IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.01.04

Innovators 情熱のカラクリ 第3回:DMM.make AKIBA 岡島康憲氏
DMM.make AKIBAの企画人が危惧する「消耗されるIoT」

BY

ハードウェアスタートアップ(ハードウェアベンチャー企業)を支援するDMM.make AKIBAのコンセプトは「モノを作りたい人が必要とする、全てを」。

延べ床面積2,000平方メートルもの敷地内に設置されている機材や設備にはなんと10億円を投じられたものだ。ここでは利用者が、3Dプリンターや小さな工場などでは高価すぎて導入できない5軸CNC(切削機)など、モノづくりに必要なさまざまな機材を使える。

多くのスタートアップが集まるこの場所で、企画運営に携わっているのが岡島康憲氏(以下、岡島氏)だ。

岡島氏は2006年にNECビッグローブに入社。WEBサービスの企画運営を担当する。その後、2011年に独立しハードウェア製品の開発販売を行う岩淵技術商事を創業し、現在も執行役員として関わっている。

DMM.make AKIBAには2011年から関わっているということだが、全て根底には「ワクワクするものを見たい」という岡島氏の思いがある。

全てのモチベーションは好奇心

「面白いプロダクトを見て、触れてみたいという思いが源泉になっているんだと思います。独立し起業したのもその思いを満たすためで、今は自分で作るよりも、ここから面白いものが生まれる瞬間を見ていたい、という気持ちが強いですね」

岡島氏のあらゆることへのモチベーションは、好奇心なのだ。

「企画や運営でDMM. make AKIBAを手伝ってはいますが、それ以上に、ここに集まっているスタートアップへの期待は大きいです。彼らが何かを生み出そうとしているものを応援するというのに面白さを感じています。自分で面白いものを生み出すという気持ちは今のところ満足していて、そうではなく、自分の見たことのないものに出会えるのではというワクワク感があります」

Googleマップの登場に衝撃を受ける

そんな岡島氏が忘れられないのが、2005年にリリースされた「Googleマップ」だ。当時はフィーチャーフォン(ガラケー)が主流で、地図も地図帳がそのまま画像として表示されているだけだった。表示画面を動かそうとすると右や左を自分で選ぶ必要があり、まるでパネルが開くように選んだエリアが表示されるというものだった。そんな中登場したGoogleマップ。岡島氏はそのスムーズな動作に衝撃を受けたという。

「どうやって実装しているのか想像できず、強いショックを受けたのを覚えています。『地図のあるべき姿ってこれなんだな』と思いました。当たり前の便利さに改めて気が付かされました」

地図という身近なものの本当の使いやすさに気が付いた岡島氏だが、それからもワクワクする瞬間に立ち会うことがモチベーションになっている。

自身の好奇心を満たすためにも今一番の自分の役割は、環境を提供することだと考えていると言い、その背景にはIoTの取り扱われ方に対する不安があると岡島氏は話す。

それが「必然性を持って扱われるIoT」と「消耗されるIoT」だ。

「IoTというキーワードが話題になっていることもあり、テレビなど多くのメディアで取り上げられていますよね。それは自体は良いことだと思うのですが、その取り上げられ方は2つあると思います。1つが、今話題だからと『おもしろ発明』のように取り上げられるということ。面白いものというキーワードでも、ネタのように最新テクノロジーが紹介されるだけでは意味がないと思います。反対にディスカバリーチャンネルなどを見ると、動物の観察のために最新のセンサーを使ったり、ドローンを使った撮影が取り入れられたりと必然性を持って扱われているように感じます」

IoTそのものを大事にしている岡島氏だからこそ、テクノロジー本来の魅力を伝えてほしいと感じているのだ。

これからいよいよ注目が高まる要素技術の領域

そんな岡島氏がこれから注目しているIoTの領域がある。

「IoTの領域は大きく分けて『最終製品を作っているプロダクト』と『要素技術』の二つがあります。例えばパソコンやスマホはプロダクトですよね。僕は今、要素技術の領域に注目しています。特に素材系やセンサー周りが面白くなってくるんじゃないでしょうか? クモの糸を参考にして糸を作っている『スパイバー』という会社はおもしろいですよね」

スパイバーが作っているのは人工合成クモ糸素材で、これは世界初の功績だ。こういった面白い技術が次々に生まれようとしていることで、その現場に立ち会うためにも岡島氏はモノづくりの環境をサポートする働き方にやりがいを感じている。

<プロフィール>

 

岡島康憲

 

1978年生まれ 岩淵技術商事株式会社 執行役員。
電気通信大学・大学院卒業。インターネット関連企業・NECビッグローブにて、Webサービスの企画立案・運用やインターネット接続型ハードウェアの企画立案に6年間従事する。2011年7月、エネルギー関連ハードウェアや、Webサービスの企画開発を主業務とする岩淵技術商事株式会社を創業。2011年よりDMM. make AKIBAの企画運営に携わる。

JBPRESS

注目連載

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

あわせてお読みください

IoTニュース

日立、IoTと連携してフィジカルセキュリティのデータを可視化する基盤
キヤノンITS、高速開発ツールを中核としたIoT向けPoCサービスを提供 | IT Leaders
SBT、ダイキンらと共同で「ストレス度を数値化」して職場環境の改善などにつなげるIoT実証実験を実施
ルネサス、1年以内にLoRaWANに対応したマイコンの製品化を目指す
EUにおけるIoTプラットフォームは進んでいるのか? ーCeBIT 2017レポート その1
太陽光を利用する汎用型IoTデバイス「FlipCast」法人向けに発売
経産省とIoT推進ラボが主催する、第三回 IoT Lab Selection レポート
IoTスタートアップにノキアが開発プラットフォームを提供、日本が3カ国目
日立、監視カメラや入退室管理などフィジカルセキュリティデータ管理の統合プラットフォームを開発
IoT時代に合わせた「多接続」を実現する5G、ビジネスでの課題とは
ベルト装着型IoTデバイスを用いたストレス度の計測に関する実証実験プロジェクトを発足
IoTけん玉やVRトランポリンなど!アスキーに注目スタートアップが集結
キヤノンITS、企業のIoT導入を支援するPoCサービスを提供
NXP、1MBの組み込みSRAMメモリを搭載したCortex-M4ベースマイコンを発表
IoT人気記事ランキング 経産省 IoT Lab Selection開催、東急AG O2Oソリューション 「Activation Manager」開発 など[3/13~3/19]
Wi-RAN用無線機、従来より100倍の領域をカバー

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。