IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.05.17

モバイルワーク導入のカルビーに聞く、多様化する働き方
業績は右肩あがり。新体制で挑む「働き方改革」とは

BY

週に何度でも、好きな場所で働けるモバイルワークを導入

近年、労働人口の減少や長時間労働の問題など、ワーク・ライフ・バランスの見直しを求める日本政府によって“働き方改革”が推進されている。さまざまなモノがネットワークにつながり、デジタル化が加速したことで働き方が多様化する今、大手菓子メーカーのカルビー株式会社(以下、カルビー)が時代の潮流に乗って、新たに導入したモバイルワーク制度に注目が集まっている。

カルビーが4月1日から、自宅に限らず、近所のカフェなど場所を問わず勤務することができる「モバイルワーク」という働き方を開始。多くの社員を抱えるカルビーが取り組むモバイルワークの概要や導入の経緯について、カルビー執行役員・人事総務本部本部長の江木忍氏(以下、江木氏)に話を聞いた。

カルビー株式会社・執行役員人事総務本部本部長・江木忍氏

「弊社のモバイルワークは、新卒入社3年以内の社員を除いた、オフィスワークの社員が利用できる制度です。モバイルワークの申請に必要なのは、直属の上司の許可のみなので、人事部の認可などの面倒な手続きはありません」(江木氏)

モバイルワーク制度の利用を求める従業員が申請書を直属の上司に提出し“社外でも自立して仕事ができる人物”と認められた社員に制度の利用許可が下り、週に何度でもモバイルワークが可能になるという。

「実際にモバイルワークをする際は、その旨と予定の業務内容を上司にメールで前日までに連絡を入れるだけ。当日には『これから仕事を始めます』と、上司に一通メールを送ります。その翌日に仕事の成果を簡単に報告するまでが、モバイルワークの基本的な流れです」

それぞれの一日のスケジュールは部署ごとに自社内のシステムで共有している。7年前からフリーアドレス制度を実施しているため、社員の所在は同システムでの把握が習慣化しているという。

「会社から支給されたノートPCとスマホがあれば滞りなく仕事ができる状態になっているので、特別なシステムは導入していません。また、モバイルワークしている日に会議がある場合はスマホを使ってテレカン(遠隔地会議)で参加するなど、個人個人が柔軟に対応していますね」

どこでも自由に仕事ができる時代、さまざまなデバイスを最大限に活用できるのも、モバイルワークの特徴なのだ。そのほかにも、同制度には多くのメリットがあるという。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

LoRaで静止画を送るAIカメラ付きLED屋外照明――電源不要でコストは「従来の50%以下」
協和エクシオ、Azure IoT Edge活用のエッジ画像処理を実証へ
2019年のデジタル変革の方向性--AI、ロボット、IoTが中心に
倉敷中央病院が目指すブリリアントホスピタルとは?(デジタルヘルス・インサイド)
ミツフジ、生体情報管理サービスに「IBM Maximo Worker Insights」を採用
OKI、マルチキャリア対応の「音声IoTゲートウェイ」を販売
日本人はAIやIoT活用の自動化サービス利用に前向きで寛容--VMware調査
AWSとAzureのエッジコンピューティング戦略(後編) Azure IoT Edgeとは?
NEC、公共施設の機器を無人サービス化--EV用充電器や宅配ボックスなどに組み込み
工場/IIoT環境向け小型UPS、APCブランドでシュナイダーが発売
凸版印刷、センサと床材を一体化した「ロケーションフロア」開発--「トッパンIoT建材」開始
NI+C、ミツフジのウェアラブルIoT「hamon」と「IBM Maximo Worker Insights」を組み合わせた安全管理・見守りソリューションを提供
NTTデータCCS、Beacon/IoT分野でAC&Mと資本・業務提携 | IT Leaders
“産業と社会を変えるデジタライゼーション”がテーマ「第5回 IoT/AI ビジネスカンファレンス」開催レポート
AWSとAzureのエッジコンピューティング戦略(前編)
JEITAがサーバ需要の「質の変化」を解説、IoT・AI・機械学習の台頭で何が変わるか

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。