骨伝導/ワイヤレス/ヘッドホン/イヤホン/Bluetooth/クラウドファンディング

阿芙株式会社は、クラウドファンディングサービスGREEN FUNDINGにて、骨伝導ワイヤレスヘッドホン「GY4」のプロジェクトを進行中です。プロジェクト終了日は2019年12月13日(金)。

https://greenfunding.jp/afustore/projects/3244

■骨伝導ワイヤレスヘッドホン「GY4」1セット

(IP65防水防塵/形状記憶/最長6時間再生ロングバッテリー内蔵/Bluetooth5.0対応)

クラウドファンディング限定販売価格:8,980円(2019年12月13日まで)

12月に入り、いよいよ冬本番!ランニング、ジョギングのベストシーズン到来です。

今回、阿芙株式会社がGREENFUNDINGにて販売を開始した、「GY4」は

耳を塞がず周囲の環境音も聞き逃さない、"ながら聴きランナー"の皆様にぴったりの骨伝導ヘッドホンです。

例えば、カナル型イヤホンで音楽を聴いていて、

・背後から接近する自動車や自転車に気付かず、危険な思いをした。

・クラクションやサイレンが聞こえない。

・呼びかけられたのに気が付かなかった。

こんな経験は有りませんか?

骨伝導ワイヤレスヘッドホン「GY4」なら安心。

より安全・快適な"音楽×スポーツ"環境を、サポートします。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

■骨で音を聴く?骨伝導の仕組み

最近話題の"骨伝導"。どんな仕組みかご存知ですか?

通常、音は、空気振動として耳から入り、鼓膜を震わせ、耳小骨を経て、蝸牛という器官に届きます。この蝸牛まで到達した振動は、音として脳まで届けられるのです。(上図:赤線)

一方、骨伝導は、空気ではなく骨の振動を利用して音を届ける仕組みです。(上図:青線)

頭蓋骨を震わせ、その振動を直接蝸牛まで届けるので、音は鼓膜を通りません。

近年増えている"ヘッドホン難聴"、"イヤホン難聴"のリスク軽減にも有効とされています。

実は、この"骨伝導"、日常で常に起こっている現象です。

私たちは自分の発した声を聴くとき、空気振動・骨伝導の両方で聴いているのです。

耳を塞いでいても自分の声が聴こえるのは、このためなのです。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

■スポーツに最適!「GY4」6つのポイント

人間工学に基づき設計されたイヤーフック型。耳にフィットし、激しい運動でもずれにくく快適です。

また、わずか33gと超軽量設計で、耳にかかる負担を軽減。ツバ付きキャップの重さが、平均60g程度。「GY4」がいかに軽いかお分かりいただけるかと思います。

素材には形状記憶効果を持つチタン合金を使用。柔軟性、耐久性に優れた素材なので、少々の変形であれば問題有りません。また、IP65防水防塵等級に適合。汗をかくスポーツでのご使用もOK。ランニング中、急な雨に降られても安心です。

150mAhリチウムイオン電池を搭載。1.5時間でフル充電が完了し、最大6時間の連続再生が楽しめます。スタンバイ状態なら約10日間充電不要。こまめに充電する煩わしさから解放されます。

Blutooth5.0対応の「GY4」。データ転送速度が速く、遅延やノイズの少なさが特長です。10m以内のスマホやタブレット、各種デバイスとの接続が可能です。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

電源ボタン、音量調整ボタンのみですべての操作が可能な、シンプルな操作性も魅力的な「GY4」。

高性能な骨伝導ワイヤレスヘッドホンがわずか8千円台で手に入るチャンスは、12月13日(金)まで。

是非お早めに!

詳細については、下記のURLをチェックしてください。

https://greenfunding.jp/afustore/projects/3244

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ