1990年代に話題を攫った時計界のUFO「IKEPOD」が、アイコニックなケースデザインはそのままに、今の時代にあった新しいプライスを携えて復活します。

株式会社大沢商会(本社:東京都中央区、代表取締役:黒坂則昭)は、今年3月に催された世界最大の時計の国際見本市、バーゼルワールド2019で復活が発表されたスイスの時計ブランド 「IKEPOD」と輸入代理店契約を結び、9月中旬より新コレクションを発売開始いたします。(※一部店舗では8月中旬より先行販売。)

Duopod
Chronopod

世界的プロダクトデザイナー、マーク・ニューソンが手掛け、コンセプトウォッチの先駆けとも言える、IKEPOD。根強いファンを持ち、惜しまれながらも休眠していたこのブランドが、2019年夏、タイ・スイス・フランス・ドイツ・スペインを皮切りとして日本にも戻ってきます。

復活を告げる新コレクションに相応しく、アイクポッドのアイコンウォッチ、マーク・ニューソンがデザインした「Hemipod(ヘミポッド)」の特徴的な流線形のケースデザインを継承、オーデマ・ピゲのロイヤルオーク オフショアのデザイナー、エマニュエル・ギョエによって再考されたデザインの文字盤を合わせました。

デザインとクオリティはそのままに、機械式からクォーツムーヴメントへ、スイス製から香港製へ、現代に合ったプライスへ進化を遂げたコレクションは、2針の「Duopod(デュオポッド)」とクロノグラフの「Chronopod(クロノポッド)」の2種類。過去のコレクションのプライスから2つのゼロを外せたのは、サステナブルな価値観と価格が審美の基準を表すものではないという、ブランドの野心からです。

来年には、自動巻モデルも発売予定。

ユニークでパワフルなIKEPODが戻ってきます。

【コレクション】

DUOPOD(デュオポッド)

GOLD DOTS 003
DOTS 004
STAYING ALIVE 005
GREY MARKET 014
BLACK FRIDAY 015
WHITE LINES 016

ケースサイズ :直径42mm、厚さ16mm

ケース素材 :ステンレススティール

風防 :サファイアガラス

ストラップ素材 :シリコンラバー

ムーヴメント :日本製

防水 :5 ATM

販売価格 :77,000円+税

発売時期 :2019年9月20日頃

URL :http://www.josawa-watch.com/ikepod.html

CHRONOPOD(クロノポッド)

GOLD DOTS 003
BLACK BEAUTY 004
BLUE SUEDE 006
BLACK PPK 007
ALIVE 2018 009
WHITE HORSES 013
HEY JOE 014

ケースサイズ :直径44mm、厚さ17.5mm

ケース素材 :ステンレススティール

風防 :サファイアガラス

ストラップ素材 :シリコンラバー

ムーヴメント :日本製

防水 :5 ATM

販売価格 :92,000円+税

発売時期 :2019年9月20日頃

URL :http://www.josawa-watch.com/ikepod.html

【先行販売店舗】

9月の全国展開に先駆けて、以下の店舗で8月17日(土)から先行販売を開始いたします。

先行予約特典として、カラーストラップや電池交換無料券を差し上げるキャンペーンを実施します。

詳細は各店へお問い合わせください。

THE WATCH SHOP. ダイバーシティ東京 プラザ TEL :03-6457-2605

ISHIDA WATCH ららぽーとTOKYO-BAY TEL :047-402-4121

Long Slow Distance 東京 TEL :03-6447-1311

スピンドル新丸ビル店 TEL :03-3211-5117

TiCTAC名古屋パルコ店 TEL :052-264-8491

阪急メンズ大阪 B1 ザ タイム ハウス TEL :06-6361-1381(代)

【IKEPOD ブランド概要】

1994年にオリバー・アイク(Oliver Ike)とマーク・ニューソン(Marc Newson)の運命的な出会いによって生み出された、アイクポッド。ブランド名は、のちにアップルウォッチのデザイナーとなるマーク・ニューソンの代表的な作品名「POD」とオリバー・アイクの苗字から命名されました。

90年代半ばに発表された、当時の腕時計の常識を覆すマーク・ニューソンによる大胆なデザインは、流線形のデザインが織りなす緻密な計算のされた着け心地や、スイス製自動巻ムーヴメントを搭載した本格さが受け、瞬く間に世界中の時計愛好家をはじめ、アーティストやデザイナー、シリコンバレーのスターの手首を飾り、一世を風靡。

しかし、惜しまれながらも2013年にブランドは休眠します。

そして、2017年に現オーナーである、Guillaume Gout氏とChristianl-Louis Col氏がブランドを買収、2018年にクラウドファンディングの話題で、再び時計業界を沸かせます。

デザインと時計製造を融合させた、このアイコニックな時計は、たった88分で世界中から700人の支援者のオーダーと共に40万スイスフランを集めて成功を収めました。

2019年、バーゼルフェアにて発表した新作コレクションを、8月から世界的に販売しブランドが復活を遂げます。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ