IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2018.07.13

顔認証ゲートはジャパンクオリティの“顔”となるか
IoT時代、<空の旅の体験>が変わる

BY

AIやIoTの導入で、空の旅はどう変わるのか。

 2018年6月中旬のある日。

 仕事先の上海から梅雨模様の日本に戻った著者が成田国際空港の入国審査場で最初に目撃したのは、「未来感が半端ない」印象の顔認証ゲートだった。

パナソニックの顔認証ゲート。(写真:パナソニック システムソリューションズ ジャパン株式会社)

 以下の映像を見てほしい。

 顔認証ゲートは、パスポートのICチップ内に記録された顔画像と、顔認証ゲートのハーフミラー部分に内蔵のカメラで撮影された本人顔画像とを照合し、AIの顔認証技術を使って本人確認を行う画期的なシステムだ。

 顔認証ゲートの存在自体は、2017年10月以降、羽田国際空港の帰国手続き用に3台がリーンスタートで導入されているというニュースで知ってはいた。

 しかし、残念なことに、羽田国際空港は何度も利用する機会があったものの、ついぞ、実際に体験したりする機会には恵まれずにいた。

 何はともあれ、著者の「顔認証ゲートによる入国審査初体験」はわずか10秒足らずで終了し、入国審査官からパスポートに帰国スタンプを押されるというお決まりの儀式もないままに、手荷物受取場への階段を下ることになったのである。

 成田から都心へ向かうスカイライナーの中で、グーグル検索をしてみる。

 著者が帰国したほんの2~3日前の2018年6月11日から、成田国際空港の入国審査に顔認証ゲートが本格的に設置された(60台)のだという。

 さらには2018年秋には出国審査にも拡大され、同年末には成田だけでなく、羽田、中部、関西、福岡の各国際空港で、合計約140台もの顔認証ゲートが稼働することになるらしい。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

OKI、マルチキャリア対応の「音声IoTゲートウェイ」を販売
日本人はAIやIoT活用の自動化サービス利用に前向きで寛容--VMware調査
AWSとAzureのエッジコンピューティング戦略(後編) Azure IoT Edgeとは?
NEC、公共施設の機器を無人サービス化--EV用充電器や宅配ボックスなどに組み込み
工場/IIoT環境向け小型UPS、APCブランドでシュナイダーが発売
凸版印刷、センサと床材を一体化した「ロケーションフロア」開発--「トッパンIoT建材」開始
NI+C、ミツフジのウェアラブルIoT「hamon」と「IBM Maximo Worker Insights」を組み合わせた安全管理・見守りソリューションを提供
NTTデータCCS、Beacon/IoT分野でAC&Mと資本・業務提携 | IT Leaders
“産業と社会を変えるデジタライゼーション”がテーマ「第5回 IoT/AI ビジネスカンファレンス」開催レポート
AWSとAzureのエッジコンピューティング戦略(前編)
JEITAがサーバ需要の「質の変化」を解説、IoT・AI・機械学習の台頭で何が変わるか
東芝“新中計”は踏み込み不足、構造改革を遅らせる「内輪の論理」
NTTデータCCS、ビーコン/IoTソリューション分野でAC&Mと提携、位置測位サービスを拡充
TrustZone対応マイコン、声を拾う加速度センサー STが展示
IIJ、フルMVNOサービスでLTE-Mの接続確認を実施
宅配ボックス、EV充電器、シェア自転車などに決済や制御を追加できるIoT装置「NEC Digital Concierge」 NECから

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。