IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2018.10.18

なぜ農業? 自動運転の異端児エヌビディアの妙計
IoT時代、<IT企業に求められる「品格」や「矜持」>が変わる

BY

ソーシャルの重要課題である「農業」のイノベーション

 本題に立ち返ろう。今なぜ、エヌビディアが「農業」なのか。

 日本の場合、2015年、農業人口(農家世帯員数)は488万人と、10年前より41.7%、5年前より25.0%と減少が続いている。さらに深刻なことに、農業を主ななりわいとする基幹的農業従事者に占める65歳以上の割合が64.6%と、30年前の3倍以上の高比率になっている*2

 日本国内の食料自給率が、カロリーベースでわずか38%にすぎない*3ことを考えると、農業人口の増加と若返りは喫緊のソーシャル課題なのだ。

 エヌビディアの足下の米国にしても、そもそも農業人口比率が約2%と相対的に低いことに加え、基幹的農業従事者の高齢化や農村の過疎化は日本と同様で、かろうじて移民が労働力の不足を補っているというのが現状だ。決して健全な事態とは言えない。

 エヌビディアが得意とする自動運転技術を、都市モビリティの枠組みの中に閉じ込めず、農業のように問題山積の産業分野に適用範囲を広めることで、企業収益の向上のみならず、ソーシャルの課題解決に貢献できる。

 農業の現場に自動運転の無人農業車両が投入される日のことを想像してみよう。

 高齢化により生産性が低下した現場を再び活性化させることが可能になるだけでなく、農業に従事したいと考えるセカンドライフ世代のシニアや脱サラの若者に対して、行政や企業が無人農業車両の「自動運転オペレーター」として参画を促すことで、心理的・経済的なハードルを下げることにもつながるのではないだろうか。

*2:農林業センサス(http://www.maff.go.jp/j/tokei/census/afc/index.html
*3:農林水産省(http://www.maff.go.jp/j/zyukyu/zikyu_ritu/011.html

マーケットから改めて問われるIT企業の「品格」や「矜持」

 自動運転は「技術の確立」という観点では、徐々にではあるが、幾多の課題を克服しつつあるように見える。

 しかし、その先にある「法律や運用環境の整備」では、まだまだ端緒についたばかりである。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

HPE、IoT/エッジ領域の“OT+IT”統合ソリューション発表
LPWAは爆発的に伸びる?――NB-IoTとLoRaが主流へ
HPE、ビジネス効率とイノベーションを加速させるIoT・エッジコンピューティングソリューションを発表
デロイト、IoT製品開発時のセキュリティ/プライバシー対策支援
6800円のネット接続カメラなど6製品 +Styleが発売
翔泳社、運用管理に特化したイベント「Operation Online Day 2019」を2月26日に開催
「+Style」からスマホで応対できるドアホン、1万1800円
工場向けエッジコンピュータ「HPE Edgeline」を強化、OT機器のデータを収集・解析可能に | IT Leaders
100年に一度のモビリティ革命期、異業種協調型でMaaSを推進─JR東日本 | IT Leaders
日本におけるポストモダンERPのハイプサイクル最新版、IoT対応やAI活用の期待が急上昇 | IT Leaders
2019年1月の3本:IPAの情報セキュリティ10大脅威/リコーの複合機×クラウド戦略/DMG森精機のIoTソリューションでAzure採用 | IT Leaders
ミツウロコCSとNEC、IoTを活用してLPガスメーターの情報を提供するサービスを展開 | IT Leaders
ボタンを押すだけでタクシーが呼べるSIM&GPS内蔵IoTデバイス
「Azure IoT Edge」が仮想マシン上で動作可能に
CPSをコアに、「東芝IoTリファレンスアーキテクチャー」はどのようなものか
オプティムとシスメックス、AI/IoTを活用した医療ITソリューションの開発とグローバルなサービス展開に向けて協業

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。