DX全盛期、規制・法律との幸福な付き合い方とは?

レグテックがもたらすポジティブな変化(前編)

森川 直樹/2019.2.14

いいね ツイートする

 技術の発展は、常にビジネス界に「変革」というポジティブな可能性を与えてきた。今日のデジタルトランスフォーメーション(以下、DX)もその表れ。だが変革を志向し、前例のないビジネスを確立しようとすれば、既存の法律や規制との「戦い」もまたついて回る。まるで「発展や進化」の「敵」のように捉えられがちなのが「法や規制」だ。しかし、『レグテック』(日経BP社刊)著者の佐々木隆仁氏は、そうした短絡的解釈を一笑に付す。「法や規制」を味方につけて初めて「変革」は成就する、との発想からRegTech、LegalTechを事業として成立させてきた経営者でもある佐々木氏に、DX時代にふさわしい「法や規制」との付き合い方を聞いた。

AOSリーガルテック株式会社 代表取締役社長 佐々木隆仁氏

20年前に生まれた潮流「リーガル×テクノロジー」

 2012年にAOSリーガルテックを設立した佐々木隆仁氏は、社名が示す通り、法的分野にテクノロジーを活用するLegalTechで付加価値を提供。DXや俗に言うX-Techの可能性が世間で取りざたされる以前から、独自のプレゼンスを確立してきた。そこで、そもそもの起業背景を聞くと、実に興味深い答えが返ってきた。

「多くのビジネスパーソンは、新しい製品やサービスの開拓にテクノロジーが用いられるような話題を好みますよね? 当然のことだと私も思うのですが、ITやデジタルといった技術がそうしてどんどんビジネスに取り入れられれば、セキュリティーを維持する側や、その実状をチェックする側にもテクノロジーのリテラシーが求められるようになります。

 例えばデータの価値が高まれば高まるほど、情報漏洩という事件の重大さや深刻さも増していきますから、法や規制をつかさどり、取り締まる当局にも技術水準の向上が求められるようになったのです。

 法務分野に従事されている方などを除けば、気付いていない方も多いでしょうけれど、法律分野(Legal)、規制分野(Regulation)でも、20年ほど前から技術革新と導入が実は続いてきているのです」