IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

コミュニケーション
2017.05.26

東京スカイツリーでドコモの5G次世代サービスを体感
2020年の商用利用に向けた「5Gトライアルサイト」がスタート

BY

左から、ソラカラちゃん、根津嘉澄社長(東武鉄道)、吉澤和弘社長(NTTドコモ)

次世代移動通信方式として注目を集める「5G(第5世代移動通信システム)」。NTTドコモは2020年の商用利用に向けて5Gを使ったサービスが体験できる場を提供する「5Gトライアルサイト」を開始した。そのひとつとして、同社が東武鉄道とともに行う実証実験が注目を集めている。

5月22日、東京スカイツリー展望フロアで行われた、5Gトライアルサイトのオープニングセレモニーでは、NTTドコモ・吉澤和弘社長と東武鉄道・根津嘉澄社長が登壇。実証実験への意気込みを語った。

「このプロジェクトは、低遅延や高速大容量など、5Gの実証実験を行うだけでなく、パートナーのみなさんと5G時代にどのような新しいサービスと融合できるか、場合によっては新たなビジネスが生まれるということに、非常に意味があります」(NTTドコモ・吉澤社長)

「東京スカイツリーは、世界初の自立式電波塔としての機能を果たすとともに、日本を代表する観光地となっています。浅草、東京スカイツリーエリアが、今回の実証実験を通して、最先端技術の次世代コミュニティをリードする街に生まれ変わることを期待しています」(東武鉄道・根津社長)

そして、来る5G時代を見据えた新たな取り組みとして発表された実証実験の内容は以下の通りだ。

・“8Kライブ映像”の5G無線伝送
・東京スカイツリー4Kマルチストリームライブ配信
・5Gによる多数端末接続イメージデモ

それぞれ映像に特化した、5Gの特長を生かす内容となっているが、果たしてその詳細とは。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

ArmのIoTプラットフォーム「Pelion」のエコシステムにインテルやArduinoが参加
載せるだけで重量を計測するIoTデバイス「スマートマット」
IoTやAIを活用したデジタル変革に「答えを出すための投資」を、テラデータ
KDDI、載せたモノの重さを測れるスマートマットを販売、在庫や残量をクラウドで可視化 | IT Leaders
家電のIoT化を簡単にするプラットフォーム、ソフトバンクC&Sらが提供
スマートスピーカーでチケット購入、旅行者から自治体までカバーするJTBのソリューション【CEATEC JAPAN 2018】
アクセルラボから1万円台でスマートホームを構築できるキット--Makuakeでプロジェクト開始
LIXIL、スマート宅配ポストをはじめ、IoT化した様々な建材や機器を連携させる「Life Assist(ライフアシスト)」
KDDI、モノの残量が減ると自動発注してくれるIoTサービス「マットセンサー」を提供
コンビニなど異業種も参加、最新技術が集結する「CEATEC」16日開幕
IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
人の流れをビジュアル化するシステムと、免震構造のVR体験が可能な竹中工務店のブース【CEATEC JAPAN 2018】
伊勢の老舗も導入するIoTスケール「スマートマット」が登場
【CEATEC JAPAN 2018】クルマ関連の展示もあり。テクノロジーで実現する未来を感じるCPS/IoTの総合展「CEATEC JAPAN 2018」10月16日開幕
ローソンが実現したい“未来のコンビニの姿”
IoTのマシンデータも取り込む--Splunkのプラットフォーム展開

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。