世界を変える「サイバー・フィジカル」な仕組みとは

デジタルトランスフォーメーションの時代がやって来た(3)

斎藤 昌義/2018.1.19

いいね ツイートする
現実世界とサイバー世界は、どのようにつながるのか。

 私たちの住む「現実世界(Physical World)」は、さまざまなモノと多くのヒトで満ちあふれています。それらが、お互いに関係を持ち、影響を及ぼし合いながら社会や経済を動かしています。

 そんな現実世界はアナログで連続的で、途切れることのない時間と物質によって満たされています。地理的な距離はモノやヒトを隔てる絶対的な壁であり、時間は不可逆的で巻き戻すことはできません。

現実世界の「ものごと」をデータ化するIoT

 そんなアナログな現実世界を、モノに組み込まれたセンサーによってデータとして捉えようという仕組みがIoT(モノのインターネット/Internet of Things)です。

 IoTにより、「現実世界のデジタルコピーが作られてゆく」と解釈することもできます。そんな時々刻々の状態を写し撮ったデジタルコピーが、インターネットの向こうにあるクラウドコンピューティングの世界、すなわち「サイバー世界(Cyber World)」に送られ、積み上げられてゆきます。

 このデジタルコピーは、「現実世界とうり二つのデジタルな双子の兄弟」という意味で「デジタルツイン(Digital Twin)」とも呼ばれています。

 そんなデジタルツインはサイバー世界のデータですから、地理的距離を一瞬にして行き来でき、時間を自由に遡ることができます。それにより、これらのことが実現できます。