2022年2月24日にロシアがウクライナに侵攻したことを受けて、欧米を中心とする主要国はロシアに対して矢継ぎ早に経済・金融制裁を強化した。この一環で、主要国はロシアの主要行を国際銀行間通信協会(SWIFT)から排除したが、その目的はロシアの貿易を停滞させ、経済活動を困難にさせることに置かれていた。 その目論見通り、欧州連合(EU)の2022年1〜11月期のロシア向け輸出額は前年同期比34.6%と激減した。EUを中心とするヨーロッパからの輸入は、ロシアがウクライナに侵攻する前の2020年時点で総額の4割を占めていた。その輸出が34.6%減少したということは、経済・金融制裁に伴ってロシアの輸入減が