IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

ライフスタイル
2017.01.27

デキる男の必需品は、絶対になくならない財布
現代を生き抜く男性に向けた、最も薄いスマートウォレット

BY

靴や鞄、腕時計とともに質の良い財布は、できるビジネスマンにとって重要な小物の1つ。30代に差しかかるころには、多くの男性がナイロン製などから、上質な本革へと財布を持ち変えるのではないだろうか。

ポーランドのスタートアップ企業Wooletが1月19日より発売を開始したスマートウォレット「Woolet」は、最高級牛皮のカーフレザーのみを使用した、現代社会を生き抜く男性に向けた本格志向のスマートウォレットだ。

豊富な機能で財布の紛失を防止

忘れ物防止用のIoT製品の多くは、通知機能がついたアクセサリーを財布につけるような体裁になっているが、Wooletは9.9mmとスマートな財布そのものに、最新テクノロジーが詰め込まれているのだ。

■忘れ物も盗難も。紛失を自動アラート機能でお知らせ
スマホとWooletが離れるとスマホが音を出して、忘れ物や盗難などのピンチも瞬時に防止。自動アラート機能が作動する距離は、6m~25mの範囲で自分で設定できる。

■ディスタンス・トラッカーでWooletを探す
近くにあるはずなのにWooletが見つからない。そんなときは、内蔵のディスタンストラッカー(距離情報追跡機能)を使えばWooletがどれだけ離れた場所にあるか、そしてWooletに近づいているかどうかが0.4m範囲の精度で分かる。

■Wooletを鳴らす
車のシートの下や、ソファの下など、すぐ近くにあるはずなのに見つからない。そんな時はボタン一つでWooletを鳴らすことができる。

■Wooletを最後に見た場所を知る
自分でWooletを最後に使った場所を覚えていなくても、スマホがWooletを確認した最後の場所を自動で記録してくれる。

■クラウド・ディテクション(みんなで探す)
もしWooletを失くしてしまったら、Wooletのクラウド・ディテクション・ネットワークが便利。スマホのボタンひとつでネットワークが起動し、Wooletを愛用している他の人たちがユーザーのWooletを探してくれる。誰かの範囲内にあれば、GPS位置情報が瞬時にアップデートされる。

■スマートフォンも守る
Wooletはあるのにスマホを忘れてきた?そんなときは、Wooletの内蔵ベルが鳴って教えてくれる。失くさないのはWooletだけじゃなく、スマホを置き忘れてしまう心配もない。

大切な現金とカードをあらゆるシーンから守りつつ、こだわりのデザインを兼ね備えたWooletは、他のスマートウォレットとは違い、それ自体が“ちゃんとした”財布。

カード入れが4つあるほかに、大きいサイズのカード用のカード入れと(最大70×100mm)隠しポケットまでついている。ユーロやポンドといった大きめのお札もすっぽり入るので、海外出張先でも活躍してくれそうだ。


スマートウォレット「Woolet」

カラー:スリークブラックとクラシック・スウェードの2色
サイズ:125×87×9.9㎜
接続:Bluetooth Low Energy(Bluetooth Smart)
対応機種:iPhone4s以降、Bluetooth4.0 Android phones
範囲:最大60mまで
バッテリー寿命 :最短1.5年 再充電可能
プロセッサー:ARM Cortex-M0
サウンド:内臓のベル

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

ソフトバンク、NB-IoTを利用した水道メーター向け無線自動検針の実証実験を開始
ヘルスケアが次の注目すべきxTech分野【iNTERNET magazine Reboot】
IoTにSnapdragonが求められる理由、クアルコムがIoT戦略を解説
ソフトバンク、自治体向けIoTをパシフィックコンサルタンツと提携し強化
クラウディアン、深層学習用にGPUを搭載した小型のIoTエッジ処理サーバー「AI Box」を開発 | IT Leaders
もっと賢い公共インフラを5G通信とIoTで──ソフトバンクがインフラ設計大手と業務提携
建設現場の生産性を向上するIoTプラットフォーム「LANDLOG」、アプリ開発プロバイダ向けAPI第一弾を提供開始
新しい半導体の流れを作る、IoTと5G
ソフトバンクとパシコンが「IoT×AI」で提携、防災や社会インフラ改善に
ソフトバンクとパシフィックコンサルタンツ、スマートシティ実現に向け提携
GMOクラウド、IoTデバイスをセキュアに一括管理する「IoTプラットフォーム(仮称)」β版を提供開始
IoTや顔認証で路線バスのヒヤリ・ハット予備軍を把握 - KDDIと小湊鐵道
顔認識で危険運転防止、地中の水道メーター検針、牛の突然死防止--IoT活用が広がる
環境から「収穫」した電力で自立するデバイス 〜IoTを変える「エナジーハーべスティング」技術とは?
ソフトバンクら、NB-IoTを活用した水道メーターの実証実験
オープンIoTからIoSへ、モノからコトへ

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。