がん患者さん・ご家族、がん医療に関わる全ての方に対して、有益ながん医療情報を一般の方々にもわかるような形で発信する情報サイト「オンコロ」から選りすぐりの記事をお届けします。
ヨシダソース創業者・ヨシダグループ社 会長 吉田潤喜氏。

(文:Ayako Jacobsson)

 コストコで大人気、吉田家のFINE SAUCEことグルメのたれ。アメリカで1日約7万本生産される同ソースの製造元、ヨシダフードを設立したのが、オレゴン州在住の吉田潤喜氏(67歳)だ。

 テンガロンハットで知られる吉田氏は7人兄弟の末っ子として京都で生まれた。米国に憧れて69年に渡米し、シアトルで空手教室を経営。ワシントン州警察逮捕術主席師範を任され吉田逮捕術を教える。のちオレゴン州警察学校に移籍。しかし不況で空手道場の生徒も3分の1に落ち込み、生活が困窮になる。

 そんな中生徒から贈られるクリスマスプレゼントのお返しが出来ず、教え子に自家製秘伝のタレを配ったところ「買いたい」と評判が良かったため吉田ソースを即演販売。着物、ソンブレロ姿、果てはピンクのバレリーナのチュチュなどを着て、目立ちに目立ったため、地元テレビの料理番組にレギュラー出演するようになり、ヨシダソースは飛ぶように売れた。米中小企業局50周年記念のゴールデンアニバーサリーにインテル、フェデックス、HPと並んだ全米24社に殿堂入りするなど、吉田氏はアメリカン・ドリームを実現した。

 そんな吉田氏が、がんのチャリティに本腰を入れ始めたのは、部下や家族を次々にがんで失したから。

 片腕のマットこと、カリフォルニア州サクラメント出身の吉田グループのマヒュー・ガスリー前社長(55歳)を腎臓がんで、有能な秘書のカン・ヨンジャさん(47歳)を卵巣がんで、リンダ夫人の父親(66歳)を結腸がんで亡くした。

「マットは謙虚な男で、飛行機はエコノミーだし、ランチは決して社費で食べない。顧客と一緒にやった10年前のゴルフのスコアを覚えとるし、コンピュータのような頭脳の持ち主だった」と吉田氏 。しかし、そんな優秀なマット氏は東日本大震災の起こった2011年6月に内臓が破裂して帰らぬ人に。

 吉田氏はポートランドに一刻も早く帰りたかったが、東北の人々への義援金を集めるため、帝国ホテルで2000人を前に“日本を元気にする話”と題して、チャリティ講演会を行っていたのだ。「講演が終わった時は、いつも皆と握手するけど、その時はマットのことで倒れ込むように控え室で横になっちゃったんだ。彼は本当に立派な人間でね。ボストンからがんのトライアルの薬(治験薬)を手に入れたりして、12年間もがんと闘っていたんだ」と無念がる。

 吉田氏は夫人のリンダ氏と非営利団体のソウルフル・ギビング財団(Soulful Giving Foundation)を設立し、コンサートのチケットを販売して、売上げをオレゴン州ポートランドのプロビデンス・キャンサー・リサーチセンターやランダル子供病院に寄付している。2016年は約2700万円を寄付した。

 同財団の理事を務めるリンダさんはオレンゴン州の新聞に「全米に組織を持つ大規模ながんの研究機関に寄付するより、私たちに身近な地元の財団と協力し、コミュニティを結衆して、巻き込む方がより大きな貢献ができるんです」と応えている。

 吉田氏のモットーは、「Giving Back!!」。今まで、そしてこれから、がんとどう取り組んでいくのか。

 オンコロは、そんな吉田会長に独占取材を行った。

お金は追いかけると逃げていく。でも、危機になるといつでも助けてくれた。

――吉田会長はがん治療に多額の寄付をなさり、ご家族で取り組まれていらっしゃいますが、お心構えなどついてお話下されば、幸いです。

吉田:退職金で会社の倒産の危機を救ってくれた義父のブーマーが、結腸がんで亡くなったこともあって、妻のリンダがソウルフル・ギビング財団の理事を務め、一緒にがんのチャリティに長年取り組んできている。財団主催で自宅を解放して食べ物や音楽を提供し、チケットをネット(http://www.soulfulgiving.org/)で販売し、その収益を寄付するんだ。来年は8月4日にソウルフル・ギビング・ブランケット・コンサートをやる。

 僕は、がん治療はビジネスだと考えているんだ。がんはビジネスと一緒でお金を突っ込む。つまり、お金を研究に突っ込んでいくと、治療法が見つかるからね。

 ビジネスを大きくするのにお金を投資し成長していったように、がんの治療も同じこと。もっともっとお金を集めないといけない。がん研究をやって、より良い治療法を見つけ、さらに進めていくためには、寄付を集めて募っていかないとだよね。

――吉田会長は子供がん協会理事、オレゴン州のドーエンベッカー子供病院、ランダル子供病院などに貢献されていらっしゃいますが、そのきっかけをお教え下さい。

吉田:ドーエンベッカー子供病院では18年間理事を務めた。僕の子供ががんになったから貢献するんですかと、人からよく聞かれるんだけど、そうじゃないんだ。

 自分の子供が健康だからこそ、がんの子供を助けるんだよ。

 長女のクリスティーナが生まれた直後に大病にかかって、シアトル子供病院に駆け込んだんだ。先生達が24時間つきっきり、5日間続けて治療してくれたから、クリスティーナは助かった。子供病院はお金がないことを察してくれて、たった250ドルだけ請求された。その時は、いつか絶対に恩返ししようと心に誓ったんだ。つまり、Giving Back!だ。

――2011年には米国赤十字から、フィランソロピスト(慈善家)オブ・ザ・イヤーを受賞されました。アメリカでの慈善活動の背景や必然性などについてお話下さい。

吉田:アメリカは健康保険の保険料が非常に高く、病院に行けない人も多い。子供ががんにかかると、親が子供のために破産宣告してがん治療を受けたりすることもあるんだ。破産して貧乏になると、医療費が無料になり、フードスタンプというEBT(Electronic Benefit Transfer)カードも出て、福祉が面倒を見てくれるからね。その一方で、アメリカにはクリスチャン精神があって、人を助けることに誇りを持っている。

 保険のない外国からの移民に病院が治療できるように運営するから、企業や篤志家から寄付を集めるボランティア活動が必要だし、ずっとやってきたんだ。

 最近日本からやってきた事業家が高い時計を買って喜んでいたけれど、アメリカの事業家と心構えが違うと思った。

 そんな使い方は悲しいお金で、幸せなお金の使い方じゃない。人をハッピーにする使い方をしないとダメなんだ。今ではヨシダグループとしてヨシダソースをはじめ、飲料水開発、レストラン経営、マンション・アパートやオフィスビルそしてリゾート開発事業を抱えているけど、過去に4回資金繰りで苦労した。ゴルフ場の開発に投資して失敗した時は、ピストルで頭を撃ち抜いて死のうと思ったことだってある。

 お金は追いかけると逃げていくんだ。でも、危機になると、いつも誰かが助けてくれた。人が成功して大きくなっていくには、感謝して、返していかないと。要するにお金儲けより、人儲けなんだよ。

Ayako Jacobsson

広島市で育ち、東京都立大学、英ケンブリッジ大学、コロラド大学ボルダー校で学ぶ。卒業後は「ウォール・ストリート・ジャーナルを読む」などの番組制作ディレクターを担当後、読売新聞英字新聞記者として通信、コンピュータ、テレビ、映画、ホテル、旅行業界を取材。99年からシリコンバレーに拠点を置き、取材・執筆活動を行っている。

*本稿は、がん患者さん・ご家族、がん医療に関わる全ての方に対して、がんの臨床試験(治験)・臨床研究を含む有益ながん医療情報を一般の方々にもわかるような形で発信する情報サイト「オンコロ」の提供記事です。