新社会システム総合研究所(東京都港区 代表取締役 小田中久敏 以下SSK)は、2020年1月16日(木)にAP虎ノ門(港区)にて下記セミナーを開催します。

【環境省】2050年までに「新たな海洋プラスチック汚染ゼロ」

動き出した国内外政策とサーキュラーエコノミーの新たなビジネスチャンス

と題して環境省 水・大気環境局 海洋環境室 室長補佐(統括)飯野 暁氏より海洋プラスチック汚染問題から国際枠組み、最新動向を踏まえて循環経済に転換するチャンスについて解説するセミナーを2020年1月16日(木)にAP虎ノ門にて開催!!

<セミナー詳細>

http://www.ssk21.co.jp/seminar/S_20010.html

■開催日時 2020年 1月16日(木) 午後2時~午後4時

■会場  AP虎ノ門

東京都港区西新橋1-6-15 NS虎ノ門ビル

[重点講義内容]

今年6月、G20首脳は、2050年までに海洋プラスチックごみによる追加的な汚染をゼロにすることを目指す「大阪ブルー・オーシャン・ビジョン」を共有しました。直線経済(Linear Economy)を循環経済(Circular Economy)に転換する大きなチャンスです。プラスチックの代替品を開発して利用する、モノやサービスのレベルを落とさずに使う量を減らす、使ったらリサイクルすることを徹底する。皆さんと知恵を出し合う会にできれば幸いです。

1.海洋プラスチック汚染問題とは? ~いったい何が問題なのか?

(1)海洋プラスチックの汚染はどこまで進んでいるのか。

(2)海洋プラスチック汚染の本質をどう理解するか

(3)海洋プラスチック問題と気候変動(脱炭素社会)や

   SDGs、地域循環共生圏との関係

2.海洋プラスチック汚染に対処する国際枠組み

 ~海洋プラ汚染ゼロ社会の実現への世界の決意~

(1)カナダシャルルボワG7会合、海洋プラスチック憲章

(2)G20「大阪ブルー・オーシャン・ビジョン」&

   軽井沢でのG20海洋プラスチックごみ対策実施枠組

3.世界と我が国の海洋プラスチック汚染対策の最新動向

(1)プラスチック資源循環戦略(3RプラスRE)

(2)EUサーキュラーエコノミーパッケージ

(3)海洋プラスチックごみ対策アクションプラン

(4)海岸漂着物処理推進法と海ごみ回収処理補助金

(5)途上国の海洋プラスチック対策支援の政策(ごみ処理技術支援など)

4.プラスチックスマートの可能性と政府の促進政策

(1)【減らす】ライフスタイル・ビジネススタイルの変革によるプラ使用量の削減

(2)【替える・作る】革新的プラスチック代替技術の活用と環境省補助金

(3)(あなどれない)地方自治体の動き

   海洋プラごみゼロ宣言自治体の最新動向

5.質疑応答/名刺交換

【お問い合わせ先】

新社会システム総合研究所

東京都港区西新橋2-6-2 ザイマックス西新橋ビル4F

Email: info@SSK21.co.jp

TEL: 03-5532-8850

FAX: 03-5532-8851

URL: http://www.ssk21.co.jp

【新社会システム総合研究所(SSK)について】

新社会システム総合研究所(SSK)は、1996年12月6日に設立、創業以来20年以上 法人向けビジネスセミナーを年間約500回企画開催する情報提供サービスを主な事業としております。

SSKセミナーは、多様化するビジネス環境下で、ハイレベルな経営戦略情報、マーケティング情報、

テクノロジー情報等をスピーディーに提供し、事業機会の創出に貢献することを目的としております。

また、セミナー事業を軸に多様なビジネスを展開しており、

セミナー企画運営代行サービス・講師派遣、BtoB広告・受託調査・市場調査レポート販売・セミナーDVD販売等

お客様の事業の成功・拡大に必要な情報、サービスを提供しております。

SSKは常に最先端の情報を発信し、お客様の戦略パートナーであり続けます。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ