー4モデルを発表。9.9ドルから

シャープ、各種「COCOROアプリ」と連携するプラットフォーム「COCORO HOME」発表 ~AIoT機器が他社製品やサービスとも連携可能に

シャープがスマートホームサービスを発表 消費増税“後”に照準

シーメンスとSAS、エッジとクラウド対応のIoTソリューション分野で提携

AIやIoT、クラウドによる製造業のデジタル変革--マイクロソフトと製造3社の事例

コニカミノルタと日本MS、AI/IoTを使った業種特化サービス開発と外販で協業

住友ゴム、デジタルツールを用いたタイヤ管理ソリューションを展開 IoT開発企業2社と提携

パナソニック、MaaS社会を睨みIoT電動アシスト自転車の実証実験を開始

実証実験に必要なすべてが揃うプラットフォーム「イノベーションフィールド柏の葉」 | IT Leaders

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

スマートホームの普及を阻む壁を突破するには:佐野正弘のITトレンドウォッチ

IoTを活用した燃料給油サービス、アクティオが今秋より開始

丸紅無線通信、ノキアの通信基盤でグローバルIoT通信サービス開始

PCやスマホに必要なセキュリティー対策とは?

農業にも活用されるHKSのIoTコネクティッドサービス

人手不足、過疎化に悩む地方と親和性が高い? IoTのビジネスモデル考察

IoTに適したWi-Fi「802.11ah」の実証実験が国内でスタート、まずワイヤレスジャパン会場で

NTT東日本が農業専業の新会社「NTTアグリテクノロジー」設立

コベルコ建機×日本マイクロソフト、建設現場のテレワークシステム推進で協業

医療用IoTポンプを例に、セキュリティー確保の手法を学ぶ(医療機器に迫るセキュリティーの脅威)

トーク配信アプリ「Radiotalk」、毎日放送系のMBSイノベーションドライブから約1億円を調達し業務提携

ワンボードマイコンのArduinoボード、新Nanoファミリー4モデルを発表。9.9ドルから

シャープ、各種「COCOROアプリ」と連携するプラットフォーム「COCORO HOME」発表 ~AIoT機器が他社製品やサービスとも連携可能に

シャープがスマートホームサービスを発表 消費増税“後”に照準

シーメンスとSAS、エッジとクラウド対応のIoTソリューション分野で提携

AIやIoT、クラウドによる製造業のデジタル変革--マイクロソフトと製造3社の事例

コニカミノルタと日本MS、AI/IoTを使った業種特化サービス開発と外販で協業

住友ゴム、デジタルツールを用いたタイヤ管理ソリューションを展開 IoT開発企業2社と提携

パナソニック、MaaS社会を睨みIoT電動アシスト自転車の実証実験を開始

実証実験に必要なすべてが揃うプラットフォーム「イノベーションフィールド柏の葉」 | IT Leaders

IoTニュース

コニカミノルタと日本MS、AI/IoTを使った業種特化サービス開発と外販で協業
住友ゴム、デジタルツールを用いたタイヤ管理ソリューションを展開 IoT開発企業2社と提携
パナソニック、MaaS社会を睨みIoT電動アシスト自転車の実証実験を開始
実証実験に必要なすべてが揃うプラットフォーム「イノベーションフィールド柏の葉」 | IT Leaders
2019年に本格化が予想されるIoT活用
パナソニック、IoT電動アシスト自転車の実証実験--スマホで開錠、GPSで追尾
コニカミノルタ、AIを活用したデジタル変革で日本マイクロソフトと協業 | IT Leaders
内訳まで詳解、なぜPoCから本格導入されたのは「たった4%」だったのか
IoT時代の無線化オフィス――最新技術でトラブル解決、パフォーマンス向上
東京建物ら3社、スマートビルディング実現に向けIoT活用環境整備を推進
Sigfoxで物流コストを削減、KCCSとホシデンが実証実験
IBC、IoTセキュリティ基盤「kusabi」の実証実験を支援するサービス
【IoT時代の無線通信技術「LPWA」とは?】(第10回)メッシュ対応で最大300kbpsの「Wi-SUN HAN」【ネット新技術】
スマートビール:従来のビール醸造がインダストリー4.0に出会う時
「ライオンズ蒲田レジデンス」にスマートロック、AI管理人を導入--AI、IoTマンション販売開始へ
IoT技術でデータセンター管理を効率化――、シュナイダーエレクトリックの「EcoStruxure」

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。