IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

ライフスタイル
2017.01.27

デキる男の必需品は、絶対になくならない財布
現代を生き抜く男性に向けた、最も薄いスマートウォレット

BY

靴や鞄、腕時計とともに質の良い財布は、できるビジネスマンにとって重要な小物の1つ。30代に差しかかるころには、多くの男性がナイロン製などから、上質な本革へと財布を持ち変えるのではないだろうか。

ポーランドのスタートアップ企業Wooletが1月19日より発売を開始したスマートウォレット「Woolet」は、最高級牛皮のカーフレザーのみを使用した、現代社会を生き抜く男性に向けた本格志向のスマートウォレットだ。

豊富な機能で財布の紛失を防止

忘れ物防止用のIoT製品の多くは、通知機能がついたアクセサリーを財布につけるような体裁になっているが、Wooletは9.9mmとスマートな財布そのものに、最新テクノロジーが詰め込まれているのだ。

■忘れ物も盗難も。紛失を自動アラート機能でお知らせ
スマホとWooletが離れるとスマホが音を出して、忘れ物や盗難などのピンチも瞬時に防止。自動アラート機能が作動する距離は、6m~25mの範囲で自分で設定できる。

■ディスタンス・トラッカーでWooletを探す
近くにあるはずなのにWooletが見つからない。そんなときは、内蔵のディスタンストラッカー(距離情報追跡機能)を使えばWooletがどれだけ離れた場所にあるか、そしてWooletに近づいているかどうかが0.4m範囲の精度で分かる。

■Wooletを鳴らす
車のシートの下や、ソファの下など、すぐ近くにあるはずなのに見つからない。そんな時はボタン一つでWooletを鳴らすことができる。

■Wooletを最後に見た場所を知る
自分でWooletを最後に使った場所を覚えていなくても、スマホがWooletを確認した最後の場所を自動で記録してくれる。

■クラウド・ディテクション(みんなで探す)
もしWooletを失くしてしまったら、Wooletのクラウド・ディテクション・ネットワークが便利。スマホのボタンひとつでネットワークが起動し、Wooletを愛用している他の人たちがユーザーのWooletを探してくれる。誰かの範囲内にあれば、GPS位置情報が瞬時にアップデートされる。

■スマートフォンも守る
Wooletはあるのにスマホを忘れてきた?そんなときは、Wooletの内蔵ベルが鳴って教えてくれる。失くさないのはWooletだけじゃなく、スマホを置き忘れてしまう心配もない。

大切な現金とカードをあらゆるシーンから守りつつ、こだわりのデザインを兼ね備えたWooletは、他のスマートウォレットとは違い、それ自体が“ちゃんとした”財布。

カード入れが4つあるほかに、大きいサイズのカード用のカード入れと(最大70×100mm)隠しポケットまでついている。ユーロやポンドといった大きめのお札もすっぽり入るので、海外出張先でも活躍してくれそうだ。


スマートウォレット「Woolet」

カラー:スリークブラックとクラシック・スウェードの2色
サイズ:125×87×9.9㎜
接続:Bluetooth Low Energy(Bluetooth Smart)
対応機種:iPhone4s以降、Bluetooth4.0 Android phones
範囲:最大60mまで
バッテリー寿命 :最短1.5年 再充電可能
プロセッサー:ARM Cortex-M0
サウンド:内臓のベル

JBPRESS

あわせてお読みください

イノベーション

50万円が数千万円に。投資家に聞くビットコインの現状

イノベーション

きっかけは飼い猫の迷子。フランスで大反響のIoTとは

ライフスタイル

働きすぎに要注意。「家族時間」過ごせてる?

ライフスタイル

高齢者の自動車事故はIoTで防止できる

イノベーション

innovators 情熱のカラクリ 第4回:Wistiki SAS リュサト3兄弟

「IoT-PLC」の普及元年に――高速電力線通信の“第4世代”が登場

コーヒーはIoTと自動化でどこまで変われるか--新形態のコーヒーショップを訪ねて

国のIoT機器調査「NOTICE」が20日から実施、その前にやっておきたい自宅のセキュリティチェック【イニシャルB】

加賀市や金沢大学、フレイ・スリーが動画を用いた観光ハッカソン

NTTデータ、FogHorn製品を利用したエッジ向けIoT/AI活用インテグレーションサービス

日本マイクロソフト、電子タグとIoTデータを活用した実証実験に参画

学生向け“IoTマンション”登場 玄関の鍵や家電をスマホで操作

「KDDI ∞ Labo」、AIやIoTに関するピッチイベント

量子コンピュータでも解読できない暗号アルゴリズム、実証実験に成功

自社サービス専用のIoTボタンを手軽に開発可能に、ソラコムがボタン型デバイス

Google、Android Thingsをスマートスピーカーとスマートディスプレイ向けに路線変更

【クローズアップ】 「近大マダイ」の養殖にマイクロソフトのAIを活用 近畿大学水産研究所の現場レポート

CyberBull、小売店の販促支援する専門組織を新設 IoTやAIを活用したプロダクト開発にも着手

IoTへのサイバー攻撃深刻化に対処、総務省/NICT「NOTICE」が始動

総務省のIoT機器調査は「監視社会」の始まりか--議論が起きた理由

テュフ ラインランド ジャパン、サイバー攻撃に強いIoT機器開発支援で「IoT機器セキュリティ対策サービス」を開始

GoogleがIoT用プラットフォーム「Android Things」開発計画を大幅にトーンダウン

Google、IoT向けOS「Android Things」をスピーカーとディスプレイに縮小

グーグルのIoT用OS「Android Things」、スピーカとディスプレイに注力へ

NECネッツエスアイ、効率的なビル運営や快適なオフィス環境を支援する次世代設備管理ソリューション「Nets-Butics」を発表

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

イノベーション

きっかけは飼い猫の迷子。フランスで大反響のIoTとは

ライフスタイル

働きすぎに要注意。「家族時間」過ごせてる?

ライフスタイル

高齢者の自動車事故はIoTで防止できる

イノベーション

innovators 情熱のカラクリ 第4回:Wistiki SAS リュサト3兄弟

「IoT-PLC」の普及元年に――高速電力線通信の“第4世代”が登場

コーヒーはIoTと自動化でどこまで変われるか--新形態のコーヒーショップを訪ねて

国のIoT機器調査「NOTICE」が20日から実施、その前にやっておきたい自宅のセキュリティチェック【イニシャルB】

加賀市や金沢大学、フレイ・スリーが動画を用いた観光ハッカソン

NTTデータ、FogHorn製品を利用したエッジ向けIoT/AI活用インテグレーションサービス

日本マイクロソフト、電子タグとIoTデータを活用した実証実験に参画

学生向け“IoTマンション”登場 玄関の鍵や家電をスマホで操作

「KDDI ∞ Labo」、AIやIoTに関するピッチイベント

量子コンピュータでも解読できない暗号アルゴリズム、実証実験に成功

自社サービス専用のIoTボタンを手軽に開発可能に、ソラコムがボタン型デバイス

Google、Android Thingsをスマートスピーカーとスマートディスプレイ向けに路線変更

【クローズアップ】 「近大マダイ」の養殖にマイクロソフトのAIを活用 近畿大学水産研究所の現場レポート

CyberBull、小売店の販促支援する専門組織を新設 IoTやAIを活用したプロダクト開発にも着手

IoTへのサイバー攻撃深刻化に対処、総務省/NICT「NOTICE」が始動

総務省のIoT機器調査は「監視社会」の始まりか--議論が起きた理由

テュフ ラインランド ジャパン、サイバー攻撃に強いIoT機器開発支援で「IoT機器セキュリティ対策サービス」を開始

GoogleがIoT用プラットフォーム「Android Things」開発計画を大幅にトーンダウン

Google、IoT向けOS「Android Things」をスピーカーとディスプレイに縮小

グーグルのIoT用OS「Android Things」、スピーカとディスプレイに注力へ

NECネッツエスアイ、効率的なビル運営や快適なオフィス環境を支援する次世代設備管理ソリューション「Nets-Butics」を発表

IoTニュース

「IoT-PLC」の普及元年に――高速電力線通信の“第4世代”が登場
コーヒーはIoTと自動化でどこまで変われるか--新形態のコーヒーショップを訪ねて
国のIoT機器調査「NOTICE」が20日から実施、その前にやっておきたい自宅のセキュリティチェック【イニシャルB】
加賀市や金沢大学、フレイ・スリーが動画を用いた観光ハッカソン
NTTデータ、FogHorn製品を利用したエッジ向けIoT/AI活用インテグレーションサービス
日本マイクロソフト、電子タグとIoTデータを活用した実証実験に参画
学生向け“IoTマンション”登場 玄関の鍵や家電をスマホで操作
「KDDI ∞ Labo」、AIやIoTに関するピッチイベント
量子コンピュータでも解読できない暗号アルゴリズム、実証実験に成功
自社サービス専用のIoTボタンを手軽に開発可能に、ソラコムがボタン型デバイス
Google、Android Thingsをスマートスピーカーとスマートディスプレイ向けに路線変更
【クローズアップ】 「近大マダイ」の養殖にマイクロソフトのAIを活用 近畿大学水産研究所の現場レポート
CyberBull、小売店の販促支援する専門組織を新設 IoTやAIを活用したプロダクト開発にも着手
IoTへのサイバー攻撃深刻化に対処、総務省/NICT「NOTICE」が始動
総務省のIoT機器調査は「監視社会」の始まりか--議論が起きた理由
テュフ ラインランド ジャパン、サイバー攻撃に強いIoT機器開発支援で「IoT機器セキュリティ対策サービス」を開始

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。