キヤノンマーケティングジャパン株式会社(代表取締役社長:坂田正弘、以下キヤノンMJ)は、カラビナデザインで気軽に持ち歩ける新コンセプトカメラ“iNSPiC REC(インスピック レック)”を2019年12月下旬より発売します。

“iNSPiC REC” は、手のひらサイズの小型軽量とカラビナデザインで携帯性に優れ、防水性能・耐衝撃性能を備えており、アウトドアから日常の時間まで、さまざまなシチュエーションで気軽に持ち運び撮影できる新コンセプトのカメラです。
カラビナデザインにより服やバッグに簡単に付け外しが可能で、キーホルダー感覚で持ち歩き、思い立った時に手軽に撮影できます。幅110.5mm・高さ45.2mm・奥行き18.5mm、質量約90g で、軽量かつコンパクトサイズを実現し、持ち運びに便利です。
水深2m(30分)の防水性能※1と防塵性能(IP68等級)、2m の耐衝撃性能を備えており、アウトドア、スポーツ、海、子どもとの使用など、さまざまなシーンで気軽に使用できます。
撮影した写真をその場で確認できることが当たり前になった中で、本製品にはディスプレイを搭載せず、撮影した写真を後から見返す楽しさを提案します。専用のアプリケーション※2でスマートフォンとカメラを連携することにより、撮影したデータをスマートフォンで閲覧・保存したり、スマートフォンで画面を見ながら撮影したりすることが可能です。
「iNSPiC」は、[instant] [picture] [inspiration] を組み合わせた造語で、感性をその場で写真にすることをコンセプトにしたブランドです。手軽にプリントを楽しめるミニフォトプリンター「iNSPiC ZV-123」などのラインアップを揃えています。

※1 水深2m で30分までの撮影が可能。カード挿入口のカードをしっかり閉じる必要があります。また、海やプールなどで使用した場合は真水で洗い流し、完全に乾かす必要があります。
※2 “iNSPiC REC” 専用のアプリケーション「Canon Mini Cam」を使用します

詳しくはこちら→https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000551.000013943.html

動画プレスリリース・動画ニュースリリース詳細へ
PR TIMES TVトップへ