IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.05.12

開発環境のオープン化で幕を開ける本格的AI時代
インテルのAI技術は買収と協業でより強固なプラットフォームに

BY

4月6日に開催された「インテル AI Day」の様子。

 人工知能(AI)、機械学習、ディープラーニングといった言葉は、もはやIT業界のみならず、さまざまな業界で通じるビジネス用語になってきた。

 AIを利用する側の企業が増えてきたのはもちろん、開発側でも国内外のプレイヤーが群雄割拠し、ハードウエア、ソフトウエアの開発や実用化に邁進している。いくつものスタートアップ企業が立ち上がり、企業買収や企業同士の連携の動きも活発だ。

 その中で、ITの老舗企業は、AI時代の到来に向けてどのように舵を切るのだろうか。

 4月6日、「インテル AI Day」と称して、インテルのAI戦略をパートナー企業などと一緒に語り合うシンポジウムが催された。インテルの描くAI戦略とは一体どのようなものなのか。

インテルNervanaテクノロジーの活用

「医療、特にヘルスケアの例では、網膜というのはさまざまな疾患の初期症状が現れる組織として知られています。たとえば糖尿病であれば、実は眼底の画像を撮ると、網膜の中に血管がにじんでいたりします。これによってかなり早い時期に、糖尿病の初期症状を特定できるということです」

 こう語るのは、インテル AI製品事業本部 副社長 兼 最高技術責任者(CTO)のアミール・コスロウシャキ氏。こういった検査にもAIを導入することによって、スピーディにかつ正確に、重大な病気の初期症状を発見できるという。

インテル AI製品事業本部 副社長 兼 最高技術責任者(CTO)のアミール・コスロウシャキ氏。
JBPRESS

あわせてお読みください

注目連載

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

あわせてお読みください

IoTニュース

紛失防止タグ「MAMORIO」は失くさないためのIoT追跡ツール
Wi-RANシステムによる遠隔地及び中継地の情報同時収集試験成功
ダイキン工業に聞くIoT戦略、現場で実現した「25年前からの発想転換」とは
自動車産業に変革をもたらすデータ爆発 - インテルが自動運転に注力する理由
サムスン、IoT向けプロセッサ「Exynos i T200」の量産を開始
ドコモ、横浜市らとIoTスマートホームを活用した未来の家プロジェクト開始
旅行者向けIoTデバイス「TATERU Phone」の多言語音声翻訳機能を実証実験
NEC、AIで製造現場の検品業務を省力化するソリューションを販売開始
セゾン情報、IoTの接続検証施設「HULFT IoT PoC Lab.」を開設
IoTで重要なのは「データをためておくこと」--オープンイノベーションコミュニティの成果
アパートにIoT機器を手軽に導入できるキット、大家さん向けに展開 
【特別企画】富士通クラウドテクノロジーズ - ニフティクラウド&IoTのブースが盛況
Mobility × IoT × FinTechベンチャーのGMS  フィリピン国パラニャーケ市と提携
IoTで生活を快適に 横浜市×ドコモ「未来の家プロジェクト」実証実験開始
エッジ型IoTをノンプログラミングで――、インフォテリアのIoTプラットフォーム「Gravio」
インターネットに対応したドリルの安全性は?

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。