IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2019.02.01

P&GがCES初出展、美容の破壊的イノベーションとは
IoT時代、<お客さまの美容体験>が変わる

BY

『CES DAILY』の表紙を飾ったP&Gライフラボのキャッシー・フィッシュ氏。(筆者撮影、以下同)

 CES 2019の開催日、筆者が足早に向かったのはTech West・サンズエクスポ会場・P&Gの展示ブースである。

 あのP&GがCESに初出展だって?!

 そのインパクトの大きさは、P&GのLIFE LAB(以下:ライフラボ)を統括するチーフR&D・イノベーションオフィサーのキャッシー・フィッシュ(Kathy Fish)氏が、CESの機関誌『CES DAILY』(JANUARY 8, 2019号)の表紙を華々しく飾っていることからも推し量ることができよう。

 この1~2年を振り返っても、AI美容家電を戦略的に推進するフィリップス(Philips)やジョンソン・エンド・ジョンソンの化粧品ブランド・ニュートロジーナ(Neutrogena)がCESに出展し、野心的な提案を行ってはいた。

 しかし、グローバルで売上高トップクラスの消費財企業の登場を前にすると、先行プレイヤーが真打ち登場前の前座であったかのように霞んで見えてしまう。

 ベネチアンホテルのIBMの基調講演会場からサンズエクスポに向かう長い廊下を歩きながら、筆者の脳裏に去来したのは、CES 2015のパネルディスカッションでシスコシステムCEO(当時)のジョン・チェンバースが発言した以下の「予言」である。

“IoTによってすべての業種はハイテク企業になる。今後10年間でフォーチュン500の中で生き残れる企業は40%程度に過ぎない。巨大企業であっても自らが「破壊者(Disruptor)」にならなければ生き残れない“
 

【参考】巨大企業をなぎ倒していくIoTの凄まじい衝撃
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/47868

 既存の製造業はもちろんのこと、サービス業であっても「売り切り型のビジネスモデル」から脱却し、「お客さまの近未来の体験の予測と改善提案」を基軸とする、サブスクリプション型タイプのサービス業にその「なりわい」を転換していかないと、IoT時代の破壊的イノベーション(Disruption)を勝ち抜けないのだ。

 冒頭のフィッシュ氏によれば、P&Gのライフラボでは130ものプロジェクトが現在進行中で、リーン・スタートアップで市場導入を目指しているという。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

「IoT-PLC」の普及元年に――高速電力線通信の“第4世代”が登場
コーヒーはIoTと自動化でどこまで変われるか--新形態のコーヒーショップを訪ねて
国のIoT機器調査「NOTICE」が20日から実施、その前にやっておきたい自宅のセキュリティチェック【イニシャルB】
加賀市や金沢大学、フレイ・スリーが動画を用いた観光ハッカソン
NTTデータ、FogHorn製品を利用したエッジ向けIoT/AI活用インテグレーションサービス
日本マイクロソフト、電子タグとIoTデータを活用した実証実験に参画
学生向け“IoTマンション”登場 玄関の鍵や家電をスマホで操作
「KDDI ∞ Labo」、AIやIoTに関するピッチイベント
量子コンピュータでも解読できない暗号アルゴリズム、実証実験に成功
自社サービス専用のIoTボタンを手軽に開発可能に、ソラコムがボタン型デバイス
Google、Android Thingsをスマートスピーカーとスマートディスプレイ向けに路線変更
【クローズアップ】 「近大マダイ」の養殖にマイクロソフトのAIを活用 近畿大学水産研究所の現場レポート
CyberBull、小売店の販促支援する専門組織を新設 IoTやAIを活用したプロダクト開発にも着手
IoTへのサイバー攻撃深刻化に対処、総務省/NICT「NOTICE」が始動
総務省のIoT機器調査は「監視社会」の始まりか--議論が起きた理由
テュフ ラインランド ジャパン、サイバー攻撃に強いIoT機器開発支援で「IoT機器セキュリティ対策サービス」を開始

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。