IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

コミュニケーション
2017.01.13

大辻雄介の「教育のIoT思議」 第7回:教育のICT活用で浮かび上がる課題とは
IoT時代において、人間の『考える力』の価値は一体どこにあるか

BY

あらゆるモノにAIが搭載され、あらゆるモノがインターネットにつながっている現代において「まったくインターネットが通っていない場所」を探すのは日本ではもはや難しくなっています。

多くの職場にはコンピュータがあるでしょうし、建設現場でもKOMATSUの建設重機がインターネットにつながっておりビッグデータを活用しています。最近では漁師もiPadを持って船に乗る時代です。

北海道留萌町の漁師たちはiPadを片手に漁にでかける

しかし残念ながら「学校の教室」は、ほとんどインターネットにつながっていません。学校において職員室とPC教室はかろうじてインターネットにつながっていますが、生徒が学ぶ空間として大半を過ごす普通教室にはほとんどインターネットにアクセスできない環境にあります(なお平成21年より文部科学省は学校への携帯電話の持ち込みを原則禁止としています)。

またPISA(経済協力開発機構による国際的な生徒の学習度到達調査)によると「学校ではパソコンを使える状態ですか?」という問いに対して日本は47か国中39位、「家ではパソコンを使える状態ですか?」という問いにいたっては47か国中46位という結果でした。

子どもたちがパソコンを使う環境が学校にも家庭にもない状況下、このまま日本は技術立国という道を歩いて行けるのか不安になります。高校でのプログラミング必修化は平成34年からと決まりましたが、世界に比してやや遅きに失した感が否めません。

また「情報」の教員免許を持っている教員の採用はわずか0.9%に留まっており、体制づくりにおいても今後の課題は大きいでしょう。学校のICT環境が整うことを待つより、まずは家庭から体制づくりをすることが重要です。

コンピューターウィルスやワンクリック詐欺、ネットでの誹謗中傷など、インターネットにおいてマイナスな情報も多いため、子どものうちからインターネットを活用することを危惧する家庭も多いでしょう。しかし、「インターネットは怖いもの」という思い込みを捨てて、「正しい情報リテラシーを学べば、とても便利なもの」と教育していくことが大切です。

この点においては公教育の体制が整うことを待つより各家庭で先行して情報リテラシー教育をすることが重要ではないでしょうか。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

3社共同で製造業向けIoTサービスを実現--THK、ドコモ、シスコ
ソフトバンクC&Sが中国Tuyaと提携、最短15日で家電をIoT化
第一人者たちが語る「対話AI」のビジネスと未来像とは
日立、生産現場のOT/ITデータをひも付けて生産工程を最適化するサービス「IoTコンパス」 | IT Leaders
イントラマート、デジタル技術で顧客のDXを支援するソリューションサービス「intra-mart BIORA」
製造部品大手のTHK、NTTドコモ、シスコと予兆検知のIoTサービス提供へ | IT Leaders
「CEATEC JAPAN 2018」レポート。NEXCO東日本が初出展、ICTを活用したメンテナンスを紹介
<山のIoT>LPWAをキラー技術に、人・動物の測位から防災まで
衣類を自動で折りたたむタンス「INDONE」プロトタイプを発表
LED照明市場の変化に合わせてモノづくり革新を推進するパナソニック 新潟工場
ソラコム、「AWS IoT 1-Click」対応のセルラー通信内蔵ボタン「SORACOM LTE-M Button」を発売
7種のセンサーとバッテリー搭載、京セラからLPWA対応のIoTユニット
Pelionでx86も管理できる、IntelとArmがIoTで提携
JUKIと日立、IoTを活用したプリント基板生産ラインの最適化で協業
ESRIジャパン、位置情報をマップ上で可視化・分析できる「ArcGIS Online」が「SORACOM Funnel」と連携
簡単に自宅をスマートホーム化するIoT製品&スマホアプリ「alyssa.play」

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。