キャタピラージャパン合同会社(代表執行役員:ハリー・コブラック)は、キャタピラー グローバル オペレータチャレンジ アジア大会を開催し、来年ラスベガスで開催されるグローバルオペレータチャレンジ 世界大会のファイナリストを決定しました。

キャタピラー グローバル オペレータチャレンジ アジア大会 表彰式

アジア大会は11月19日~21日に埼玉県秩父市のD-techセンターで開催し、日本、東南アジア、中国の地域予選を勝ち抜いた33名が競技を行いました。競技はテクノロジを搭載した次世代油圧ショベル320、ホイールローダ950MZ、ミニ油圧ショベル308の3機種で、溝掘削やペイロード等の種目で腕を競いました。競技はマシンを使いこなすスキルはもちろん、マシン乗降時の手すり3点保持やシートベルト着用など安全面も重要なポイントとなります。

競技の結果、各地域から以下3名の優勝者が世界大会へ出場となります。

・日本:原田 洋之 様 ※1 (写真左から2人目)

・中国:CongXin Xu 様 (写真左から4人目)

・東南アジア:Wilfren Jimenez 様 (写真左から5人目)

※1 原田 洋之 様は「田中産業株式会社」所属

※2 表彰式参列者全員の氏名等については末尾参照

グローバル オペレータ チャレンジ 世界大会は、2020年3月 アメリカ ラスベガスで開催される建設機械の展示会CONEXPOのキャタピラーブースで行われます。上記3名のアジア代表の他、南北アメリカ、ヨーロッパの代表各3名、合計9名の代表者が世界No.1オペレータの称号に挑みます。

このグローバルオペレータチャレンジは世界30ケ国以上で実施され、10,000人を超える人が参加しました。オンラインのソーシャルメディアには300万人以上がアクセスし、競技を見たり結果をチェックしています。キャタピラーはこのグローバルオペレータチャレンジで、日々現場で活躍するすべての人をヒーローとして称え、また、オペレータのスキルアップや人手不足の解消に役立つと考えています。

以 上

表彰式参列者(写真左から):

(1人目)キャタピラー 油圧ショベル事業部 副社長 トム・フレーク

(2人目)日本代表 原田 洋之 様

(3人目)キャタピラー アジア太平洋地区 セールス&マーケティング ゼネラルマネージャー ジョン・ファローズ

(4人目)中国代表 CongXin Xu 様

(5人目)東南アジア代表 Wilfren Jimenez 様

(6人目)キャタピラー 中・大型製品事業部 副社長 ジェイソン・コンクリン

キャタピラー社について:

建設機械の歴史は、1925年にキャタピラー社と共に始まり、未来へ続きます。世界最大の建設機械メーカーであるだけでなく、エンジン・発電機などパワーシステムのリーディングサプライヤーでもあります。また、1963年以来、キャタピラー社は、半世紀以上にわたって、日本に重要な拠点を構えています。特に、主力製品である油圧ショベルの開発・製造をリードし、時代の先端を行く製品と技術を世界へ発信しています。

競技会場D-techセンター(その1)
競技会場D-techセンター(その2)
競技会場D-techセンター(その3)
競技会場D-techセンター(その4)

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ