IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2017.04.10

チャットボットが生活を変える!? スマートハウスとの連携も
LINE BOT AWARDS決勝大会報告・前編

BY

最近、チャットボットが注目を集めている。2015年にサービスを開始したMicrosoftの「りんな」はユーザー数を爆発的に増やし、企業とのコラボレーションやテレビドラマ出演を果たすなど、1つの人格として活動を展開。まさに、人工知能という言葉が持つイメージを具現化していった好例と言えるだろう。

コミュニケーションツールとして高い普及率を誇るLINEは、そんなチャットボットをプログラミングできる「LINE Messaging API」を使った開発コンテスト「LINE BOT AWARDS」の決勝大会を2017年3月18日に開催した。グランプリには1,000万円という大きな賞金が出るということもあって、国内外の企業・個人から815件の応募があった。

決勝大会では、最終候補となった24チームが自身の作品を有識者などの審査員に対してプレゼンテーションを行った。審査の結果、グランプリは身体の不自由な人を周囲の人が手助けすることを支援する「&HAND(アンドハンド)」が受賞した。

グランプリを受賞した「&HAND」。詳細は後編にて

このイベントの様子を、前後編に渡って紹介していく。
前編では、決勝大会に先駆けて行われたLT大会について触れたいと思う。
 

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

「IoTの雄」ソラコム、通信大手の中でKDDI傘下の道を選んだ理由
IoTレンタル自転車「Mobike」札幌でスタート-地元企業と協業し駐輪場を設置
テープストレージ市場の縮小も見直し気運に期待--IDC調査
IoT時代、メトロネットワークはどう革新されるか?
Mobike、IoT自転車によるシェアバイクサービスを札幌市で開始
IoT人気記事ランキング|コマツのIoTプラットフォームLANDLOG、リンクジャパン、既存エアコンをIoT化するデバイスeRemote proなど[8/7-8/13]
自動運転の海洋版「自動運航船」、超ド級規模で出航へ
IoTで富士山登山者数を見える化 - KDDIと御殿場市が実証実験
アキバで買った50円のセンサーで4億円の削減効果! 中小製造業のIoT成功例
各種IoTモジュールを差し替え可能なスマート壁コンセント「Swidget」
充電&トラッキング機能搭載! 日本初の国産スマートラゲージ「マックスパス スマート」先行販売開始
5年以内に世界には44兆個のカメラが存在する社会になるという予測
KDDIとつくる“日本発グローバル基盤”--「ソラコムらしさがなくなることはない」
NTTデータ、MIRACLE LINUXらとIoT×エッジコンピューティング分野で協業
JVCケンウッド、次世代IoTソリューションとしてタクシー配車システム開発
KDDI、富士登山をサポートするIoTを活用した実証実験

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。